Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/167-74affa00

-件のトラックバック

-件のコメント

[C592] きっかけが必要かも…。

doveが地域のイベントなどで出店の調理係などを引き受けるのも…ひとつには…体力的にはしんどいし…面倒ではあるけど…地域の皆さんとワイワイやるのが楽しいからでもあります…。

これは地域ボランティアの話なのでたくじろうさんの言われる弱者救済的ボランティアとはちょっと主旨が違うかも知れませんが…。

もう何年も参加していますが…最初は主催役員だったから仕方なく…ってことがきっかけでした。

ボランティアに参加には…何らかのきっかけも必要なのかもしれません。
続くか続かないかは別として…。

[C593] Re:dove-2さん

いろんなボランティアがあって、僕が例示したものはホンの一例ですので、それ以外のものにも当てはまると思います。
doveさんの地域ボランティアのように労力や時間をgiveする代わりに地域の皆さんとワイワイやる楽しさというtakeもあるでしょうし、ボランティア活動に限らず、拡大解釈していただいて、日常生活の何でもがそうなんじゃないのかなっていうのが一番の言いたいところでした。
「自分以外のことに何かする」っていうのは、ちょっと面倒くさかったりしますが、そういうgiveには必ずtake(おまけ)が付いてくるんだと僕は思っています。
ときにはtakeの方が大きいと思えることもたくさんあります。
ちょっとした労力を提供しただけなのに、「笑顔」や「感謝」のおまけが付いてきて「感動」なんてした時は、明らかにgive<takeなんだと思います。
  • 2007-06-21
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C594] はじめてコメントします

こんにちわ。はじめてコメントします。
ナガの妻なのでナガツマです。
たくじろうさんのブログいつも楽しみにしています。
イランの折り紙も記事やブータンについてもコメントしたかったのですが、うまく考えがまとまらなくて出来ませんでした。

今回の記事ですがなるほどと思いました
私の場合は9割は子供のためです。
私や夫が地域に貢献するとそれは自分にもですが、多くは私達の子供たちに返ってくるのだと思うのです。

  • 2007-06-22
  • ナガツマ
  • URL
  • 編集

[C595] Re:ナガツマさん

ようこそナガツマさん。嬉しいなぁ~。
こんなブログに恐縮です。
この世の中はいろんなものが繋がっていますよね。
広い意味での利己的な行動は、一見、利他的で、必ずしもその矛先は自分に向いていなくても巡り巡って自分・家族に戻ってくるもんだと思います。
だからみんながもっと、利他的に…つまりそれは広い意味での利己的に行動すれば、この社会も地球ももっと住み良くなるんじゃないかと思います。
  • 2007-06-22
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C596] ボランティア

セプコンのボランティアしか経験ないけど、自分が一番楽しんでいますよ。
まもなく、セプコンボランティアの受付が始まります。天才カメラマンの出番だ。縦に伸ばしたり、細く見せたりと細工が大変。
  • 2007-06-23
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C597] Re:ほっくんパパさん

パパさん最高です(^^)
みんなが楽しめるセプコンも素敵ですね。
パパさんのカメラ技術にみんなが期待してます。
・・・みんなってもちろん5人のお姉さんたちですけど。
真代さんはそのままで他の人を細く・・・って合成するしかないのかな?
  • 2007-06-23
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C598] んだんだ。

いやーホントに・・・そのとおりだよね。
精神的takeの方がデカイと思う。
人って、自分が何かの役に立てるコトを嬉しいと
感じる生き物だから。
だから“私ボラやってます!ボラに興味ない人って、
ダメよね”みたいな、押しつけがましい人が理解
出来ない自分。
せっかく興味持ってくれそうだった人が退いちゃうし、
自分的には邪魔(←鬼?)。
takeの方が大きいんだから、ゼンゼン自慢に
なってないんだよ?・・・みたいな、そんな感じ。

たくじろうさん、スルドイなぁ。

真理だぁよ。
  • 2007-06-23
  • うろおぼえ
  • URL
  • 編集

[C601] Re:うろおぼえさん

そうですよね。ちょっと勘違いというか、それじゃ、退いちゃうじゃんかよって思う人は結構いますよね。
うん。確かに「邪魔」かもしれませんね(^^)
giveしたことより精神的にtakeしたことの方がデカイから、感謝されると恐縮してしまったりします。でも喜んでもらえるのはホントに嬉しいですよね。
  • 2007-06-24
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

エゴイスティックにボランティアを #167

困っている人に手を差し伸べたり、街のゴミ拾い、地球環境に優しい活動などボランティアと言われる行為があります。

そんなボランティア活動をする人に対して、「エライなぁ、自分にはできないや。」と思う人はたくさん居るでしょう。
そんな人にボランティアにこんなメリットがあることを「ふ~ん、そうなんだ」と軽く読んでもらえたらと思います。

まず、当たり前ですが、ボランティアは自分にではなく他人に気持ちを向ける行為なので、自分の問題にあまり気を取られなくなります。

そして援助を必要とする人に対して奉仕をしていく行為が、自己の存在意義を認識したり、自己評価を高めたりすることにもつながり、ボランティアをすることによって失われていた自尊心が回復されたり、ネガティブな精神状態を打ち消されたり、社会への適応性が高められるようになると言われています。

だからボランティアは、一見、自分を滅して他の人のために行われるもののようでありながら、実はボランティアをする人自身の心を救済することにもなっているようです。

事実、日常的なストレスによって苦しんでいる人たちがボランティアを行うことで、自分も救済効果を受け、ストレスから解放されたり、体力や気力の衰えによって自信を喪失しがちな高齢者もボランティア活動を通じて志気が高まることなども報告されています。

ボランティアは、援助する者がされる者へ一方的に奉仕することではなく、物理的な援助活動を通じて心理的な救済を得られるギブアンドテイクの関係もあるようです(^^)

だから、人のためだなんて考えずに、自分のためにエゴイスティックにボランティアをするというのもアリなんじゃないかな?

人のためにやったことが自分のためにもなるのか、自分のためにやったことで人のためにもなるのかというのはともかく、こんな一石二鳥は嬉しく思いませんか?

「人のために」という理由では一歩を踏み出せない人も「自分のためになるんだ」と思えば、動きやすくならないでしょうか?
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/167-74affa00

0件のトラックバック

8件のコメント

[C592] きっかけが必要かも…。

doveが地域のイベントなどで出店の調理係などを引き受けるのも…ひとつには…体力的にはしんどいし…面倒ではあるけど…地域の皆さんとワイワイやるのが楽しいからでもあります…。

これは地域ボランティアの話なのでたくじろうさんの言われる弱者救済的ボランティアとはちょっと主旨が違うかも知れませんが…。

もう何年も参加していますが…最初は主催役員だったから仕方なく…ってことがきっかけでした。

ボランティアに参加には…何らかのきっかけも必要なのかもしれません。
続くか続かないかは別として…。

[C593] Re:dove-2さん

いろんなボランティアがあって、僕が例示したものはホンの一例ですので、それ以外のものにも当てはまると思います。
doveさんの地域ボランティアのように労力や時間をgiveする代わりに地域の皆さんとワイワイやる楽しさというtakeもあるでしょうし、ボランティア活動に限らず、拡大解釈していただいて、日常生活の何でもがそうなんじゃないのかなっていうのが一番の言いたいところでした。
「自分以外のことに何かする」っていうのは、ちょっと面倒くさかったりしますが、そういうgiveには必ずtake(おまけ)が付いてくるんだと僕は思っています。
ときにはtakeの方が大きいと思えることもたくさんあります。
ちょっとした労力を提供しただけなのに、「笑顔」や「感謝」のおまけが付いてきて「感動」なんてした時は、明らかにgive<takeなんだと思います。
  • 2007-06-21
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C594] はじめてコメントします

こんにちわ。はじめてコメントします。
ナガの妻なのでナガツマです。
たくじろうさんのブログいつも楽しみにしています。
イランの折り紙も記事やブータンについてもコメントしたかったのですが、うまく考えがまとまらなくて出来ませんでした。

今回の記事ですがなるほどと思いました
私の場合は9割は子供のためです。
私や夫が地域に貢献するとそれは自分にもですが、多くは私達の子供たちに返ってくるのだと思うのです。

  • 2007-06-22
  • ナガツマ
  • URL
  • 編集

[C595] Re:ナガツマさん

ようこそナガツマさん。嬉しいなぁ~。
こんなブログに恐縮です。
この世の中はいろんなものが繋がっていますよね。
広い意味での利己的な行動は、一見、利他的で、必ずしもその矛先は自分に向いていなくても巡り巡って自分・家族に戻ってくるもんだと思います。
だからみんながもっと、利他的に…つまりそれは広い意味での利己的に行動すれば、この社会も地球ももっと住み良くなるんじゃないかと思います。
  • 2007-06-22
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C596] ボランティア

セプコンのボランティアしか経験ないけど、自分が一番楽しんでいますよ。
まもなく、セプコンボランティアの受付が始まります。天才カメラマンの出番だ。縦に伸ばしたり、細く見せたりと細工が大変。
  • 2007-06-23
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C597] Re:ほっくんパパさん

パパさん最高です(^^)
みんなが楽しめるセプコンも素敵ですね。
パパさんのカメラ技術にみんなが期待してます。
・・・みんなってもちろん5人のお姉さんたちですけど。
真代さんはそのままで他の人を細く・・・って合成するしかないのかな?
  • 2007-06-23
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C598] んだんだ。

いやーホントに・・・そのとおりだよね。
精神的takeの方がデカイと思う。
人って、自分が何かの役に立てるコトを嬉しいと
感じる生き物だから。
だから“私ボラやってます!ボラに興味ない人って、
ダメよね”みたいな、押しつけがましい人が理解
出来ない自分。
せっかく興味持ってくれそうだった人が退いちゃうし、
自分的には邪魔(←鬼?)。
takeの方が大きいんだから、ゼンゼン自慢に
なってないんだよ?・・・みたいな、そんな感じ。

たくじろうさん、スルドイなぁ。

真理だぁよ。
  • 2007-06-23
  • うろおぼえ
  • URL
  • 編集

[C601] Re:うろおぼえさん

そうですよね。ちょっと勘違いというか、それじゃ、退いちゃうじゃんかよって思う人は結構いますよね。
うん。確かに「邪魔」かもしれませんね(^^)
giveしたことより精神的にtakeしたことの方がデカイから、感謝されると恐縮してしまったりします。でも喜んでもらえるのはホントに嬉しいですよね。
  • 2007-06-24
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。