Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/193-d31107d7

-件のトラックバック

-件のコメント

[C689] 愛情のあり方

人それぞれだと思います。
やれスキンシップだ…食事だ…母乳だ…と騒ぎ立てますが…いろいろな事情でそれができない親も昔から大勢います。
今に始まったことじゃありません。

だからと言って…その子供が全員ぐれたり…犯罪者になっているわけでもありません…。

それらは大切な要素では有りますが…それらを義務的に完璧にこなしたとしても…心に情がなければ…何にもならない。

要は…親の愛情が子供に伝わるかどうか…。

その方法に決まった型などはないと…思います。

[C690]

「手はかけなかったけど、目はかけた。」といばっていたそうです。

[C691] Re:dove-2さん

子供はまだですけど・・・
育て方についてはまったくの素人で、何がしてあげられるのかも分かりませんが
愛情だけは大丈夫だと思います。
・・・あとはその伝え方。これは、僕自身の問題ですね。
  • 2007-07-27
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C692] Re:CUCINAPOVERAさん

あはは。次郎さんかな、それ。・・・でも、正子さんも言いそう^^
そう言えるようになりたいものです。
  • 2007-07-27
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

愛があれば子は育つ・・・? #192

牧山桂子さんってご存知ですか?
白州次郎(1902-1985)と正子(1910-1998)夫妻の娘さんです。
本屋で、彼女の書いた「白州次郎・正子の食卓」という料理の写真と解説が書かれた本が目に止まり、パラパラと立ち読みしました。

僕は娘さんは知りませんでしたが、白州次郎と白洲正子の両氏は大変面白い人物です。ご存知ない方は、本がいろいろと出ているので一読されることをお薦めします。

二人とも裕福な家の出身なので、一般市民にはマネのできないところもありますが、自由奔放に、かつ信念をもちカッコイイ生き方をされたお二人です。

白州次郎は、神戸の旧制中学を卒業後、イギリスのケンブリッジ大学に留学しました。
身長が180cmという長身だし、活動的で自己主張のはっきりする人なので、イギリスの階級・差別社会の中でも、夏目漱石とは違い、臆することなく威風堂々と振る舞い、イギリスでの生活を存分に楽しんだようです。当時の親友とは生涯の友でした。

トピックの一つとしては、吉田茂と交流があり、当時外務大臣の吉田茂は、民間人の次郎を終戦連絡中央事務局の参与に抜擢しました。
次郎は「日本は戦争に負けたのであって、奴隷になったのではない」といって筋の通らないことは跳ね返し、GHQからは「従順ならざる唯一の日本人」と言われたそうです。

車好きで、旧制中学の頃から外車を乗り回し、80歳の時もポルシェに乗っていました。
日本人で初めてジーンズを穿いた男とも言われています。
sirasujirou.jpg


正子さんとの出会いは次郎26歳、正子18の時。
正子さんは鹿児島の樺山資紀伯爵の孫で、アメリカの高校から帰国直後に次郎と会ったようです。大変なおてんば娘だったようです。
「白洲正子自伝」で次のように書いてます。

「ひと目惚れ」というヤツで、二十五歳まで遊ぶことも、勉強も、目の前から吹っ飛んでしまった。が、何といっても、十八歳のひと目惚れなのだから、当てにならぬことおびただしい。特に美男というわけではないが、西洋人みたいな身ごなしと、一八〇センチの長身に、その頃はやったラッパズボンをはいてバッサバッサと歩き廻っていたのが気に入ったのかも知れない。

随筆家として多数、本も出しているので正子さんの方が有名かもしれません。
そんな二人の娘さんということで、本を手に取ってみました。

驚いたのは、二人は子供たちと一緒に食事することはなかったそうです。
そして母親の正子さんは料理を一切しなかったし、好きなことをして飛び回ってました。父親の次郎さんがいなかったのは言うまでもありません。
そんな家庭にありながらも人様に迷惑を掛けるような人間にならなかったのは、子を大切に思う親の気持ちを感じていたからだろうと言います。

桂子さんは、母親が家に居て出迎えてくれ、料理を作ってくれる普通の家庭に憧れがあったとか。
そのせいもあってか桂子さんは専業主婦として料理は完璧にこなしているようです。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/193-d31107d7

0件のトラックバック

4件のコメント

[C689] 愛情のあり方

人それぞれだと思います。
やれスキンシップだ…食事だ…母乳だ…と騒ぎ立てますが…いろいろな事情でそれができない親も昔から大勢います。
今に始まったことじゃありません。

だからと言って…その子供が全員ぐれたり…犯罪者になっているわけでもありません…。

それらは大切な要素では有りますが…それらを義務的に完璧にこなしたとしても…心に情がなければ…何にもならない。

要は…親の愛情が子供に伝わるかどうか…。

その方法に決まった型などはないと…思います。

[C690]

「手はかけなかったけど、目はかけた。」といばっていたそうです。

[C691] Re:dove-2さん

子供はまだですけど・・・
育て方についてはまったくの素人で、何がしてあげられるのかも分かりませんが
愛情だけは大丈夫だと思います。
・・・あとはその伝え方。これは、僕自身の問題ですね。
  • 2007-07-27
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C692] Re:CUCINAPOVERAさん

あはは。次郎さんかな、それ。・・・でも、正子さんも言いそう^^
そう言えるようになりたいものです。
  • 2007-07-27
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。