Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/161-7a38578b

-件のトラックバック

-件のコメント

[C566] 難しい課題…。

自分ひとりをとってみても…それはかなり難しい課題ですね…。
まして…国同士となれば…果てしなく困難な課題となるでしょう…。
まさに…今…サミットの場においても…そうした場面が展開されているのでは…。
(殺し合いにはなっていませんが…。)

[C567] おお!!

たくじろくん

ありがとう!!
子どもの頃、父にこの話を聞いた事がありました。
大まかには覚えていましたがこのblogを読んでとてもスッキリしました。
ほんのちょっとの思いやりでお互いが笑顔になることって沢山ありますよね~。
  • 2007-06-08
  • はる
  • URL
  • 編集

[C568] Re:dove-2さん

うん。たいへん難しい課題ですよね。
簡単に人は不幸になれるのに、幸福になるのは何てたいへんなんでしょうね。
国レベルではなおさらですよね。
  • 2007-06-09
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C569] Re:はるさん

僕はこういう話が好きなんですよ^^
カミさんは小さい頃お坊さんにこの話を聞いて、その中ではスプーンではなく箸だったそうです。
人って不思議ですよね。
ホンのちょっとした思いやりや気遣いで幸せになれます。
でも、その気遣いが裏切られたりうまく行かないこともあり単純でないのもつらいところですね。神さまはちょっといけずです。
  • 2007-06-09
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

天国と地獄 #159

天国と地獄についてのお話です。

ある男の人が生死を彷徨っている時に、黄泉の国の入口で門番に「お前はまだ死んでいないから帰れ」と追い返されたそうです。
男は門番に、後学のためにちょっとで良いから天国と地獄を見せてくれないかと頼みました。

門番はそれを了承し、天国と地獄を少しだけ見せてあげることにしました。

男はまず地獄を案内されました。
ちょうど食事時だったようで大きな食卓にはご馳走が並んで席に座った地獄の住人が当に食べようとしていました。
どこが地獄なのか男には分かりませんでした。

ちょっと普通と違うのはスブーンやフォークがエラク長いのです。
食事が始まりましたが、スプーンが長くて食べようとしても他の人にぶつかってしまい食べれません。やがてケンカになって殺し合いになってしまいました。

次は天国を案内されました。
さっきの景色と同じように見えます。何が違うのでしょうか?
食事が始まると、天国の住人たちは同じように長いスプーンとフォークを手にしますが、自分のためには使わず離れた相手に「どれが食べたいですか?」と聞いて相手を気遣いながら食べさせあって和気あいあいと食事をしていたそうです。

ちょっと陳腐なお話ですが、言いたいことは天国も地獄も同じところでその状況をどのようにとらえるかで天国にも地獄にもなるということです。

実際のこの社会の中ではこんな単純な構図はなく、1日の中で大小のいろんなパターンの状況がいくつも幾層にも重なってあります。

例えば朝の通勤電車に後一歩で乗り遅れてしまった場合、電車の中で足を踏まれた場合、職場でコピーしようとしたら紙が無くなった場合、ランチを注文したら売り切れてた場合・・・・数え切れないぐらいのたくさんのシチュエーションが想像できます。

そのそれぞれで建設的に、相手を思いやり・・・というような対応ができればその人は穏やかに友好的な人間関係を持ち、幸せな人生と言えるでしょうし、文句を言って、相手のせいにして他人と険悪な関係を作っては同じ状況にあってもその人は幸せには感じないでしょう。

・・・そうは言っても難しいもんなんですけどね。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/161-7a38578b

0件のトラックバック

4件のコメント

[C566] 難しい課題…。

自分ひとりをとってみても…それはかなり難しい課題ですね…。
まして…国同士となれば…果てしなく困難な課題となるでしょう…。
まさに…今…サミットの場においても…そうした場面が展開されているのでは…。
(殺し合いにはなっていませんが…。)

[C567] おお!!

たくじろくん

ありがとう!!
子どもの頃、父にこの話を聞いた事がありました。
大まかには覚えていましたがこのblogを読んでとてもスッキリしました。
ほんのちょっとの思いやりでお互いが笑顔になることって沢山ありますよね~。
  • 2007-06-08
  • はる
  • URL
  • 編集

[C568] Re:dove-2さん

うん。たいへん難しい課題ですよね。
簡単に人は不幸になれるのに、幸福になるのは何てたいへんなんでしょうね。
国レベルではなおさらですよね。
  • 2007-06-09
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C569] Re:はるさん

僕はこういう話が好きなんですよ^^
カミさんは小さい頃お坊さんにこの話を聞いて、その中ではスプーンではなく箸だったそうです。
人って不思議ですよね。
ホンのちょっとした思いやりや気遣いで幸せになれます。
でも、その気遣いが裏切られたりうまく行かないこともあり単純でないのもつらいところですね。神さまはちょっといけずです。
  • 2007-06-09
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。