Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/34-80ddb779

-件のトラックバック

-件のコメント

[C43] たくじろうさんは・・・

タイにも滞在したんだぁ。
僕もタイは大好きです、長期滞在はしたことがないのですが・・・。また行きタイなぁ。

[C46]

タイ良いですよね。「ア~ハンタイ、アローイ!」・・・たしか「タイ料理おいしい!」ってこうでしたよね。
  • 2006-12-19
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C47] タイ語

僕の知っている言語の中で、僕はタイ語がいちばん美しいと思っているんですよ~。
空港のアナウンスで英語の次にタイ語が流れると、うっとりとしてしまいます。
僕がよく行ってた当時は、タクシーにメーターがなくて「パッポンまでいくら?」「200バーツ」「高けぇ!」「ならいくら払う」「100バーツなら乗るけど」「んじゃ乗りな」というやりとりをしていました。
タイ語はこの程度なら出来る僕です。なお乗用車のタクシーには乗らず、バイクのタクシーに乗っていました。渋滞がひどくても、バイクなら進みますから。
そのタイにも14年ほど行ってません。

[C50]

ゲンさんカッコイイこと言いますね。特に女性のタイ語はきれいですよね。うっとりしちゃいますよね。
男性のタイ語はやさしいですね。ドスのきいたタイ語が想像できません。ヤクザな人たちはどんなしゃべり方をするのでしょうね。
僕はタイ語はぜんぜんダメで交渉はつたない英語でやってました。
バイクタクシーにも乗らず、優雅にトゥクトゥクに乗ってました。
14年も前となると、今はなきドンムアン空港の豪華な新ターミナルが作られる前でしょうか。
あんなに立派なもの作っておいてすぐに新しい空港作るなんてもったいないですよね。
  • 2006-12-19
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

バンコクのジムで  #33

thaigym.jpg

この写真は、旅行と練習を兼ねてタイ・バンコクのジムで合宿生活していた94年3月のものです。

写真右の青年は、当時タイのフェザー級国内チャンピオン。
'90年2月に東京ドームで行われたマイク・タイソンの世界タイトルマッチの前座の試合で、辰吉丈一郎と対戦した男です。

その結果は、1Rに辰吉にプロで初めてのダウンを与えますが、2Rにボディにパンチをもらって逆転KO負けでした。
本人は「試合前に交通事故で脇腹を痛めていた・・・」と言い訳してましたが。

選手はみんなジムで合宿生活をします。8才くらいの少年から一緒に生活し練習しています。義務教育課程の少年はジムから学校に通います。

タイでは大抵ムエタイのジムでボクシングも一緒にやっています。
ムエタイならチャンピオンクラス、ボクシングなら世界ランカークラスになると個室が与えられますが、それ以外は20人くらい居たかと思いますがジム2階の20畳ほどの板の間に雑魚寝しています。後ろの衣装ケースだけが各個人の私物入れです。

彼は僕の面倒を良く見てくれて、自分の横にスペースを作って、僕の寝場所を確保してくれたり、練習でも指導をしてくれたりしました。練習後の夜に2人でジムを抜け出してビリヤードやカラオケをしに遊びに行ったこともありました。

練習メニューは
・朝5時起床。ロードワーク12km。
・ジムに戻ってきてジムワーク。(1時間)
・掃除→水浴び→朝食の用意→朝食→後片づけ
・少年は学校に行きます。その他は自由時間。
・午後3時から午後のジムワーク。(3時間)
・掃除→水浴び→夕食の用意→夕食→後片づけ
・自由時間
・9時消灯、就寝。
とこんな毎日で日曜が休みだったと思います。

8才の少年も同じメニューをこなします。
厳しい練習が毎日続きますが彼らには底抜けの明るさがありました。
朝走っている時でも女の子を見つけると口笛をヒューヒユーと鳴らしてからかったりしてました。
かと思えば寺の前を走ると手を合わせてお辞儀したりと仏教国らしい信心深さもみせます。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/34-80ddb779

0件のトラックバック

4件のコメント

[C43] たくじろうさんは・・・

タイにも滞在したんだぁ。
僕もタイは大好きです、長期滞在はしたことがないのですが・・・。また行きタイなぁ。

[C46]

タイ良いですよね。「ア~ハンタイ、アローイ!」・・・たしか「タイ料理おいしい!」ってこうでしたよね。
  • 2006-12-19
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C47] タイ語

僕の知っている言語の中で、僕はタイ語がいちばん美しいと思っているんですよ~。
空港のアナウンスで英語の次にタイ語が流れると、うっとりとしてしまいます。
僕がよく行ってた当時は、タクシーにメーターがなくて「パッポンまでいくら?」「200バーツ」「高けぇ!」「ならいくら払う」「100バーツなら乗るけど」「んじゃ乗りな」というやりとりをしていました。
タイ語はこの程度なら出来る僕です。なお乗用車のタクシーには乗らず、バイクのタクシーに乗っていました。渋滞がひどくても、バイクなら進みますから。
そのタイにも14年ほど行ってません。

[C50]

ゲンさんカッコイイこと言いますね。特に女性のタイ語はきれいですよね。うっとりしちゃいますよね。
男性のタイ語はやさしいですね。ドスのきいたタイ語が想像できません。ヤクザな人たちはどんなしゃべり方をするのでしょうね。
僕はタイ語はぜんぜんダメで交渉はつたない英語でやってました。
バイクタクシーにも乗らず、優雅にトゥクトゥクに乗ってました。
14年も前となると、今はなきドンムアン空港の豪華な新ターミナルが作られる前でしょうか。
あんなに立派なもの作っておいてすぐに新しい空港作るなんてもったいないですよね。
  • 2006-12-19
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。