Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/411-9194f932

-件のトラックバック

-件のコメント

[C2010]

>自慢気に話すおばちゃんの後ろでおじさんが苦い顔をしてました。たぶん、おじさんが雑草取りなど手を掛けているのでしょう(^^;)<
笑いました。
世の中のあらゆる分野のペアというものには、えてしてこんなバランス関係が必ず存在するのはなぜなんでしょうねぇ(笑)
まあ、うちもご多聞にもれずですけどね(苦笑)

車で長距離移動旅、私には到底無理。だって酔うから(笑)
旦那悶℃、ぺーぱーだし。
私ら一度もふたりで旅行したことありましぇん。計画性がないので。
たくじろさんご夫婦がうらやましいですわー(あ、おカミさんにはおカミさんなりの、、、(以下自粛))
  • 2009-09-11
  • 悶℃半
  • URL
  • 編集

[C2011] Re:悶℃半さん

ふふふ、夫婦はそんなデコボコ感が良いのかもしれません。
僕がそんなことを言ってはカミさんに怒られそうですが(^^;)
あらっ、悶℃半さんとこは一緒に旅行されたことがないんですか?
まぁ、夫婦で過ごす時間が人生の旅のようなものかもしれませんから、それはそれで良いのではないかと思います。

>たくじろさんご夫婦がうらやましいですわー
カミさんの苦労はご存知かと思いますので、そういうカキコは自粛された方が・・・(^^;)
  • 2009-09-11
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C2013]

たくみ wonderful !!
  • 2009-09-12
  • st. anna
  • URL
  • 編集

[C2015] Re:st. annaさん

  • 2009-09-13
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

いざ、ナイアガラ #405

DuBois-Niagara.jpg

DuBoisの町をを出て、一路ナイアガラへ。
300km弱、約4時間のドライヴです。

ナイアガラの手前にバッファローという町があります。
この町で、バッファロー・ウィングという料理が誕生したんだそうです。

バッファロー・ウィングとは、アメリカを代表する(ジャンク)料理のひとつで、何てことはなく、ピリ辛風味の手羽先の唐揚です。ビールのおつまみ的にバーなどで提供されています。

ただの手羽先の唐揚と言ってしまえばそれまでですが、お約束事として途中、バッファローでバッファロー・ウィングを食べて通過。 以上。

ここまで来れば、ナイアガラはもう目の前です。
ナイアガラは、アメリカとカナダの国境の町です。

アメリカとカナダの両方にナイアガラ・フォールズという同じ名前の別の町がありますが、国境を越えてカナダの方に行きます。

両国をレインボー・ブリッジがつなぎます。橋の中間地点が国境です。
車に乗りながら入国審査を終えて、カナダに入国。

カナダに入ったというのに目の前にはPlanet HollywoodやHard Rock Cafeがあって、ビカビカのラスベガスばりの繁華街が広がり、ここはホントにカナダなの?と残念に思ってしまいます。

繁華街を通り越して、今日の宿は、Victorian CharmというB&Bです。

名前のとおりイギリス・ビクトリア調の建物で、カナダには18世紀のイギリス統治下の影響を受けた建物が散見されます。

このB&Bには、今朝まで16人の宿泊客が居たそうですが、今晩は僕たち夫婦2人だけ。
ここの宿主は70歳のおばちゃんなのですが元気ハツラツです。

旅と山登りが好きで、教職を退職後に世界を旅して、マチュ・ピチュ(標高2,057m)やバリ島のアグン山(標高3,142m)に登ったりしており、あとは富士山とキリマンジャロに登るのが夢なんだそうです。

朝食の野菜は、自家菜園で作られています。
「勝手に生やしているだけの完全なオーガニックよ!」と自慢気に話すおばちゃんの後ろでおじさんが苦い顔をしてました。たぶん、おじさんが雑草取りなど手を掛けているのでしょう(^^;)

庭には、ウサギが4匹カゴの中に居ました。
毛並みが綺麗でとてもカワイイのに食用なんだそうです。流石フランス語圏。

日曜の晩には、ナイアガラの滝の上に花火が上がります。
ということで、ナイアガラの滝の前のレストランのテラス最前列をおばちゃんが予約してくれました。
レストランまでは徒歩10分。特等席で夕食と花火を堪能しました。
レストランは、料理ではなく場所で客を集めているので、料理はいまいちでしたが花火とライトアップされたナイアガラの滝を楽しみました。




B&Bの僕らの隣の部屋をのぞくと、この部屋にも室内にバスタブがありました。
日本人には考えられない発想ですよね。

V-Charm.jpg






スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/411-9194f932

0件のトラックバック

4件のコメント

[C2010]

>自慢気に話すおばちゃんの後ろでおじさんが苦い顔をしてました。たぶん、おじさんが雑草取りなど手を掛けているのでしょう(^^;)<
笑いました。
世の中のあらゆる分野のペアというものには、えてしてこんなバランス関係が必ず存在するのはなぜなんでしょうねぇ(笑)
まあ、うちもご多聞にもれずですけどね(苦笑)

車で長距離移動旅、私には到底無理。だって酔うから(笑)
旦那悶℃、ぺーぱーだし。
私ら一度もふたりで旅行したことありましぇん。計画性がないので。
たくじろさんご夫婦がうらやましいですわー(あ、おカミさんにはおカミさんなりの、、、(以下自粛))
  • 2009-09-11
  • 悶℃半
  • URL
  • 編集

[C2011] Re:悶℃半さん

ふふふ、夫婦はそんなデコボコ感が良いのかもしれません。
僕がそんなことを言ってはカミさんに怒られそうですが(^^;)
あらっ、悶℃半さんとこは一緒に旅行されたことがないんですか?
まぁ、夫婦で過ごす時間が人生の旅のようなものかもしれませんから、それはそれで良いのではないかと思います。

>たくじろさんご夫婦がうらやましいですわー
カミさんの苦労はご存知かと思いますので、そういうカキコは自粛された方が・・・(^^;)
  • 2009-09-11
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C2013]

たくみ wonderful !!
  • 2009-09-12
  • st. anna
  • URL
  • 編集

[C2015] Re:st. annaさん

  • 2009-09-13
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。