Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/392-ea3925de

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1887]

おお!バ-バ-のほうは、なかなか順調に
いってるじゃないですか!楽しいやり取りで
笑っちゃうわ!
新聞が読めちゃうたくちゃん、いいなぁ。
私は、活字が並んでると
拒絶反応おこしそう!


カ-スト制度があるお国柄ですから、
貧困層からの脱却は、難しいと思いますが
教育が、段々に変えていってくれると
思います。女の子を、不憫に思って死なせちゃうって・・・悲しいね。その方が、幸せに思ってしまうくらい、生きていくのが大変なことなのね。
知らないこと、知ろうともしないことがありすぎて、
情けないわぁ。

[C1888] Re:みるき- さん

バーバーは予期せぬ展開でしたが、いい感じになってます。でも、しょせん10ドルの客ですので、今後どうなるか分かりませんけどね(^^;)
新聞は、正確に読もうとすると時間が掛かりますが、概要が分かるぐらいなら、決して早くはないですが読めるようになりました。
そうですね。インドは、カースト制度がある国ですので、いろんな困難があるんでしょうね。
経済が飛躍的に発展する中で、外圧もあってやがて薄くなって行くとは思いますが、少しでも早い変革を望みます。
  • 2008-12-15
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1889] 床屋さん

注文どおりに切ってくれるようになってよかったですね~…。
カースト制は絶対的なものだと聞いたことが…。 職種もカーストに従って決まるそうですから…。
そういうものがなくなったはずの我国でさえ…未だ差別があるんですから…外圧・教育でも…なかなか難しいですよ…。

[C1890] Re:dove-2さん

はい。まずは安心しました。
でも、実はまだ落とし穴がありました(^^;)
襟足なぞ気にしたことがありませんでしたが、
カミさんに言わせると変なんだそうです。
変だからと言っても、どう注文したらよいのかがわかりませんので、…襟足は放置しようと思います。
表向きはカースト制度はないハズですが、根深く残っているようですね。
でも、改善されて、日本ぐらいの差別で済むならば、インドの被差別層の人は大喜びすると思いますよ。
※ 決して、日本の差別問題を軽視しているわけではありません。
  • 2008-12-17
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1891]

たくちゃん!お忙しそうですね。
体に気をつけてね!
アメリカで年越しになるってことね。

TAIJINDESUは、寿司バーコーナーもありまして、タイ料理と和食の店として
非常にいいネーミングだと感心しちゃいます。
それが分かるのは、日本人だけだと思うけどね!あはは

主人は、冷凍の納豆じゃない納豆を
美味しい!といって食べてましたよ。
思いきり、卵かけごはんも食べてました。
安上がりな、御馳走です!
  • 2008-12-28
  • みるきー
  • URL
  • 編集

[C1892] Re:みるき- さん

まだ来たばかりでもあるので、こちらで年越しです。
今後も日本に一時帰国することになるかは不明です。
こちらでは寿司は人気料理なので、寿司メニューのある中華料理屋もよく目にします(^^;)

ご主人、単身赴任ご苦労さまでした。
ふふふ、卵かけご飯ですか?
まだ、やってませんが、こちらの卵でもできると思いますよ。
でも、日本で、家族と一緒に食べる卵かけご飯は格別なんだと思います(^^)
  • 2008-12-30
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1893] 良い年を…。

間もなく2009年…御世話になりました…。
来年も宜しく御願い申し上げます…。
良い年を御迎えください…。

[C1894] Re:dove-2さん

doveさん、2008年もお世話になりました。
2009年もよろしくお願いします。
doveさんにとって素敵な年となるようお祈り致します。
  • 2009-01-01
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

床屋のおばちゃんとの良好な関係 #389

BlueSky200812

今朝は快晴です。
こちらの青空は深く澄んでいて、こちらに来て気に入っているものの一つです。
気温は、0℃前後。葉もすっかり落ちていよいよ冬本番です。


散髪にいつものコーリアン・バーバーに行ってきました。
今日で4回目になります。

3回目の時の話から入りましょう。
2回目の時に何とか注文したとおりの髪型に切ってもらうことができ、果たしてこの調子で次も切ってもらえるのか期待と不安の半々で行ったものでした。

店に入ると新聞を読んでた店主のオヤジさんが立ち上がって散髪の準備を始めました。
後ろに居たおばちゃんを指さして、「彼女にお願いしても良いですか?」と言うと、オヤジさんは驚いた顔をして、おばちゃんの方を向くと、おばちゃんが嬉しそうに得意気な顔をしています。

オヤジさんとおばちゃんは夫婦のようで、他に一人、インド人とみられる年寄りのおじちゃんの3人体制でこの床屋を回しています。
おばちゃんのこの店での順位は3番手のようですが、その3番手のおばちゃんを僕が指名したことになり、おばちゃんはかなり嬉しそうでした。

自分に付いたお客ということで、かなり気を遣ってくれているのが分かります。
いきなり「この間のは、短すぎなかった?大丈夫だった?」と。
「大丈夫でしたよ。今回も同じようにお願いしますね。」と言って、まぁ、特に問題なく、無事に3回目の散髪を終えたものでした。


KoreanBarbar2.jpg


今朝のコーリアン・バーバーは盛況です。
3人に客が付いていて、さらに待っている客も数人居ます。
僕も待合席に座って、置いてあった新聞を読みながらおばちゃんが空くのを待っていました。

おばちゃんは、ニコニコと僕を歓待してくれ、「前と同じように切れば良いのよね。」と
言ってくれたので「お願いします。」と言いました。

「もみあげの長さが左右違っていたから、合わせておいたから。」と得意気に言ってきます。
・・・左右違うように切ったのはおばちゃんなんですが、気付いてくれたようです。
よかった(^^;)
「ありがとうございます。」というと嬉しそうな顔をします。

切り終えると「アリガトウ、ゴジャイマシタ。・・・合ってますか?」と言ってきます。
「合ってますよ。どこで日本語覚えたんですか?」
「テレビで観ました・・・」と。
僕も「カムサハンミダ」と言って$10とチップを渡して、無事に4回目を終えました。


さて、今日のコーリアン・バーバーで待合席に置いてあったワシントン・ポストを見てると
「これが彼女の運命」と題されたインドの貧困層の15歳の少女の記事がありました。

彼女は10歳の時に学校に行くのをやめて、家族のために働いています。
彼女の母親いわく、彼女には弟が2人居て、3人の子供をみんな学校に行かせる余裕はないので
彼女は女の子だから犠牲になってもらったと。

インドの貧困層では、男子の出生率の方が高いそうです。
それは、女の子が生まれると、不憫に思って母親が死なせてしまうから。

学生時代の時に読んだ松井やよりさんの本を思い出しました。
あれから20年も経つのに、インドは変わっていないのかな?と思いましたが
記事によると、少しずつは変化しているようです。
なぜなら、その15歳の少女は10歳までは学校に行っていたので、母親たちの世代とは違い、今でも少しは字の読み書きができるから。

急成長を続けるインドですが富裕層と貧困層の貧富の差は激しいものです。
更なる教育の普及を期待します。
貧困を救済する有効な手段は教育であると思っていますので。




スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/392-ea3925de

0件のトラックバック

8件のコメント

[C1887]

おお!バ-バ-のほうは、なかなか順調に
いってるじゃないですか!楽しいやり取りで
笑っちゃうわ!
新聞が読めちゃうたくちゃん、いいなぁ。
私は、活字が並んでると
拒絶反応おこしそう!


カ-スト制度があるお国柄ですから、
貧困層からの脱却は、難しいと思いますが
教育が、段々に変えていってくれると
思います。女の子を、不憫に思って死なせちゃうって・・・悲しいね。その方が、幸せに思ってしまうくらい、生きていくのが大変なことなのね。
知らないこと、知ろうともしないことがありすぎて、
情けないわぁ。

[C1888] Re:みるき- さん

バーバーは予期せぬ展開でしたが、いい感じになってます。でも、しょせん10ドルの客ですので、今後どうなるか分かりませんけどね(^^;)
新聞は、正確に読もうとすると時間が掛かりますが、概要が分かるぐらいなら、決して早くはないですが読めるようになりました。
そうですね。インドは、カースト制度がある国ですので、いろんな困難があるんでしょうね。
経済が飛躍的に発展する中で、外圧もあってやがて薄くなって行くとは思いますが、少しでも早い変革を望みます。
  • 2008-12-15
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1889] 床屋さん

注文どおりに切ってくれるようになってよかったですね~…。
カースト制は絶対的なものだと聞いたことが…。 職種もカーストに従って決まるそうですから…。
そういうものがなくなったはずの我国でさえ…未だ差別があるんですから…外圧・教育でも…なかなか難しいですよ…。

[C1890] Re:dove-2さん

はい。まずは安心しました。
でも、実はまだ落とし穴がありました(^^;)
襟足なぞ気にしたことがありませんでしたが、
カミさんに言わせると変なんだそうです。
変だからと言っても、どう注文したらよいのかがわかりませんので、…襟足は放置しようと思います。
表向きはカースト制度はないハズですが、根深く残っているようですね。
でも、改善されて、日本ぐらいの差別で済むならば、インドの被差別層の人は大喜びすると思いますよ。
※ 決して、日本の差別問題を軽視しているわけではありません。
  • 2008-12-17
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1891]

たくちゃん!お忙しそうですね。
体に気をつけてね!
アメリカで年越しになるってことね。

TAIJINDESUは、寿司バーコーナーもありまして、タイ料理と和食の店として
非常にいいネーミングだと感心しちゃいます。
それが分かるのは、日本人だけだと思うけどね!あはは

主人は、冷凍の納豆じゃない納豆を
美味しい!といって食べてましたよ。
思いきり、卵かけごはんも食べてました。
安上がりな、御馳走です!
  • 2008-12-28
  • みるきー
  • URL
  • 編集

[C1892] Re:みるき- さん

まだ来たばかりでもあるので、こちらで年越しです。
今後も日本に一時帰国することになるかは不明です。
こちらでは寿司は人気料理なので、寿司メニューのある中華料理屋もよく目にします(^^;)

ご主人、単身赴任ご苦労さまでした。
ふふふ、卵かけご飯ですか?
まだ、やってませんが、こちらの卵でもできると思いますよ。
でも、日本で、家族と一緒に食べる卵かけご飯は格別なんだと思います(^^)
  • 2008-12-30
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1893] 良い年を…。

間もなく2009年…御世話になりました…。
来年も宜しく御願い申し上げます…。
良い年を御迎えください…。

[C1894] Re:dove-2さん

doveさん、2008年もお世話になりました。
2009年もよろしくお願いします。
doveさんにとって素敵な年となるようお祈り致します。
  • 2009-01-01
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。