Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/363-b90ca6ce

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

抱拳礼の小話 #362

sinjyuku0802.jpg

今日の東京も暑かったですね。
夕方5時過ぎでも32℃を新宿駅の温度計は指していました。

写真は、新宿エルタワーから池袋方向にカメラを向けて撮ってみました。
手前の赤い建物は新宿プリンスホテルで、左の遠方にサンシャイン60が霞んで見えます。
改めて東京を見ると、ゴチャゴチャとした美しくない街ですね。

新宿には太極拳の練習です。

太極拳の始めと終わりには「抱拳礼」という右拳を左手(掌)に当てる挨拶をします。
オリックス時代のイチローが出塁したときに、そんなポーズをしていましたよね。

左手の4本の指はまっすぐに立てて、両親や兄弟・友人を表します。
親指は自分を表し、このとき親指を折り曲げてへりくだっていることを表します。

右手の拳は、攻撃の象徴です。
これを左手の掌に当てて封じ、敵意がないことを表します。

「抱拳礼」には、こんな意味があるそうですが、「清の時代」には、別の意味で使われていたそうです。

中国の「清」は、満州民族が支配していた国です。
漢民族の人たちにとっては面白くありません。

そこで、この「抱拳礼」は、左手(掌)を少し丸ませて「月」を表し、右手の拳は「日」を表して、この2つを合わせることで「明」を意味し、漢民族が政権を執っていた「明」の時代の復活を願う「反清復明」のポーズとして漢民族の人たちの間で使われていたそうです。

太極拳トリビア情報でした。

あっという間に8月になってしまいました。
仕事に追われる日々が続いています。いつ抜け出せるのでしょうか?

こんな生活は面白くないですが、サラリーマンですから
こういう時もあります。仕方ありません。






スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/363-b90ca6ce

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。