Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/353-b6aaa870

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1609] イメージですけど

スリーモンキーズって、当たらず触らずみたいであまり・・・大好き~。
世界各国で、そういう風に生きられたら楽だろうと思われているのかな?
日本独自の考えかと思ってたよ~。
  • 2008-06-30
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C1610] 凄い凝り性ですね

まずは三猿勉強になりました。ありがとうございます。
>そして、本日のM・パッキャオのベストマッチ。
フライから始めてアジア人初の四階級制覇です。
ライト級のD・ディアスを9RでKOでした。カウンターパンチャーとしての彼を初めて見ました。F・ローチが上手く教えて、内容は一方的、綺麗なBOXでした。いつも突然飛び込んでお許し下さい。

[C1611] Re:ほっくんパパさん

日本人の中でも三猿に対するイメージは違うのかもしれませんね。
「当たらず触らず」というより、変なものを見せない、聞かせない、言わせない・・・という道徳的なイメージを持っていました。
でも、何でこの3つで、しかも猿で表しているんでしょね。不思議です。
  • 2008-07-01
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1612] Re:KEN-SAN

あら~、それはすごいですね(^^)
軽量級のパッキャオがライト級で、しかもKOで4階級制覇するなんて。
間違いなくそれは歴史的なことですよね。
びっくりです。いつかライト級のパッキャオを見てみたいものです。
  • 2008-07-01
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1613] 何かに載るでしょう

勝手に来てホントすみません。ディアスってチャンピオンは前に出て打つ、押すタイプです。それに体力負けを周囲は懸念してましたが、軽いジャブでディアスの顔面は二度のドクターチェック。打つ瞬間だけ力を入れればパンチは切れるの典型でした。

[C1614] Re:KEN-SAN

僕がパッキャオを観たのは10年前の後楽園ホールでした。(その前座をジムの仲間が務めました)
パッキャオは当時OPBFフライ級のチャンピオン。
僕は「パッキャオ」という名前が気に入って、周りが日本人を応援しているのに、一人「パッキャオ~」と大声で応援していました。
てっきり、その時のぼり調子の若き日本人選手の踏み台になるのと思ってました。彼もパッキャオがここまでになる選手とは夢にも思わなかったでしょう。
機会あれば、パッキャオを観たくなりました。面白い情報ありがとうございました。
  • 2008-07-02
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1615] いつも勝手でこちらこそ

お忙しいのに相手していただきありがとうございます。ディアスという相手が体力で押して、接近戦で倒したのが下り坂?とはいえE・モラレスでした。
もう引退しましたが。トピックスがあればまた来ますね。

[C1616] 三猿は…。

伝説の彫刻師左甚五郎の作品だと言われています。
事実かどうかは疑わしいそうですが…。
doveたちの子供の頃は、そう習いましたよ。
左甚五郎の作品ゆえに…ということなのでしょうかね…。

[C1617] Re:dove-2さん

左甚五郎って知りませんでした。伝説の彫刻師というのに
「特別にそのレリーフが優れたものとは思いません」なんて書いちゃいましたよ(^^;)
審美眼ないのがバレバレですね。

**************

左甚五郎を調べてみましたら、三猿じゃなくって東照宮の眠り猫を作ったように言われているようですよ。
ネズミの大量発生に困って左甚五郎に猫の彫刻を作らせたところネズミの数が激減したとか。
眠り猫は別料金だったから見ませんでした~!
  • 2008-07-04
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1618] 事実は…。

分からないそうなんです…。
眠り猫伝説も有名ですが、三猿も左甚五郎の作品とは言われているんです。
幾つか他にも作品があるそうですよ。
よかったら調べてみてください。
  • 2008-07-04
  • dove-2
  • URL
  • 編集

[C1619] Re:dove-2さん

ホントですね。
三猿も甚五郎作と言われていました。
すみません。よく調べもせずに。
甚五郎を僕は知りませんでしたが、不思議な・・・、まさに「伝説」の彫刻師だったんですね。
勉強になりました。ありがとうございました。
  • 2008-07-05
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

何故に有名な日光の三猿。 #352

日光というと「見ザル、聞かザル、言わザル」を連想します。
先日、在日アメリカ人に日光に行くと話したところ、彼は日光に行ったことがありませんが、最初に口にしたのも「ミザル、キカザル・・・モンキー」でした(^^;)

日光にこの三猿はどのようにあるのでしょうか?

三猿は、神厩舎という東照宮では漆を塗っていない唯一の素木造りの建造物に彫刻がしてあります。
3monkey.jpg

派手な造りの日光の建造物の中では、場違いに思えるほどに質素な木造の建物です。
神厩舎というのは馬小屋ですから、派手にする必要はなかったのかもしれません。

猿は馬を守ると言われていることから、猿の彫刻がしてあるそうです。
だからと言って、見ザル、聞かザル、言わザルの三猿の彫刻が一つあるわけではなく、人の一生を猿のそれに模して、猿の一生が8つのレリーフで描かれています。
その8つのレリーフのうちの1つが、写真の見ザル、聞かザル・・・の三猿のレリーフです。
たった、それだけです。

素木造りの馬小屋の彫刻ですので、特別にそのレリーフが優れたものとは思いません。
結局、日光の三猿を直接見ても、何故に日光の三猿が有名なのか分かりませんでした。


「見ザル、聞かザル、言わザル」という語呂合わせもあって三猿は日本独自のものかと思われますが、世界各地にあるようです。
東南アジアや中国の雑貨店にもあったことを覚えています。

西洋にも“Three wise monkeys”といって三猿の置物があるようです。
世界の三猿の置物をコレクションしている人のHPがありましたので、見てみるとアフリカにもあるようですね。

ますます謎が深まる三猿です。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/353-b6aaa870

0件のトラックバック

11件のコメント

[C1609] イメージですけど

スリーモンキーズって、当たらず触らずみたいであまり・・・大好き~。
世界各国で、そういう風に生きられたら楽だろうと思われているのかな?
日本独自の考えかと思ってたよ~。
  • 2008-06-30
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C1610] 凄い凝り性ですね

まずは三猿勉強になりました。ありがとうございます。
>そして、本日のM・パッキャオのベストマッチ。
フライから始めてアジア人初の四階級制覇です。
ライト級のD・ディアスを9RでKOでした。カウンターパンチャーとしての彼を初めて見ました。F・ローチが上手く教えて、内容は一方的、綺麗なBOXでした。いつも突然飛び込んでお許し下さい。

[C1611] Re:ほっくんパパさん

日本人の中でも三猿に対するイメージは違うのかもしれませんね。
「当たらず触らず」というより、変なものを見せない、聞かせない、言わせない・・・という道徳的なイメージを持っていました。
でも、何でこの3つで、しかも猿で表しているんでしょね。不思議です。
  • 2008-07-01
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1612] Re:KEN-SAN

あら~、それはすごいですね(^^)
軽量級のパッキャオがライト級で、しかもKOで4階級制覇するなんて。
間違いなくそれは歴史的なことですよね。
びっくりです。いつかライト級のパッキャオを見てみたいものです。
  • 2008-07-01
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1613] 何かに載るでしょう

勝手に来てホントすみません。ディアスってチャンピオンは前に出て打つ、押すタイプです。それに体力負けを周囲は懸念してましたが、軽いジャブでディアスの顔面は二度のドクターチェック。打つ瞬間だけ力を入れればパンチは切れるの典型でした。

[C1614] Re:KEN-SAN

僕がパッキャオを観たのは10年前の後楽園ホールでした。(その前座をジムの仲間が務めました)
パッキャオは当時OPBFフライ級のチャンピオン。
僕は「パッキャオ」という名前が気に入って、周りが日本人を応援しているのに、一人「パッキャオ~」と大声で応援していました。
てっきり、その時のぼり調子の若き日本人選手の踏み台になるのと思ってました。彼もパッキャオがここまでになる選手とは夢にも思わなかったでしょう。
機会あれば、パッキャオを観たくなりました。面白い情報ありがとうございました。
  • 2008-07-02
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1615] いつも勝手でこちらこそ

お忙しいのに相手していただきありがとうございます。ディアスという相手が体力で押して、接近戦で倒したのが下り坂?とはいえE・モラレスでした。
もう引退しましたが。トピックスがあればまた来ますね。

[C1616] 三猿は…。

伝説の彫刻師左甚五郎の作品だと言われています。
事実かどうかは疑わしいそうですが…。
doveたちの子供の頃は、そう習いましたよ。
左甚五郎の作品ゆえに…ということなのでしょうかね…。

[C1617] Re:dove-2さん

左甚五郎って知りませんでした。伝説の彫刻師というのに
「特別にそのレリーフが優れたものとは思いません」なんて書いちゃいましたよ(^^;)
審美眼ないのがバレバレですね。

**************

左甚五郎を調べてみましたら、三猿じゃなくって東照宮の眠り猫を作ったように言われているようですよ。
ネズミの大量発生に困って左甚五郎に猫の彫刻を作らせたところネズミの数が激減したとか。
眠り猫は別料金だったから見ませんでした~!
  • 2008-07-04
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1618] 事実は…。

分からないそうなんです…。
眠り猫伝説も有名ですが、三猿も左甚五郎の作品とは言われているんです。
幾つか他にも作品があるそうですよ。
よかったら調べてみてください。
  • 2008-07-04
  • dove-2
  • URL
  • 編集

[C1619] Re:dove-2さん

ホントですね。
三猿も甚五郎作と言われていました。
すみません。よく調べもせずに。
甚五郎を僕は知りませんでしたが、不思議な・・・、まさに「伝説」の彫刻師だったんですね。
勉強になりました。ありがとうございました。
  • 2008-07-05
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。