Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/406-ff7c2292

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1986]

どうだろう? 「childish」だったからこそ、あれだけのエンターティナーだったんじゃないのかな。
もしMJが分別と常識のある大人だったら、世界中の人々を魅了する音楽は、作れなかったんじゃないかと思います。
でも、現実は容赦なくふるいかかり、夢と理想と現実の折り合いがつかなくなる限界が来たんじゃないかと。
神様はMJに「もういいよ。こちらに帰っておいで」と、連れて行ったんじゃないかしら。
尾崎豊やフレディ・マーキュリーが亡くなったときと、なんとなく、かぶるような気がします。
  • 2009-07-02
  • 悶℃半
  • URL
  • 編集

[C1987] 人種同一性障害

もしかしたら、僕も人種同一性障害かもしれません。
たくじろうさんもでしょ?! 日本人であってはいけない二人だもの。

MJって、僕とそんなに歳がかわらないんだねっ。ビックリ。
子供じみた発想、なんとなく理解出来ちゃうなっ。

[C1988] Re:悶℃半さん

> 「childish」だったからこそ、あれだけのエンターティナーだったんじゃないのかな。
確かにそういう一面はあるかもしれませんね。
でも、精神的に成長することと無邪気な憧憬をもつことは相反することとは思いません。
神様は「魂の成長」を望むものと思っています。
「魂の成長」が人類の平和を創るはずだから。
しかし、「大人」と「精神的に成長した人」が一致していないのが現実の世界なんだとも思っています。
戦争や差別などはまさにその産物ではないかと思います。
> 夢と理想と現実の折り合いがつかなくなる限界が来たんじゃないかと。
・・・そこは、踏ん張って欲しかったところです(^^;)
でも、それができた時にあのエンターテイナー性は失われてしまいたくはないですが・・・、
そこはスーパースターとして乗り越えて欲しかったと・・・凡人は勝手に言いますが、
僕の想像をはるかに超えているのでしょうね。
僕も尾崎豊とかぶりましたよ。
高校生のときは熱中してて、コンサートにも行ったものでした。
でも、亡くなった時は、尾崎豊が「大人」になった時の歌を聴きたかったと
残念に思ったものでした。
ふつうの大人ではなくて、十代の尾崎豊が納得できる「大人の尾崎豊」の歌を。
二十代の時は二十代の歌を歌っていたと思います。
その延長で、三十代、四十代・・・の歌も聞きたかったものです。
  • 2009-07-05
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1989] Re:ほっくんパパさん

ははは、僕も日本人であってはいけないのですか(^^;)
僕は人種にこだわらないから、何でもOKですよ。
パバロッティーはコンサートの前にはアスリートのように体調管理していたようですが
MJもそうだったんだと思います。
あらためて歳を聞くと驚きますね。
ファンは歳とって、動きや歌にハリのなくなったMJは観たくないでしょう。
亡くなる2日前のリハーサル映像を観るとファンを失望させないパフォーマンスを見せていたと思います。
賞讃に価することです。
  • 2009-07-05
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

MJについて #401

michael_jackson1.jpg

2009年6月25日(木)、マイケル・ジャクソンが亡くなりました。
テレビを付けるとマイケル・ジャクソン関係の報道ばかりです。
ニュース専門チャンネルのCNNもマイケル・ジャクソン一色です。
改めて彼の歌っている映像を観ると、やはり彼は才能のある素晴らしいミュージシャンであったのだと思いました。

追悼番組のテレビ映像を観て、新たにファンになった人も多いのではないでしょうか。
実際、彼が亡くなってからCD等の売上はうなぎ登りであるようです。
「Amazon.com」ではダウンロードされたアルバムトップ50の中にマイケル・ジャクソンの15のアルバムが入り、「iTunes」ではトップ10のうち7アルバムを占めたそうです。

彼の死後、(確か)追悼に集まったファンにマイクを向けたテレビでこんな回答をした人がいました。
「彼は偉大だ。彼のことは大好きだ、でも嫌いでもある。彼を誇りに思っている、でも恥にも思っている。」
40台半ばぐらいの黒人の男性の発言です。

マイケル・ジャクソンは自分が黒人であることをどう思っていたのでしょう。
性同一性障害というものがありますが、もし同じように人種同一性障害というものがあるとするならば、彼はそういうものではなかったのではないのかなと思ってしまいます。

僕は彼のファンではないので、細切れに観ることのあったテレビなどでの彼の音楽活動以外の報道をとおしてしか知りませんが、そこから僕が感じたのは、彼はとても「childish」であるということ。
彼自身もピーターパン症候群を自認していたかと思いますが、それは精神の成長を拒んでいる子どもじみたわがままのように思えました。

どんなに(悪い意味で)大人になりたくなくても、時を重ねれば(齢をとれば)、(良い意味で)大人になる(達観するようになる)ものと僕は思っています。遅かれ早かれ。

50歳という時間が彼にとって大人になるのにまだ足りなかったとするならば、もっと永く生きて(良い意味での)大人になって欲しかったものと思います。
そんな時には、もっと普遍的な影響を世界に与えることができたのじゃないのかなと思います。





スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/406-ff7c2292

0件のトラックバック

4件のコメント

[C1986]

どうだろう? 「childish」だったからこそ、あれだけのエンターティナーだったんじゃないのかな。
もしMJが分別と常識のある大人だったら、世界中の人々を魅了する音楽は、作れなかったんじゃないかと思います。
でも、現実は容赦なくふるいかかり、夢と理想と現実の折り合いがつかなくなる限界が来たんじゃないかと。
神様はMJに「もういいよ。こちらに帰っておいで」と、連れて行ったんじゃないかしら。
尾崎豊やフレディ・マーキュリーが亡くなったときと、なんとなく、かぶるような気がします。
  • 2009-07-02
  • 悶℃半
  • URL
  • 編集

[C1987] 人種同一性障害

もしかしたら、僕も人種同一性障害かもしれません。
たくじろうさんもでしょ?! 日本人であってはいけない二人だもの。

MJって、僕とそんなに歳がかわらないんだねっ。ビックリ。
子供じみた発想、なんとなく理解出来ちゃうなっ。

[C1988] Re:悶℃半さん

> 「childish」だったからこそ、あれだけのエンターティナーだったんじゃないのかな。
確かにそういう一面はあるかもしれませんね。
でも、精神的に成長することと無邪気な憧憬をもつことは相反することとは思いません。
神様は「魂の成長」を望むものと思っています。
「魂の成長」が人類の平和を創るはずだから。
しかし、「大人」と「精神的に成長した人」が一致していないのが現実の世界なんだとも思っています。
戦争や差別などはまさにその産物ではないかと思います。
> 夢と理想と現実の折り合いがつかなくなる限界が来たんじゃないかと。
・・・そこは、踏ん張って欲しかったところです(^^;)
でも、それができた時にあのエンターテイナー性は失われてしまいたくはないですが・・・、
そこはスーパースターとして乗り越えて欲しかったと・・・凡人は勝手に言いますが、
僕の想像をはるかに超えているのでしょうね。
僕も尾崎豊とかぶりましたよ。
高校生のときは熱中してて、コンサートにも行ったものでした。
でも、亡くなった時は、尾崎豊が「大人」になった時の歌を聴きたかったと
残念に思ったものでした。
ふつうの大人ではなくて、十代の尾崎豊が納得できる「大人の尾崎豊」の歌を。
二十代の時は二十代の歌を歌っていたと思います。
その延長で、三十代、四十代・・・の歌も聞きたかったものです。
  • 2009-07-05
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1989] Re:ほっくんパパさん

ははは、僕も日本人であってはいけないのですか(^^;)
僕は人種にこだわらないから、何でもOKですよ。
パバロッティーはコンサートの前にはアスリートのように体調管理していたようですが
MJもそうだったんだと思います。
あらためて歳を聞くと驚きますね。
ファンは歳とって、動きや歌にハリのなくなったMJは観たくないでしょう。
亡くなる2日前のリハーサル映像を観るとファンを失望させないパフォーマンスを見せていたと思います。
賞讃に価することです。
  • 2009-07-05
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。