Entries

スポンサーサイト

Canta! Timorを観て #522

先月、映画「Canta! Timor」上映とCOCORO*COライヴのジョイント・イベントに行ってきました。 COCORO*COのメンバーがこの映画を観て感動し、東ティモールの人たちの、人と人の繋がりを大事にするという思いは、自分たちの歌を通してファンに伝えたいメッセージにつながるものがあり、ファンの人たちにもぜひ観せたいという思いから実現したイベントだそうです。 東ティモールという名前は、僕が大学に入ったとき、「東ティモール...

のんびりと過ごす #477

カミさんが、友人グループのミニコンサートでジャンべ(アフリカ太鼓)を叩くというので、その太鼓運びを兼ねて同行しました。行き先はお茶の水にある「東京YWCA会館」。“YWCA”という四文字は馴染みがありますが、実態は何も知らず、始めの二文字は、たぶん“Young Women”だろうと言うぐらいの認識です。後ろの二文字は“Christian Association”で、キリスト教をベースに女性の社会参画や、人権の尊重などをとおして、世界の...

暑い日の誓い #364

職場と自宅の往復の中、ゆっくりと空を見る機会がありませんでしたが今日、ことし初めて夏らしい空を見た気がします。今日は、63回目の広島原爆忌です。1945年の8月6日も暑い日だったようですね。今日の平和宣言で、秋葉広島市長が次のように言っていました。被爆者が永遠に忘れることのできない地獄に消えた声、顔、姿を私たちも胸に刻み、「こんな思いを他の誰にもさせない」ための決意を新たにする日です。この言葉が、世界中の...

愚かなり #336

長野市を走る北京オリンピックの聖火リレーが無事(?)終了しました。聖火ランナーには現役選手を含めたくさんのスポーツ関係者が走りました。オリンピックが、スポーツと関係ないことに巻き込まれてしまったことは、スポーツ選手にとっては、可哀相なことです。聖火ランナーとして走った卓球の福原愛さんの引きつった笑顔や、現役ではないですがマラソンの有森裕子さんの険しい表情が印象的でした。テレビや新聞報道で見る限り、...

非暴力のフリー・チベットを。 #333

北京オリンピックの聖火リレーが世界各地を回っています。聖火を暴力的に妨害しているニュースを目にします。ダライ・ラマは、非暴力の道を貫くようにとメッセージを寄せています。フリー・チベットに賛同する西洋人が暴力的に妨害するのは、まだ許される気がしますが、チベット人のそれは抑えた方が好いと思います。始めは共感していた人でも、暴力的な抗議運動は、過ぎると心が離れていってしまうものです。チベット仏教の国ブー...

中国は変われるかな? #324

2008年オリンピックの開催場所が北京に決まった時から人権問題で中国開催に異議を唱える声が世界各国からあがっていました。中国政府はオリンピックを成功させるためにそんな指摘に耳を傾け、何か対応をとってきたんだろうと思っていましたが、今回のチベット騒動で特に改善されていないことが明らかになりました。北京オリンピックのボイコットや開会式のボイコットを呼び掛ける声が世界各地から出ているようです。オリンピック自...

不思議なダライ・ラマ #323

1989年、僕が学生の時にダライ・ラマ14世は「ノーベル平和賞」を受賞しました。どんな人なんだろうと、ダライ・ラマについて書かれた本やチベット仏教の本を読んで感銘を受けたものでした。最近、チベット騒動を機に、ダライ・ラマの映像をテレビで観ます。学生の時にテレビで観たときにも思ったことなんですが、テレビで観るダライ・ラマは、ただの気の良いオッチャンです。書物で知った聖人とは異なり、飲み屋の隣で飲んでいそう...

フリー・チベットしようぜ♪ #322

3月14日のチベット暴動の報道を機にフリー・チベットTシャツが売れているそうです。“フリー・チベット”とは、中国からのチベット解放を目指す運動のスローガンのようです。ボブ・マーレイTシャツやチェ・ゲバラTシャツもファッションとしてよく売れている国ですから、何ともという感じもしますが・・・。それはともかく、中国はなぜかくもチベットに目を付けているのしょうか?かつての毛沢東の中国軍チベット侵攻の時とは違い、今...

原爆反対って? #213

8月は広島や長崎の原爆の日があったり、終戦記念日があって、戦争関係の報道をよく目にします。ふだん、あまり戦争について考えないので、いい機会なのかもしれません。(半月だけなんですけどね)「原爆反対」って何でしょう?「戦争」は容認するのでしょうか?個人同士のケンカのように、国同士の戦争があるとするなら、ケンカをやめられないように、戦争もやめられないのかもしれません。そんな風に戦争はやむを得ないものと考...

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。