Entries

スポンサーサイト

ハワイ♪ #521

今年のGWは、ハワイに行ってきました。いつもは、金も時間もない僕ですが、今年は上司の取り計らいにより、ちょっとまとまった休みがとれました。しかしながら、時間はあっても金がないので、ゆっくり近場で過ごそうと思っていたところ、カミさんがへそくりを出すからとハワイを提案してくれました。取り敢えず、それを借りることにして提案を受けました!ハワイは2回目です。前回は、2003年12月のホノルル・マラソンを走ったと...

2013年夏 道東の旅 #513

夏休みに3泊4日で北海道旅行に行ってきました。34℃の東京から暑さを逃れて北に向かうと、オホーツク紋別空港の気温は16℃。ちょっと肌寒い感じもしますが、夏の16℃は気持ち良いものです。北海道の空気も美味いし。 バスターミナルにあった紋別観光協会に行くと職員が函館出身と言います。同郷同士ということでカミさんと話が盛り上がり、お勧めの食堂を教えてもらい昼食を食べました。海鮮丼に刺身定食。なまら美味!!紋別市から東...

函館に行く #505

月日の流れる速さに驚きます。すっかりマンスリー・ブログになりつつありますが、それさえも叶わぬ今日この頃です。2ヶ月ぶりに更新となりますが、この間にあった出来事をサラリと振り返らせていただきます。先ずは、2月末に函館に行ってきました。今回は函館駅前のホテルに泊まりました。函館駅前の大門地区は、かつては函館の中心街として賑やいでいたところでしたが、人口は減少し、残念なことに衰退の道を辿っています。この...

ソウルいろいろ #495

ソウルの繁華街を歩くと、日本料理屋系が多いのに驚きます。寿司屋など高級な店からファーストフード・チェーン店までいろいろあります。トンカツは、ずいぶん早い頃から韓国に入り込んで、韓国料理のひとつになっています。だから、日本のトンカツも受け入れられ易く、韓国風とは少し異なる日本の味が受けているようです。日本のチェーン店も進出しています。モスバーガーもありました。ライス・バーガーなど結構な値段で出してま...

ソウルで散髪 #494

ハングル文字の「バーガー・キング」。発音すると「ボ・ゴ・キン」と可愛い。ソウルで散髪してきました。行く前に切る時間がなく、バタバタと旅立ったのでソウルで切ることにしました。韓国で髪を切るときは気をつけなければなりません。何故なら、理髪店には性風俗サービスを兼ねているところがあるからです。昔、普通の理髪店に行きたいのでホテルのフロントのお姉さんに、普通の理髪店と怪しい理髪店の見分け方を聞いたところ、...

ソウルでお茶休憩 #493

ここは、仁寺洞(インサドン)の韓国の伝統喫茶です。インサドンは、古臭い韓国の伝統的家屋などが立ち並ぶ東京で言う浅草のようなエリアです。韓国の夏は東京以上に暑く、この日も35℃を超えてましたが、この喫茶店では、クーラーはないのに、ひんやりとして気持ち良かったです。ただ、古臭いのがアダになってか、カビ臭さいのが玉に傷(^^;)韓国の伝統茶のオミジャチャ(五味子茶)とスジョンガ茶を飲みました。夏は氷が入っ...

久しぶりのソウル #492

ハングル文字の「スターバックス・コーヒー」。日本にカタカナのものはあるのでしょうか?久しぶりに韓国ソウルに行ってきました。4泊5日の夏休みです。毎回思うのですが、北海道に戻るより安く行けるので、ついつい不義理をして韓国を選んでしまいます。不思議なもので、日本を離れる解放感というものもあって海外旅行が僕は好きです。僕らの世代は、三丁目の夕日的な、いわゆる古き良き日本を知りません。それを牧歌的な人間臭...

日光は結構なもの #351

なかなか仕事の忙しさから解放されません。深夜帰宅の毎日が続いています。今日は太極拳の練習をしてきました。2週間ぶりです(^^;)練習場の壁の一面は鏡張りになっています。鏡に写った自分の顔に驚きました。疲れた顔をしてます。・・・老けただけでしょうか(^^;)今日の太極拳は、気持ち良くできました(^^)身体の端々の細胞が踊り喜んでいるような・・・。うまく表現できませんが、・・・気持ち良かったということです。さて...

送別旅行? #350

この週末は、職場を去る同僚が、自ら企画した送別旅行に参加してきました。集合場所は、電気ブランで有名な浅草の神谷バーです。創業は明治13年なんだそうです。老舗のバーというより、歴史的なバーですね(^^;)開店10分前の11時20分に集合しました。ただの飲み屋だと思っていましたが、ランチもやっています。ここで出発前のゼロ次会です(^^;)昼間からのビール!なんとも幸せな一時です。もちろんデンキブランも飲みまし...

昴 ―すばる― #266

毎晩NHKで深夜0時10分から10分間放送されていた関口知宏さんの中国鉄道大紀行の最後の4週間、トルファンから線路終点のカシュガルまでの旅のハイライト番組がやっていたので観ました。この番組はたまにその時間にテレビを観てるときに観たぐらいでしたが楽しく観させてもらっていました。春と秋に分けて計36,000kmの行程を5ヶ月間にわたって旅するという何とも羨ましい仕事です。彼は中国鉄道大紀行の前に日本国内の鉄道旅行をした...

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。