Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/248-a99923f6

-件のトラックバック

-件のコメント

[C989] 謹んで…。

お母さまのご冥福をお祈り致します…。

大変でしたね…。
病室の様子から…親父のことを思い出しました…。
ご本人も周りの方々もさぞかし…お辛かったことと拝察いたします…。

お母さまは必ず…たくじろうさんのことを見ておられると思います…。
これは…doveの経験から…。
たいそう不思議なことではありますが…。

[C990] ご冥福を

お母様のご冥福を謹んでお祈りいたします。

お母様の、具合が悪いのは、お聞きしていましたが、マレーシアに来られたので、もう良くなられたのかと、思っておりました。残念です。

お母様、きっと天国から、見ておられますよ。
どうぞ、お気を落とさないように、そして、お疲れでないようにしてください。




[C991] ご冥福をお祈りいたします

素敵なお母さんですね。その素敵なお母さんがいらしたから、素敵なたくじろうさんがそこにいる。

お母さん、天国から皆さんのことを見守っていますよ。僕も、そう感じる事が多々あります。
今、とてもお辛い時を過ごされていることとお察しいたします。
気持ちが落ち着かれたら、また一緒に遊びましょ。
  • 2007-10-29
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C992]

笑顔で天に帰るなんて、すばらしいお母さんなんですね。
苦しいのに頑張り抜いて、最後は笑顔ですか・・・美しい人だなぁ。
読んでて涙が出てきました。

ご冥福をお祈りします。
  • 2007-10-29
  • うろおぼえ
  • URL
  • 編集

[C993]

ご冥福をお祈り申しあげます。
かの地で取りまとめに奔走されておられました
姿は忘れられません。
小生、悪がきの心忘れられず、
未だ一人前になりきれておりませんが
ただ、ガン面そろえて当時叱られたことも
忘れておりません。
あまりにも突然で、このようなお別れに
なるとは想像しておりませんでした。
めぐりめぐる想い出は尽きることはありませんが、
きっといつも見守ってくれているんじゃないかと
おもいます。
落ち着かれましたらお母様の故郷のこちらにも
おいでください。
  • 2007-10-29
  • ラゴスタイムズ編集長
  • URL
  • 編集

[C994] お悔み

最期は笑顔でよかったですね。
残された者としては、余命をどう有意義に過ごすかで応えていくしかないでしょう。
特に、命を与え育んで下さった方ですから。

母上のご冥福をお祈り申し上げます。合掌

[C995] Re:dove-2さん

doveさん、ありがとうございます。
お袋が見ていてくれたら・・・僕が日和っている時に、僕の尻を蹴っ飛ばしてくれるでしょう。
カミさんにも蹴っ飛ばされて・・・、そんなんばっかしですが、そうされながら少しでもマトモに生きて行けたら良いだろうと思っています。
  • 2007-10-30
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C996] Re:やすさん

本人も僕もみんな母が完治するものと信じてました。
マレーシアに行く時は余計な心配をさせないために母には伝えていませんでした。
でも、帰国した後も医師は順調にいっていると言っていたんですよ。
その日曜は、丁度僕が母の面倒を看る日でした。
最後に母が発した言葉は、僕が大声で喋るものだからウルさかったようで「声が大きい」という一言でした。
今度は僕が母の声に耳を澄まし「ウルさいなぁ~、わかってるヨ」と言ってやりたいものです。
  • 2007-10-30
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C997] Re:ほっくんパパさん

doveさんといい、パパさんといい実感のあるアドバイスありがとうございます。
僕も、日和っている時にお袋の「叱責」と「尻蹴り」を受けとめられるように、しっかりアンテナを立てていようと思います。
  • 2007-10-30
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C998] Re:うろおぼえさん

壮絶な苦しみの後で、あの笑顔には驚きました。
でも「それは、ちょっと笑い過ぎだよ」って思ったんですけどね(^^)

そろそろ母は、一人残された父を心配しているんじゃないかなと思います。
昔の男は女房が居ないと何も家のことが出来ないので。
でも、きっと母はしっかり見守ってくれているでしょう。
親父にもアンテナをしっかり立ててもらわないとマズイっすね。
  • 2007-10-30
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C999] Re:ラゴスタイムズ編集長さん

ホントに突然で、まだ驚いています。
母の故郷には行きたいと思っています。
ばあちゃんの故郷でもあるし。
あれっ?ガン面そろえて叱られたことあったかな?
最近、健忘症です。(パンチドランカー?)
そのうち遊びに行きます。
  • 2007-10-30
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1000] Re:ゲンさん

ゲンさん、どうもありがとうございます。
そうですね。余命を有意義に過ごして、・・・その様を母に見ていてもらおうと思っています。
  • 2007-10-30
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1001] 訂正します・・・。

申し訳ございません。
そこの文章を訂正します。

【訂正前】
ガン面そろえて当時叱られたことも
忘れておりません。

【訂正後】
叱られたのはたくじろうさんだけで
その怖さといったら・・・
私達はガン面そろえて部屋の片隅に
隠れておりましたことを忘れておりません。

あれ?なんだか、まったく違ったありさまに
変わってしまったと思うのは私だけ?
心当たりある方・・・Reください・・・。


  • 2007-10-30
  • ラゴスタイムズ編集長
  • URL
  • 編集

[C1002] Re:ラゴスタイムズ編集長さん

あはは。律儀に訂正ありがとうございます。
思えば、もう30年近く昔のことですね。
みんなの家に遊びに行ったり泊まりに行ったりしてましたね。懐かしいなぁ。
  • 2007-10-31
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1003]

ご冥福をお祈りいたします。
お母様の頑張り凄いです。
たくじろうさん、応援しています。

[C1004] Re:きいちゃん

きいちゃんさん、ありがとうございます。
母は凄かったです。
こんなことを言うのは変かもしれませんが、父も僕も最後の母からたくさん学ばせてもらいました。
応援ありがとうございます。だけど僕は大丈夫です。
ありがとうございます。
  • 2007-10-31
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1008] ご冥福をお祈りいたします

お母上を亡くされた悲しみは想像に余りあります。文章もまだ読む気になれないでいます。
時間を置いたら読もうと思います。
言葉が出てきません。
ご冥福をお祈りいたします。
  • 2007-11-02
  • ナガ
  • URL
  • 編集

[C1010] Re:ナガさん

ナガさん、ありがとうございます。
いつかは来るものとはいえ、あまりに急なことで驚いています。
僕は、あまり実家に帰らなかったので、亡くなった後の方が、お袋との距離が近くなったように思っています。
お袋も自分の知らなかった息子の一面を見て、今は驚いていることでしょう。
お袋には、まだまだこれからもずと驚いてもらおうと思っています。
  • 2007-11-02
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

母との別れ #247

10月22日に母が亡くなりました。享年67歳でした。

8月に膵臓ガンが判明し、余命3ヶ月を告げられました。
手術による摘出は困難で、抗ガン剤を使用しても現状維持できる確立が5割だと言われました。

本人の希望もあって代替医療による治療を選択し、父の人脈の信頼ある人からの紹介のクリニックの世話になりました。

治りますよとの力強い医師の言葉もあり、順調に快方に向かっていると本人も含め、家族の誰もが思っていましたが、21日の昼過ぎに急に苦しみだし、あまりに容態がおかしいので父が救急車を呼び病院に搬送しました。

医師からは手の施しようのない段階と言われました。
苦痛で呻くのと呼吸がセットになった状態が24時間以上続きました。

母の身体には心拍数や呼吸数などを計測するための導線がつながれオシロスコープに波形と数値が表示されます。
最初は24回/分ぐらいの呼吸が段々と弱くなっていき20回を切り14~15回になりました。

何とか痛みを和らげる方法はないかと医師に相談しましたが、鎮痛剤は呼吸も弱らせてしまうのでできないと言われました。

針で痛みを和らげることはできないかと針灸師に来てもらいましたが、心臓に与える刺激を考えると、今は針は打てないと言います。

僕の叔母になる母の妹2人が病室に到着しました。
呼吸数はやがて10回を切り、4~5回になりました。
大声で母を励ますと小さく頷きます。すると少し呼吸数が増えます。
でも、時間の経過とともに回数は減っていき、2回に、そして1回になりました。
それでも、僕らの声に反応してか3~4回に増えたりもしました。

オシロスコープの波形が一本線になったようで、後方に居た誰かが医師に「これはどういうことですか?」と聞くと「心臓が止まったということです」と答える声が聞こえました。

父も叔母もその会話が聞こえなかったのか、はたまた再生を信じてか相変わらず大声で励ましています。
かなり長い時間そうしていました。40分以上はそうしていたと思います。

僕は母の手を握りながら「お疲れさん。そして、ありがとう。」と言いました。
カミさんの手をとって母の手に重ねました。

僕は、今まで思い出すことも無かった昔のことが頭に浮かんできました。
小さい頃、僕は泣き虫でした。
母親に叱られるとすぐに泣き出して母親の腰にしがみついて顔をうずめて詫びていました。
そのとき、母の腰に巻かれたエプロンから洗剤の匂いがしていたことを思い出しました。

札幌の学生時代に、僕が新興宗教を信仰していると勘違いした母から「あなたがそんなに悩んでいたことも知らなくてご免なさい」と泣きじゃくりながら電話が架かってきたこともありました。誤解だと言ってすぐに和解しましたけどね。母に泣かれたこともはじめてだったし、そんな風に思ってくれていた母には驚きつつ有難く感じました。

僕がナップザック一つ背負って中国に向かうとき、おにぎりを包んで持たせてくれました。
夜の香港に着いて、「重慶大履」(バックパッカー御用達の安宿。「チョンキン・マンション」と呼んでます。)のパイプのダブルベッドが並んだ部屋で、下段のベッドに腰掛ながら食べたあのおにぎりは何とも美味かったなぁ~なんてことを思い出していました。

僕は母の手を離し、後ろで見守ってくれていた母の友人に場所を譲りました。
父は相変わらず母に声を掛けて母の身体を揺すっています。

僕は、父に「お袋をねぎらおうよ。お袋は頑張った。「お疲れさま」と言ってあげよう。お袋は苦しみから解放されてホッとしてるよ。」と言いました。

母の友人が「たくじろうさん、お母さんの手を触って。まだこんなに温かいのよ」と。
1時間以上たっているというのにホントにやわらかく温かかった。

やがて渋滞に巻き込まれていた姉が到着しました。「いま亡くなったの?」と姉が聞くぐらいに母の身体はまだ温かかった。
姉が医師に「いつ亡くなったんですか?」と聞くと、「まだ死亡確認していません」と。

医師は壁際でずっと僕らを見守っていてくれていました。
そして「死亡確認してもよろしいでしょうか?」と聞かれたので、僕らは「お願いします」と答えました。そして死亡が確認されました。

僕らは病室の外に出て、母は看護婦たちの手で身体を綺麗に拭かれ姉が持ってきた新しいパジャマに着替えました。
その姿に対面した僕は思わず笑ってしまいました。母は満面の笑みを浮かべていました。
家族に、叔母に、友人たちに囲まれながら逝き、きっと嬉しかったのでしょう。

葬儀の時、住職と話しをする機会がありました。
住職は「お母さんは浄土の世界から貴方たちをいつも見守ってくれています。それに気付くかどうかは貴方たちのアンテナ次第ですよ」と。

お袋さん。あなたに特等席を用意してあげましょう。
あなたの息子の生き様をとくとご覧下さい。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/248-a99923f6

0件のトラックバック

18件のコメント

[C989] 謹んで…。

お母さまのご冥福をお祈り致します…。

大変でしたね…。
病室の様子から…親父のことを思い出しました…。
ご本人も周りの方々もさぞかし…お辛かったことと拝察いたします…。

お母さまは必ず…たくじろうさんのことを見ておられると思います…。
これは…doveの経験から…。
たいそう不思議なことではありますが…。

[C990] ご冥福を

お母様のご冥福を謹んでお祈りいたします。

お母様の、具合が悪いのは、お聞きしていましたが、マレーシアに来られたので、もう良くなられたのかと、思っておりました。残念です。

お母様、きっと天国から、見ておられますよ。
どうぞ、お気を落とさないように、そして、お疲れでないようにしてください。




[C991] ご冥福をお祈りいたします

素敵なお母さんですね。その素敵なお母さんがいらしたから、素敵なたくじろうさんがそこにいる。

お母さん、天国から皆さんのことを見守っていますよ。僕も、そう感じる事が多々あります。
今、とてもお辛い時を過ごされていることとお察しいたします。
気持ちが落ち着かれたら、また一緒に遊びましょ。
  • 2007-10-29
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C992]

笑顔で天に帰るなんて、すばらしいお母さんなんですね。
苦しいのに頑張り抜いて、最後は笑顔ですか・・・美しい人だなぁ。
読んでて涙が出てきました。

ご冥福をお祈りします。
  • 2007-10-29
  • うろおぼえ
  • URL
  • 編集

[C993]

ご冥福をお祈り申しあげます。
かの地で取りまとめに奔走されておられました
姿は忘れられません。
小生、悪がきの心忘れられず、
未だ一人前になりきれておりませんが
ただ、ガン面そろえて当時叱られたことも
忘れておりません。
あまりにも突然で、このようなお別れに
なるとは想像しておりませんでした。
めぐりめぐる想い出は尽きることはありませんが、
きっといつも見守ってくれているんじゃないかと
おもいます。
落ち着かれましたらお母様の故郷のこちらにも
おいでください。
  • 2007-10-29
  • ラゴスタイムズ編集長
  • URL
  • 編集

[C994] お悔み

最期は笑顔でよかったですね。
残された者としては、余命をどう有意義に過ごすかで応えていくしかないでしょう。
特に、命を与え育んで下さった方ですから。

母上のご冥福をお祈り申し上げます。合掌

[C995] Re:dove-2さん

doveさん、ありがとうございます。
お袋が見ていてくれたら・・・僕が日和っている時に、僕の尻を蹴っ飛ばしてくれるでしょう。
カミさんにも蹴っ飛ばされて・・・、そんなんばっかしですが、そうされながら少しでもマトモに生きて行けたら良いだろうと思っています。
  • 2007-10-30
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C996] Re:やすさん

本人も僕もみんな母が完治するものと信じてました。
マレーシアに行く時は余計な心配をさせないために母には伝えていませんでした。
でも、帰国した後も医師は順調にいっていると言っていたんですよ。
その日曜は、丁度僕が母の面倒を看る日でした。
最後に母が発した言葉は、僕が大声で喋るものだからウルさかったようで「声が大きい」という一言でした。
今度は僕が母の声に耳を澄まし「ウルさいなぁ~、わかってるヨ」と言ってやりたいものです。
  • 2007-10-30
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C997] Re:ほっくんパパさん

doveさんといい、パパさんといい実感のあるアドバイスありがとうございます。
僕も、日和っている時にお袋の「叱責」と「尻蹴り」を受けとめられるように、しっかりアンテナを立てていようと思います。
  • 2007-10-30
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C998] Re:うろおぼえさん

壮絶な苦しみの後で、あの笑顔には驚きました。
でも「それは、ちょっと笑い過ぎだよ」って思ったんですけどね(^^)

そろそろ母は、一人残された父を心配しているんじゃないかなと思います。
昔の男は女房が居ないと何も家のことが出来ないので。
でも、きっと母はしっかり見守ってくれているでしょう。
親父にもアンテナをしっかり立ててもらわないとマズイっすね。
  • 2007-10-30
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C999] Re:ラゴスタイムズ編集長さん

ホントに突然で、まだ驚いています。
母の故郷には行きたいと思っています。
ばあちゃんの故郷でもあるし。
あれっ?ガン面そろえて叱られたことあったかな?
最近、健忘症です。(パンチドランカー?)
そのうち遊びに行きます。
  • 2007-10-30
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1000] Re:ゲンさん

ゲンさん、どうもありがとうございます。
そうですね。余命を有意義に過ごして、・・・その様を母に見ていてもらおうと思っています。
  • 2007-10-30
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1001] 訂正します・・・。

申し訳ございません。
そこの文章を訂正します。

【訂正前】
ガン面そろえて当時叱られたことも
忘れておりません。

【訂正後】
叱られたのはたくじろうさんだけで
その怖さといったら・・・
私達はガン面そろえて部屋の片隅に
隠れておりましたことを忘れておりません。

あれ?なんだか、まったく違ったありさまに
変わってしまったと思うのは私だけ?
心当たりある方・・・Reください・・・。


  • 2007-10-30
  • ラゴスタイムズ編集長
  • URL
  • 編集

[C1002] Re:ラゴスタイムズ編集長さん

あはは。律儀に訂正ありがとうございます。
思えば、もう30年近く昔のことですね。
みんなの家に遊びに行ったり泊まりに行ったりしてましたね。懐かしいなぁ。
  • 2007-10-31
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1003]

ご冥福をお祈りいたします。
お母様の頑張り凄いです。
たくじろうさん、応援しています。

[C1004] Re:きいちゃん

きいちゃんさん、ありがとうございます。
母は凄かったです。
こんなことを言うのは変かもしれませんが、父も僕も最後の母からたくさん学ばせてもらいました。
応援ありがとうございます。だけど僕は大丈夫です。
ありがとうございます。
  • 2007-10-31
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1008] ご冥福をお祈りいたします

お母上を亡くされた悲しみは想像に余りあります。文章もまだ読む気になれないでいます。
時間を置いたら読もうと思います。
言葉が出てきません。
ご冥福をお祈りいたします。
  • 2007-11-02
  • ナガ
  • URL
  • 編集

[C1010] Re:ナガさん

ナガさん、ありがとうございます。
いつかは来るものとはいえ、あまりに急なことで驚いています。
僕は、あまり実家に帰らなかったので、亡くなった後の方が、お袋との距離が近くなったように思っています。
お袋も自分の知らなかった息子の一面を見て、今は驚いていることでしょう。
お袋には、まだまだこれからもずと驚いてもらおうと思っています。
  • 2007-11-02
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。