Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/243-3e142643

-件のトラックバック

-件のコメント

[C965] なんとも…。

内容の濃いコンサートでしたね…。
そこに参加できたこと自体…有意義な体験だと思います…。
HALさんの歌は…愛を届けるためのエネルギー…なんだ…。
その考え方…とても素敵ですよね…。

[C966] Re:dove-2さん

とても有意義な体験をさせていただきました。
マザーテレサが、「戦争反対の運動には参加しませんが、平和のための活動には参加します」というような話をされたと聞いたような気がします。
僕が言うことではありませんが、HALさんにはもっともっと広い舞台に出て欲しいと思ってます。もっともっとたくさんの人に聴いてほしいものです。
  • 2007-10-14
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C967] 一緒に行った気分になれました

ブログに詳しく書いてくれるので、行ってないけど、行った気分になれて、もうかっちた~。
ありがとう。

クアラでも毎日酔ッパになってて、ブログにならないんじゃないかと心配してたけど、意識があったみたいで良かった~。
  • 2007-10-17
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C969] Re:ほっくんパパさん

備忘録的に記憶をたどりながら書きつづってみました。
こんなブログで行った気分になってもらえたのは嬉しい限りですが・・・、パパさん、読むのと行くのは違います(^^)
次回は一緒に行きましょうね。・・・我が家の家計が破綻しなければ。
  • 2007-10-17
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

庄野真代&HALライブ in KL #243

真代さんとHALさんのライブに行くため、僕ら一行はホテルの玄関に18時10分に集合しました。会場は、ホテルから徒歩5分ぐらいのところにある“No Black Tie”というライブハウスです。

会場に到着しましたが、まだ準備中で入れません。
今晩のライブには、何と僕ら一行もステージに立ちます。
明後日の施設で演奏する笛と歌を、ここでも披露するようです。
マレーシアに来てから移動途中のバスの中で練習したという、なんとも怪しい腕前の僕らは、ライブハウスに入場できるまでの時間を使って、道路脇で練習しました。
livefue.jpg

残念ながらビデオ撮りをしていたので、この後のライブの写真はありません。
“No Black Tie”は小さなお洒落なライブハウスで、小さなステージと1階と2階に丸テーブルを囲んだ椅子席の客席になっています。
今回のライブの事務局はKLに駐在する日本の方がされており、観客は在KL邦人と国境なき楽団ツアーの一行でした。
4人用丸テーブルに5~6人が掛け、2人用丸テーブルに4人が掛けるなど寿司詰め状態で、100人を超える来場者が居たようです。そのうち32名が楽団一行になります。

ライブは在KL邦人サークルのロックバンドの演奏から始まりました。
ファンキーな3曲が終わると、ステージには真代さんとHALさんが立ちました。

真代さんの挨拶を聞いていると、何と次は楽団一行の演奏のようです。
「明後日、施設で演奏するので、そのリハーサルなのですが聴いてください」と可愛らしく真代さん。真代さんにこう言われたら客は何も言えませんよね。
ステージに来るように二人に促され、楽団一行がゾロゾロと行きますが小さなステージに30名も上がれるわけもなく、ステージ脇などに溢れた状態で始まりました。

最初は、ゴスペル“This Little Light of mine”です。
HALさんのフェイクで歌がしまります。お客さんは、たぶん楽団一行を素人には思わなかったことでしょう。
続いては笛で“コンドルは飛んでいく”です。
付け焼刃の笛でしたが、それまでで一番いい出来だったように思います。
最後は“上を向いて歩こう”をお客さんも一緒になってライブハウス全体で合唱となりました。

ここで楽団一行はステージから降りて、次はクイズタイム。
真代さんに関係する質問ということで「トルコの首都は?」との問いに、お約束通り「イスタンブール」と答える人も。正解はアンカラです。正解者には真代さんから直接CD等の賞品が手渡されました。

いよいよHALさんの出番です。
まずは、先ほどのバンドのギターと一緒に“Georgia on My Mind”。
23歳のときに初めて新宿のクラブで歌った思い出の曲だそうです。

続いてアカペラで“祈り”。HALさんの声がライブハウスに響きます。
「美しい空が、美しい海が、美しい生命が、美しい人が、美しいままでありますように。」
お客さんと一体となって歌われるこの歌。HALさんの思いや願いが会場を包みました。

そして最後は、20年間の音楽人生において初の弾き語りで、歌は“大地の歌”。この歌は20歳のときに創った歌だそうです。
「私は戦争には反対ですが、反対運動はしません。そのエネルギーは愛を届けることに使おうと思って、ずっと歌い続けてきました。たくさんの人が愛で繋がっていくことを願います。」と言って、いつもの“大地の歌”とは異なる、力強い歌声とピアノがライブハウスに響きました。

「夢を語る人はたくさん居ます。だけど夢を形にしている人はそんなに居ません。真代さんに出会って、夢は語るものではなく、形にするものなのだと思いました。」と言ってマイクを真代さんに渡しました。

「1976年にデビューして以来、継続して歌い続けてきたからこそ、今日ここで歌うことができました。」
最初は“飛んでイスタンブール”、続いて“東京ベイブルース”。

「9・11が悲しみや怒りに浸っている日ではなく、歌を通して希望や未来に向かっている日にしたくてセプテンバーコンサートをやっています。今年は全国56の会場で行われました。来年は、ここKLでも開かれると思ってます。」とKL開催をプッシュ。

真代さんは1982年から2年間、世界旅行に出かけたそうです。そのときタイのパタヤでバスの運転手から、日本に輸出するためタイではエビの養殖が盛んになり、景気はよくなったのと同時に養殖場を作るためマングローブが伐採され環境破壊も進んでいる。そのことについてどう思うかと聞かれて回答に困ったそうです。
僕がタイのパタヤでホモおやじから酒をプレゼントされているのと雲泥の差です。
それから真代さんは地球のために何かしなきゃと思ったそうです。
僕もホモおやじでなく、社会派のおやじにパタヤで出会っていたら何か変わっていたのかもしれません・・・って、ことはないですm(_ _)m

そして、最後は“Be Yourself”。自分自身でありましょうと。

続いて、再びHALさんが登場して真代さんと二人で井上陽水の“少年時代”、ユーミンの“卒業写真”、そして最後はお二人の名曲、John LennonのLoveとドリカムのLove Love Loveをミックスした通称“Love×4”でした。

そして今日のライブの最後は、真代さんがWe Are The Worldをイメージして創ったセプコンのイメージソング“You Can”を楽団一行もステージに再登場して全員で歌いました。

きれいにまとめたハズでしたが、アンコールが沸き起こりました。
アンコールは想定していなかったようです。アンコールに応えて真代さんは“中央フリーウエイ”を歌いましたが、なんと再度アンコール。

今度は、真代さんとHALさんと会場の皆さんも一緒になって“翼をください”を合唱して今日のライブを終了しました。

ご清読ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/243-3e142643

0件のトラックバック

4件のコメント

[C965] なんとも…。

内容の濃いコンサートでしたね…。
そこに参加できたこと自体…有意義な体験だと思います…。
HALさんの歌は…愛を届けるためのエネルギー…なんだ…。
その考え方…とても素敵ですよね…。

[C966] Re:dove-2さん

とても有意義な体験をさせていただきました。
マザーテレサが、「戦争反対の運動には参加しませんが、平和のための活動には参加します」というような話をされたと聞いたような気がします。
僕が言うことではありませんが、HALさんにはもっともっと広い舞台に出て欲しいと思ってます。もっともっとたくさんの人に聴いてほしいものです。
  • 2007-10-14
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C967] 一緒に行った気分になれました

ブログに詳しく書いてくれるので、行ってないけど、行った気分になれて、もうかっちた~。
ありがとう。

クアラでも毎日酔ッパになってて、ブログにならないんじゃないかと心配してたけど、意識があったみたいで良かった~。
  • 2007-10-17
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C969] Re:ほっくんパパさん

備忘録的に記憶をたどりながら書きつづってみました。
こんなブログで行った気分になってもらえたのは嬉しい限りですが・・・、パパさん、読むのと行くのは違います(^^)
次回は一緒に行きましょうね。・・・我が家の家計が破綻しなければ。
  • 2007-10-17
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。