Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/289-70059fd2

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1288] 今は昔…。

…という感慨…。
doveの時代でさえ…バンカラ気質は古い過去のもの…とされていましたが…たくじろうさんたちは…ずっと若い世代なのに…と不思議に思いました…。
寮という特殊な環境に居られたせいなのかな…。

寮に居なかったので寮歌は知らないですが…うちの大学にも○○大学数え歌がありました…。
飲み会などでよく歌われましたよ…。
  • 2008-01-17
  • dove-2
  • URL
  • 編集

[C1290] Re:dove-2さん

どこの学生寮でもちょっとアナログで、バンカラなのか分かりませんが、少なくとも今風じゃない学生が集まっていると思います。そういう意味でちょっと特殊なのかもしれません。
学生寮は超ボンビーの集まりだから、今風なものに手が出せないというのもあるのかもしれませんが(^^;)
うちの寮は明治40年から、ずっと今でも毎年1曲ずつ寮歌を作り続けてるんですよ。
昭和58年度寮歌には「天下の○大 寮でもつ」なんてふざけた寮歌もあります。
三大バカ寮歌の一つと言われてます(^^;)
  • 2008-01-18
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1291] ん?もしかして・・・

続けて大学時代の話が続き、昔を懐かしむってこたぁ~・・・
歳をとったって事かな?
オジヤンの世界へようこそ~!(^O^)/~

で、映画は面白かったの?
三国さん、昔から好きなんだ。

[C1292] Re:ほっくんパパさん

ふふふ、僕はオヤジ願望があるから望むところですよ(^^)
映画は、お薦めします。都合がよろしければ、ぜひ。
三國さん、しぶい演技してましたよ。
東京では、新宿コマ劇場向いのシネマスクエアで1/25(金)までです。
その後に観るなら地方になります。最後は愛媛と札幌で3/7までですよ。
  • 2008-01-18
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1303] ばか≠馬鹿

九州で使う「バカ」は東京で言う馬鹿とはまったく違います。どちらかといえば大阪の「アホちゃうか」に近い感じで、上の人が下の人に使う親しみをこめたものです。ですから職場でもこの「バカ」は飛び交っています。ちなみに少し表現をやわらかくしたい場合は「バカチン」といいます。
  • 2008-01-21
  • ラゴスタイムズ編集長
  • URL
  • 編集

[C1306] Re:ラゴスタイムズ編集長さん

「バカ」と「アホ」の違いはそのように言われてますが、そんなに関東の「バカ」ってキツいのかな?という印象もあります。
ただ、僕が「バカ」と言われても重く受け取ってないだけなのでしょうか(^^;)
「バカチン」は良いですね。
でも逆に、表現を厳しくしたい時に「バカチン」と言う方が好いと思いませんか?
非常に白熱したケンカで「バカチン、バカチン」って言い合うのって、良さ気じゃありません(^^)v
  • 2008-01-21
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

天才的な馬鹿? #288

ほとんど映画を観ることのない僕ですが、ある映画を観てきました。
三國連太郎主演の「北辰斜めにさすところ」という旧制高校の寮生たちの熱い青春と、戦争の空虚さを問う映画です。
三國連太郎は、主人公の現在(90歳)を演じています。

物語は、戦前の七高(現鹿児島大学)が舞台で「北辰斜めにさすところ」というのは七高の寮歌です。北辰とは北極星のことで、鹿児島ではそれが斜めに見えるということのようです。

この映画は、現代の学校教育に疑念をもち、かつての旧制高校の人間教育に着目した鹿児島大OBが発起人となって台本が作られ、映画の趣旨に賛同した人たちの出資金・協賛金で製作されました。

旧制高校を舞台にした青春映画というと、学制改革を翌年に控え最後の旧制高校生の寮生活を撮った、中島みゆきの「あんな時代もあったねと~」で始まる『時代』が主題歌の「ダウンタウンヒーローズ」(1988)が有名ですね。

こちらは、この後に「学校」という映画を作るなど教育に強い思い入れのある、「男はつらいよ」の山田洋次監督の作品でもあるし、松竹の映画なので製作費の違いもあってか、旧制高校を舞台とした青春映画としては「ダウンタウンヒーローズ」の方が立派かもしれません。

でも、僕らの汗と涙とゲロの熱い寮生活は、映画で表現するのは難しいかなとも思いました。

かつての日本には、明治時代に生まれた旧制高等学校という教育機関があり、そこは、伝統のなかで学問を学ぶと同時に、狭き門をくぐり抜けた若きエリートたちが切磋琢磨しながら人格を形成する場でもあったようです。

寝食を共にする寮での共同生活、白線帽と黒マント、褌に高下駄の蛮カラ・ファッション、寮歌にストーム・・・。

映画の中で、「天才的な馬鹿になれ、馬鹿の天才になれ!」と寮の先輩が新入生に言うシーンがあります。
僕の寮の同期生に「バカは褒め言葉」と言って、バカの名を欲しいままにした男が居ました。

卒業後は、番組制作会社を友人と立ち上げ10年近くやってましたが、一昨年に、嫁さんと子供二人を説得して漁師になりました。
今は、漁船一隻の主として楽しくやっているようです。

彼が漁師になる前にマラソンを3時間52分で走ったというので、僕のマラソンの目標は3時間51分以下で走ることに設定しました。

そんな映画なので、映画の至る所で寮歌が歌われます。
エンディングには寮歌「北辰斜めにさすところ」が流れます。

幕が上がった後、もし此処にマッツさんがいたら間違いなく僕らの寮歌「都ぞ弥生」の前口上を掛けたでしょう。そして僕らは映画館の係員の制止を聞かずに、声高らかに寮歌を歌ったことでしょう。
しばらく頭の中に、「都ぞ弥生」の前口上がこだましてました。

 寮友よ 徒らに明日の運命を歎かんよりは 楡林にかがり火を焚きて
 去りては再び帰らざる 若き日の感激を謳歌わん



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/289-70059fd2

0件のトラックバック

6件のコメント

[C1288] 今は昔…。

…という感慨…。
doveの時代でさえ…バンカラ気質は古い過去のもの…とされていましたが…たくじろうさんたちは…ずっと若い世代なのに…と不思議に思いました…。
寮という特殊な環境に居られたせいなのかな…。

寮に居なかったので寮歌は知らないですが…うちの大学にも○○大学数え歌がありました…。
飲み会などでよく歌われましたよ…。
  • 2008-01-17
  • dove-2
  • URL
  • 編集

[C1290] Re:dove-2さん

どこの学生寮でもちょっとアナログで、バンカラなのか分かりませんが、少なくとも今風じゃない学生が集まっていると思います。そういう意味でちょっと特殊なのかもしれません。
学生寮は超ボンビーの集まりだから、今風なものに手が出せないというのもあるのかもしれませんが(^^;)
うちの寮は明治40年から、ずっと今でも毎年1曲ずつ寮歌を作り続けてるんですよ。
昭和58年度寮歌には「天下の○大 寮でもつ」なんてふざけた寮歌もあります。
三大バカ寮歌の一つと言われてます(^^;)
  • 2008-01-18
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1291] ん?もしかして・・・

続けて大学時代の話が続き、昔を懐かしむってこたぁ~・・・
歳をとったって事かな?
オジヤンの世界へようこそ~!(^O^)/~

で、映画は面白かったの?
三国さん、昔から好きなんだ。

[C1292] Re:ほっくんパパさん

ふふふ、僕はオヤジ願望があるから望むところですよ(^^)
映画は、お薦めします。都合がよろしければ、ぜひ。
三國さん、しぶい演技してましたよ。
東京では、新宿コマ劇場向いのシネマスクエアで1/25(金)までです。
その後に観るなら地方になります。最後は愛媛と札幌で3/7までですよ。
  • 2008-01-18
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1303] ばか≠馬鹿

九州で使う「バカ」は東京で言う馬鹿とはまったく違います。どちらかといえば大阪の「アホちゃうか」に近い感じで、上の人が下の人に使う親しみをこめたものです。ですから職場でもこの「バカ」は飛び交っています。ちなみに少し表現をやわらかくしたい場合は「バカチン」といいます。
  • 2008-01-21
  • ラゴスタイムズ編集長
  • URL
  • 編集

[C1306] Re:ラゴスタイムズ編集長さん

「バカ」と「アホ」の違いはそのように言われてますが、そんなに関東の「バカ」ってキツいのかな?という印象もあります。
ただ、僕が「バカ」と言われても重く受け取ってないだけなのでしょうか(^^;)
「バカチン」は良いですね。
でも逆に、表現を厳しくしたい時に「バカチン」と言う方が好いと思いませんか?
非常に白熱したケンカで「バカチン、バカチン」って言い合うのって、良さ気じゃありません(^^)v
  • 2008-01-21
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。