Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/267-1f50709e

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1143] 時々…。

番組を見てました…。
そういう旅をしてみたいなぁ…と思いつつ…。
doveにも瀋陽から大連へ向かう列車の中で…日本人の企業マン・現地のお婆さま・現地の紳士…との会話を楽しんだ思い出があります…。
企業マンが通訳してくれたんですけどね…。

[C1144] Re:dove-2さん

瀋陽や大連は、祖母や母から満州に居た時の話を聞いていたので、いつか行ってみたいと思っています。
大連には商社マンが多いようですね。
僕の大学時代の友人も商社マンとして大連に滞在していたことがあり、ナイトライフを満喫していたようです。
・・・「現地の紳士」って、気になりますね。カッコよかったのでしょうか(^^)
  • 2007-12-01
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1145] あははは…。

がっしりした品の良い小父さまでしたよ…。
ジャッキー映画のカンフー道場の師匠みたいな…。
公務員さんだったかな…。
たくじろうさんが中学生くらいの頃の話です…。

そのころはまだ…反感を買うから日本での旅行のように綺麗な服装で行くな…思想的なものを持っていれば没収される…と注意されました…。

そんな時に一般の人たちと会話ができたというのは…doveにとって…とても印象深い体験だったのです…。
たわいのない会話でしたけど…。

[C1146] Re:dove-2さん

大連というとハイカラなイメージがあって、シルクハットにステッキという単純な紳士像を恥ずかしくも描いてしまいました(^^;)
2年前でも反日デモで日本大使館に投石とかあったりするぐらいですので、僕の時でも反日感情を持つ中国人に囲まれたらどうしようと本気で思っていました。
だから列車の中では人民帽かぶって中国人のふりしてました。「日本人が居るぞー」って叫ばれたときはヒヤヒヤしたんですよ。
たわいのない会話でも現地の人と会話することは旅の大事なポイントだと思っています。僕はたわいのない会話ばっかりですよ(^^)v
  • 2007-12-02
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1147] 鉄道旅行番組

鉄道の旅等、長期に渡っての撮影はマヒな人でないと勤まらないでしょう。だから関口さんに話が・・・
何だったら代わりに僕が・・・僕はマヒではなく、充電中なんですけどね。
  • 2007-12-02
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C1148] 中国もいいねえ

自分も見たよ。内陸部の景色が印象的でした。関口さん、次もどっか行くのかな。北米編なんていいな。
  • 2007-12-02
  • ナガ
  • URL
  • 編集

[C1149] Re:ほっくんパパさん

パパさんは、ほっくんが居るから無理ですよ。
子離れ出来ないでしょう(^^)
それにライヴも行けませんよ。
パパさんは充電中なんだから、しっかり充電していなきゃ。
  • 2007-12-02
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1150] Re:ナガさん

そうですよね。
南北アメリカ大陸が残っているので、彼に気力が残っていれば企画されるでしょうね。
それにしてもナガさん、451km/月に350km/月と僕の想像を超える走りっぷりですね。マラソン頑張ってください。僕は11月は34kmでしたよ。しばらくは100km未満が続きそうです。
疲れを抜くには酸素カプセルが嘘みたいに効きますよ。お近くに安い所があったらぜひ。無ければ、やはり銭湯!
  • 2007-12-02
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1151] 風邪です

酸素カプセルそんなに効くの。残念ながら近くには無いだろな。今日は昼から自宅で入浴しました。
  • 2007-12-02
  • ナガ
  • URL
  • 編集

[C1152] Re:ナガくん

ハンカチ王子が甲子園の決勝で延長15回と翌日の再試合の9回を投げきったのは酸素カプセルのおかげとも言われてます。僕もトレーニングとトレーニングの合い間の疲労抜きに使ったことがありました。でも、3000円/40分なので、そんなに行けませんが。
  • 2007-12-02
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

昴 ―すばる― #266

毎晩NHKで深夜0時10分から10分間放送されていた関口知宏さんの中国鉄道大紀行の最後の4週間、トルファンから線路終点のカシュガルまでの旅のハイライト番組がやっていたので観ました。

china36000km.jpg

この番組はたまにその時間にテレビを観てるときに観たぐらいでしたが楽しく観させてもらっていました。

春と秋に分けて計36,000kmの行程を5ヶ月間にわたって旅するという何とも羨ましい仕事です。

彼は中国鉄道大紀行の前に日本国内の鉄道旅行をしたりヨーロッパの鉄道旅行の仕事もしていたようですね。なんでこんなに鉄道旅行の仕事が彼に来るのでしょうね。
ホントに羨ましい限りです。

羨ましいと言いつつも、結構タイトな旅だったように思います。
何てったって36,000kmですから、単純に5ヶ月で割っても1日に240kmの移動を5ヶ月間繰り返すことになりますので体力的にも時間的にも厳しいはずです。

決して「ゆったりと中国の旅」ではなかったでしょう。
番組の中でも、地元の人の家で食事をいただいてるところで列車の時間だからとスタッフに促されて先を急ぐ場面もありました。

関口さんも不思議な人ですね。
ウイグルの少年に指摘されてましたが変な歩き方をします。
スポーツは得意じゃなさそうです。

美味しいと言いながら変な表情をします。
言葉の通じない現地の人には不味いと思われたんじゃないかな。

現地の人にお世話になりながらも別れるときは淡々と後ろを振り返ることもなく進む場面もありました。でも、関口さんの飾らない人柄に温かさは感じていたでしょう。

あの寝グセのついた髪はNHKの注文なんでしょうかね。不精ヒゲには決してなりませんでしたが、寝グセの髪が治ることはありませんでした。

関口さんが列車の中で現地の人と歌を互いに歌った場面を観て、自分も似たようなことがあったなと思い出しました。

水墨画の様な風景で有名な桂林から雲南省の昆明まで2泊3日かけて列車で移動したことがありました。
夕方5時に桂林に列車が着くと満員列車でした。無理やり体を列車に押し込んで乗り込みました。

18時間立ち続けた後、僕が日記を書いていると隣に立っていた青年が、見たことのない“ひらがな”に、僕がどこの民族か聞いてきました。雲南省にはたくさんの少数民族がいます。

日本人だと伝えると、彼は驚いて「ここに日本人がいるぞー」と大声で叫びました。
僕も驚きましたが、「もっと早く言えよ」と席を譲ってもらい、そのうち僕の座席の周辺では日中歌合戦が始まりました。

向こうはたくさんいるので順番にどんどん回して行けばよいですが、僕は一人だから相手が歌い終わると僕の番になり困りました。

一人、日本の歌を知っているという男性が日本語で歌ってくれました。
「メヲトジテ、ナニモミエズ~」・・・谷村新司さんの「昴」はこんな所でも知られていたようです。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/267-1f50709e

0件のトラックバック

10件のコメント

[C1143] 時々…。

番組を見てました…。
そういう旅をしてみたいなぁ…と思いつつ…。
doveにも瀋陽から大連へ向かう列車の中で…日本人の企業マン・現地のお婆さま・現地の紳士…との会話を楽しんだ思い出があります…。
企業マンが通訳してくれたんですけどね…。

[C1144] Re:dove-2さん

瀋陽や大連は、祖母や母から満州に居た時の話を聞いていたので、いつか行ってみたいと思っています。
大連には商社マンが多いようですね。
僕の大学時代の友人も商社マンとして大連に滞在していたことがあり、ナイトライフを満喫していたようです。
・・・「現地の紳士」って、気になりますね。カッコよかったのでしょうか(^^)
  • 2007-12-01
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1145] あははは…。

がっしりした品の良い小父さまでしたよ…。
ジャッキー映画のカンフー道場の師匠みたいな…。
公務員さんだったかな…。
たくじろうさんが中学生くらいの頃の話です…。

そのころはまだ…反感を買うから日本での旅行のように綺麗な服装で行くな…思想的なものを持っていれば没収される…と注意されました…。

そんな時に一般の人たちと会話ができたというのは…doveにとって…とても印象深い体験だったのです…。
たわいのない会話でしたけど…。

[C1146] Re:dove-2さん

大連というとハイカラなイメージがあって、シルクハットにステッキという単純な紳士像を恥ずかしくも描いてしまいました(^^;)
2年前でも反日デモで日本大使館に投石とかあったりするぐらいですので、僕の時でも反日感情を持つ中国人に囲まれたらどうしようと本気で思っていました。
だから列車の中では人民帽かぶって中国人のふりしてました。「日本人が居るぞー」って叫ばれたときはヒヤヒヤしたんですよ。
たわいのない会話でも現地の人と会話することは旅の大事なポイントだと思っています。僕はたわいのない会話ばっかりですよ(^^)v
  • 2007-12-02
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1147] 鉄道旅行番組

鉄道の旅等、長期に渡っての撮影はマヒな人でないと勤まらないでしょう。だから関口さんに話が・・・
何だったら代わりに僕が・・・僕はマヒではなく、充電中なんですけどね。
  • 2007-12-02
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C1148] 中国もいいねえ

自分も見たよ。内陸部の景色が印象的でした。関口さん、次もどっか行くのかな。北米編なんていいな。
  • 2007-12-02
  • ナガ
  • URL
  • 編集

[C1149] Re:ほっくんパパさん

パパさんは、ほっくんが居るから無理ですよ。
子離れ出来ないでしょう(^^)
それにライヴも行けませんよ。
パパさんは充電中なんだから、しっかり充電していなきゃ。
  • 2007-12-02
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1150] Re:ナガさん

そうですよね。
南北アメリカ大陸が残っているので、彼に気力が残っていれば企画されるでしょうね。
それにしてもナガさん、451km/月に350km/月と僕の想像を超える走りっぷりですね。マラソン頑張ってください。僕は11月は34kmでしたよ。しばらくは100km未満が続きそうです。
疲れを抜くには酸素カプセルが嘘みたいに効きますよ。お近くに安い所があったらぜひ。無ければ、やはり銭湯!
  • 2007-12-02
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1151] 風邪です

酸素カプセルそんなに効くの。残念ながら近くには無いだろな。今日は昼から自宅で入浴しました。
  • 2007-12-02
  • ナガ
  • URL
  • 編集

[C1152] Re:ナガくん

ハンカチ王子が甲子園の決勝で延長15回と翌日の再試合の9回を投げきったのは酸素カプセルのおかげとも言われてます。僕もトレーニングとトレーニングの合い間の疲労抜きに使ったことがありました。でも、3000円/40分なので、そんなに行けませんが。
  • 2007-12-02
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。