Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/323-31f2ca1e

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1463]

以前、チベットを取材したドキュメンタリー(NHK)で、チベットの農家が出てきました。
共産党員がTVを持って家にやってきて、「共産党に入れば、TVが見れますよ」とか誘うんですよ。
で、一家であーだこーだ話し合う。
すでに党員になった別のお宅には、毛沢東の写真が飾られ、TVを見、「共産党はTVを持ってきてくれたんだ」とかなんとか言う。
あまりの短絡さに驚きました。よく知らないってコワイ。
ひとんちの事情をよく知らないで、周りに同調してあおるのは危険。
「お互い、よく話し合えば?」て口添えするくらいしかできないです。
平和的に妥協点を見つけられれば、と願います。
  • 2008-03-21
  • 悶℃半
  • URL
  • 編集

[C1465] Re:悶℃半さん

うまい話で言いくるめられるのなら良いですが、そんなやり方はもう通用しません。世界が許しません。
うまい話や恐喝で従わせる時代ではもうないことを認識して欲しいものです。
百歩譲って、過去は問わなくても良いと思います。
しっかり未来に向けて平和的な妥協点を見つけてくれさえすればと思います。
来日時に代々木公園で早朝ジョギングしていた温家宝首相は、良識ありそうな良いおじさんに見えたんですけどね。
中国がチベットにやっていることは中国史に残る汚点であることに気付いて、早く舵取りを修正してくれることを願います。
  • 2008-03-21
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1466] 中国は困ったものだとは思うけど、

ホントのところ、どうなっているのか事態がよく分からないんです、私は。

分かっているのは、
「あれだけ広範囲で、多数の少数民族が住んでいる版図を
一つの政府が管理統治するのはそもそもムリ。」
「いかなる理由があろうとも暴力は許されない。」
の二つです。

そして、外から「正義」を振りかざしてものをいうことはキケンだと思ってます。
いえ、論議が盛んになることは勿論大切ですが、「正義は一つではない。」ということを、議論する時にも忘れないようにしないとね…。
アメリカがアフガニスタンやイラクをめちゃめちゃにしたことを忘れてはなりません。

とりあえず中央アジア史を勉強し直すか・・・。
いえその前に、こっそり中国製品不買運動か…。
(アメリカについては行っております。)
  • 2008-03-22
  • CUCINAPOVERA
  • URL
  • 編集

[C1467] Re:CUCINAPOVERAさん

・僕も今回の暴動の原因は知りません。
文化的ジェノサイドとダライ・ラマが言っているように、また、毎年たくさんのチベット人が生命を賭けてヒマラヤを越えて亡命していることから、チベット人たちは酷い扱われ方をしているんだと思います。
だから、その不満が爆発したというのが通説なのかな?
・民族の数だけ国の数が必ずしも必要だとは思いませんので統治の仕方で何とかなると僕は思います。
・暴力は僕も絶対反対です。
今日も中国国営テレビの映像でしたが、坊さんが投石するシーンがあり、それはイカンだろうと思いました。修行不足です。
・確かに外から正義を振りかざすのはキケンですね。
中国=悪、チベット=正
と盲目的に応援しちゃってる人がたくさん居ると思います。気持ちは分かりますけどね(^^;)
・歴史を勉強することも大切なんでしょうが、なんか性格的に歴史は苦手です。
ただ事実関係の把握は大事ですけど「こういう歴史があるからしょうがないんだよ」というような非建設的な話は大キライです。
・「チベット・フリーのためにフリー・チャイナ」というスローガンを言ってる人も居ますね。
間違えた!「フリー・チベットのためにチャイナ・フリー」でした(^^;)
  • 2008-03-22
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

フリー・チベットしようぜ♪ #322

free-tibet.jpg

3月14日のチベット暴動の報道を機にフリー・チベットTシャツが売れているそうです。
“フリー・チベット”とは、中国からのチベット解放を目指す運動のスローガンのようです。

ボブ・マーレイTシャツやチェ・ゲバラTシャツもファッションとしてよく売れている国ですから、何ともという感じもしますが・・・。

それはともかく、中国はなぜかくもチベットに目を付けているのしょうか?
かつての毛沢東の中国軍チベット侵攻の時とは違い、今はチベットは鉱物資源の宝庫であることがわかり、中国政府にとってチベットは経済発展に欠かせないところであるからかな?
そしたらパンチェン・ラマとか、もういいじゃないですかね~。

チラリチラリと新聞やテレビの報道を見ると、かつてのような傲慢さを想像させるものも感じます。
中国には中国の言い分もあるのでしょうが、それは白日の下にさらしてやって欲しいものです。

北京オリンピックのボイコットの話も出たりしているようですが、ダライ・ラマは、中国は五輪を開催するのにふさわしい国と言っています。
ただし、同時に良き開催国である必要があるとも言っています。
禅問答のようですね(^^;)

ダライ・ラマは、今はチベットの独立までは要求していません。
高度の自治を要求しているだけです。

そんなダライ・ラマを批判し、チベット独立を唱えるチベット青年会議(TYC)の若者も出てきているようです。
ラサの暴動のテレビ報道で、袈裟を着た若い坊さんが店の扉を蹴飛ばしている映像には驚きました。(この報道も真実なのか分かりませんけどね)

ダライ・ラマの言う非暴力による解決を望みます。
そして中国政府の大人の対応を期待したいところです。
世界は少しずつ大人になっています。
中国もそうなって欲しいものです。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/323-31f2ca1e

0件のトラックバック

4件のコメント

[C1463]

以前、チベットを取材したドキュメンタリー(NHK)で、チベットの農家が出てきました。
共産党員がTVを持って家にやってきて、「共産党に入れば、TVが見れますよ」とか誘うんですよ。
で、一家であーだこーだ話し合う。
すでに党員になった別のお宅には、毛沢東の写真が飾られ、TVを見、「共産党はTVを持ってきてくれたんだ」とかなんとか言う。
あまりの短絡さに驚きました。よく知らないってコワイ。
ひとんちの事情をよく知らないで、周りに同調してあおるのは危険。
「お互い、よく話し合えば?」て口添えするくらいしかできないです。
平和的に妥協点を見つけられれば、と願います。
  • 2008-03-21
  • 悶℃半
  • URL
  • 編集

[C1465] Re:悶℃半さん

うまい話で言いくるめられるのなら良いですが、そんなやり方はもう通用しません。世界が許しません。
うまい話や恐喝で従わせる時代ではもうないことを認識して欲しいものです。
百歩譲って、過去は問わなくても良いと思います。
しっかり未来に向けて平和的な妥協点を見つけてくれさえすればと思います。
来日時に代々木公園で早朝ジョギングしていた温家宝首相は、良識ありそうな良いおじさんに見えたんですけどね。
中国がチベットにやっていることは中国史に残る汚点であることに気付いて、早く舵取りを修正してくれることを願います。
  • 2008-03-21
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1466] 中国は困ったものだとは思うけど、

ホントのところ、どうなっているのか事態がよく分からないんです、私は。

分かっているのは、
「あれだけ広範囲で、多数の少数民族が住んでいる版図を
一つの政府が管理統治するのはそもそもムリ。」
「いかなる理由があろうとも暴力は許されない。」
の二つです。

そして、外から「正義」を振りかざしてものをいうことはキケンだと思ってます。
いえ、論議が盛んになることは勿論大切ですが、「正義は一つではない。」ということを、議論する時にも忘れないようにしないとね…。
アメリカがアフガニスタンやイラクをめちゃめちゃにしたことを忘れてはなりません。

とりあえず中央アジア史を勉強し直すか・・・。
いえその前に、こっそり中国製品不買運動か…。
(アメリカについては行っております。)
  • 2008-03-22
  • CUCINAPOVERA
  • URL
  • 編集

[C1467] Re:CUCINAPOVERAさん

・僕も今回の暴動の原因は知りません。
文化的ジェノサイドとダライ・ラマが言っているように、また、毎年たくさんのチベット人が生命を賭けてヒマラヤを越えて亡命していることから、チベット人たちは酷い扱われ方をしているんだと思います。
だから、その不満が爆発したというのが通説なのかな?
・民族の数だけ国の数が必ずしも必要だとは思いませんので統治の仕方で何とかなると僕は思います。
・暴力は僕も絶対反対です。
今日も中国国営テレビの映像でしたが、坊さんが投石するシーンがあり、それはイカンだろうと思いました。修行不足です。
・確かに外から正義を振りかざすのはキケンですね。
中国=悪、チベット=正
と盲目的に応援しちゃってる人がたくさん居ると思います。気持ちは分かりますけどね(^^;)
・歴史を勉強することも大切なんでしょうが、なんか性格的に歴史は苦手です。
ただ事実関係の把握は大事ですけど「こういう歴史があるからしょうがないんだよ」というような非建設的な話は大キライです。
・「チベット・フリーのためにフリー・チャイナ」というスローガンを言ってる人も居ますね。
間違えた!「フリー・チベットのためにチャイナ・フリー」でした(^^;)
  • 2008-03-22
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。