Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/298-4b489e94

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1345] 何処の町でも…。

そうした趣のあるものは失われていきますね…。
残るのは金属のラインとコンクリートの塊ばかり…。
味気ない世界ばかりだと…人間はどんな精神状態なっていくのでしょうね…。

[C1347] Re:dove-2さん

そうですね。将来の子どもたちの情操教育がどのようになるのか心配です。
開発で、そういった建物が失われていくのにもどかしさも感じますが、今年の正月には神奈川県藤沢市の旧モーガン邸が二度に渡る放火と思われる火事で全焼したりしています。何を考えているんでしょうね。
  • 2008-02-02
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

変わりゆく風景 #297

10年前の東京には、六本木ヒルズも汐留シオサイトも表参道ヒルズもも東京ミッドタウンありませんでした。

そんな必要性があったのか知りませんが、大開発が進められてきました。
こんな大がかりなプロジェクトでなくても、次から次にマンションが建ち、近所の風景も変わっていきます。

もう随分前ですが・・・、マンション建設のため44年の歴史に幕を閉じ、取り壊されたロシア料理屋が職場の近くにありました。
東京タワーの足元。ロシア大使館も近くにあります。

volga.jpg

建物は、写真のとおり小さなものですが、この建物は異空間に入る入口に過ぎません。

玄関から中に入ると中は薄暗く、いきなりある階段で地階へ降りて行きます。
壁に渋い色調のベルベットが張りつめてあり、重厚な内装で、床には真紅の絨毯が敷きつめてあります。

volga1.jpg


階段を降りると鉄の鎧が出迎えてくれます。
地階には100席はあると思われるダイニングが広がっています。
そこにはバーもあり、ステージもあり、ボックス席もある不思議な世界がありました。

東京のど真ん中の東京タワーのふもとのビジネス街にある異空間。
ちょっとした異国情緒を楽しめました。

現在、この斜め隣にあった、正体不明の屋敷も取り壊され、ビルが建築されています。
通勤時にそれを見ながら、そんなレストランがあったことを思い出しました。

残念なものを失ったように思います。



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/298-4b489e94

0件のトラックバック

2件のコメント

[C1345] 何処の町でも…。

そうした趣のあるものは失われていきますね…。
残るのは金属のラインとコンクリートの塊ばかり…。
味気ない世界ばかりだと…人間はどんな精神状態なっていくのでしょうね…。

[C1347] Re:dove-2さん

そうですね。将来の子どもたちの情操教育がどのようになるのか心配です。
開発で、そういった建物が失われていくのにもどかしさも感じますが、今年の正月には神奈川県藤沢市の旧モーガン邸が二度に渡る放火と思われる火事で全焼したりしています。何を考えているんでしょうね。
  • 2008-02-02
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。