Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/268-8a690116

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1153] 犬の困惑

それは、たくじろうさんの滑舌に問題があるのかと・・・

動物と会話(テレパシー?)が出来る少女、羨ましいなぁ。その能力が失われていないといいですね~。僕も、たくじろうさんの言うことが理解できる位にはなりたいと思います。
  • 2007-12-04
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C1154] Re:ほっくんパパさん

犬には「目と心」で話しているので僕の滑舌の悪さは関係ないと思いますが、・・・う~ん、パパさんにも「目と心」じゃダメでしょうか?受信機の精度を上げておいてください。
  • 2007-12-04
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1155] 見てましたよ…。

その番組…。
他の人なら近づけない猛獣も彼女とは仲良しなんだとか…。
大人になっても…その能力が失われずにあるなら…奇跡ですね…。
都会で成長するうちに…余分なものが蓄積されているかも知れません…。

[C1156] あれ?

このたびの記事に誤りを発見しました。

(誤)犬に困られています
(正)犬や猫に困られています

記憶が定かではないけど、犬だけじゃあ~なかった筈・・・(^。^)
  • 2007-12-04
  • うろおぼえ
  • URL
  • 編集

[C1157] Re:dove-2さん

素敵な番組でしたよね。
人間が猛獣を始めいろんな動物と心を通わせ合うことができるなんてねぇ(^^)
アフリカで大人になるならともかく長い都会暮らしでは、その貴重な能力を失ってしまってもおかしくないですよね。
そうなってしまったとしても、かつて動物と心を通わせたことのある彼女が今後何をするのか興味があります。
  • 2007-12-05
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1158] Re;うろおぼえさん

ふふふ。誤りではありませんよ。
でも正確ではなかったかもしれません。
(正)犬に困られています。猫には嫌われます。
・・・猫はあずましくないことをされると犬と違って我慢せず、どっか行ってしまいますから(^^;)
  • 2007-12-05
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ティッピという女の子 #267

『ティッピ野生のことば』(2001年)という本を見ました。
ティッピは1990年にアフリカのナミビアで生まれたブロンドの女の子です。両親はフランス人のカメラマン。

tippi02.jpg

広大なアフリカの草原の中で動物たちに囲まれて育った彼女は、野生動物と心を通じ合わせることができる不思議な能力を持っています。

10年ぐらい前だと思いますが、テレビで彼女の特集番組を観たことがありました。こんな女の子が居るんだと不思議に思い、心温まりながら観た記憶があります。

彼女は、動物と頭や目、心や魂を使って話しをするようです。
動物なら何でも心を通わせることができるわけではなく、フランス・パリの猫や犬とは話ができないそうです。都会の動物は野生の動物とは勝手が違うようです。

猛獣が、あなたのことを獲物だとか自分にとって危険と考えないように、充分気を付けることが大事で、怖がる必要はないけど用心はしないといけないと言います。

猛獣はいつも攻撃的なわけではありません。
自分や子供を守ったり、腹が減っている時や恐怖を感じた時とか本能にすり込まれた条件反射で襲ってしまうような行動を人間がとった時など猛獣が攻撃的になるには理由があります。

それはとても当たり前に思えますが「今は大丈夫だよ」と言われてもなかなか近づけないですよね。
でも、猛獣だって開かれた心で優しくされたら嬉しいに違いありません。
tippi01.jpg


この本は、アフリカからフランスのパリに移り住んだ10歳のティッピが書いた本です。

そんな彼女も今は17歳のパリの女子高生ですね。
長いパリでの生活で彼女の感覚も変わってしまっているかもしれません。
でも、小さい頃に大自然の中で培った感性は今も彼女の中で息づいていると思います。大人になったティッピは何を考え、何をしようとしているのでしょうね。その後のティッピの人生も気になります。


ちなみに僕は犬に困られます。
犬は「この人間は敵意がなくとても友好的な心で接してくるのに、扱いが優しくないけど何なんだろう?」と困っています。
そんな犬の反応を面白がっていじめてる僕は何なんでしょうね。そのうち「いい加減にしろ」って、咬まれるかもしれません。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/268-8a690116

0件のトラックバック

6件のコメント

[C1153] 犬の困惑

それは、たくじろうさんの滑舌に問題があるのかと・・・

動物と会話(テレパシー?)が出来る少女、羨ましいなぁ。その能力が失われていないといいですね~。僕も、たくじろうさんの言うことが理解できる位にはなりたいと思います。
  • 2007-12-04
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C1154] Re:ほっくんパパさん

犬には「目と心」で話しているので僕の滑舌の悪さは関係ないと思いますが、・・・う~ん、パパさんにも「目と心」じゃダメでしょうか?受信機の精度を上げておいてください。
  • 2007-12-04
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1155] 見てましたよ…。

その番組…。
他の人なら近づけない猛獣も彼女とは仲良しなんだとか…。
大人になっても…その能力が失われずにあるなら…奇跡ですね…。
都会で成長するうちに…余分なものが蓄積されているかも知れません…。

[C1156] あれ?

このたびの記事に誤りを発見しました。

(誤)犬に困られています
(正)犬や猫に困られています

記憶が定かではないけど、犬だけじゃあ~なかった筈・・・(^。^)
  • 2007-12-04
  • うろおぼえ
  • URL
  • 編集

[C1157] Re:dove-2さん

素敵な番組でしたよね。
人間が猛獣を始めいろんな動物と心を通わせ合うことができるなんてねぇ(^^)
アフリカで大人になるならともかく長い都会暮らしでは、その貴重な能力を失ってしまってもおかしくないですよね。
そうなってしまったとしても、かつて動物と心を通わせたことのある彼女が今後何をするのか興味があります。
  • 2007-12-05
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1158] Re;うろおぼえさん

ふふふ。誤りではありませんよ。
でも正確ではなかったかもしれません。
(正)犬に困られています。猫には嫌われます。
・・・猫はあずましくないことをされると犬と違って我慢せず、どっか行ってしまいますから(^^;)
  • 2007-12-05
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。