Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/422-1b7c08e9

-件のトラックバック

-件のコメント

[C2040] 人間の成長

たくじろうさんの後輩であれば、僕と同じ年代でしょうか?! オイオイ!!
若くても、しっかりした考えを持たれて方っているんですね。

「自分にどれくらいのことができるか。
自分がどれくらい価値のある人間になれるか。
ガキの頃からいつもそんなことばかり考えていた。
でも、今は違う。」


今も、そんな事を考えてる自分が恥ずかしくなりました。
でも、そんな自分も大好きです。 (^^V

[C2041] Re:ほっくんパパさん

これからという時に怪我で引退し、彼が引退した後、自分に負けた
選手が2人も世界タイトルに挑戦しています。
さぞ辛い思いでいるだろうと思ったら、心配する
僕が愚かであったと思うほど、彼は前向きに真剣に生きていました。

僕も、パパさんと同じです。
「僕に何ができるだろう」と思っています。
僕もまだ彼の心境には達していないんだろうと思いました。
彼は、指導者でもあるので「何を自分は人に与えることができるのだろう」
という心境にあるのかなと思いました。
立派な青年です。
  • 2009-12-04
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

応援したくなる人 #416

Hatakeyama.jpg
久しぶりに後輩のブログを見ました。
後輩と呼ぶには憚られるものもありますが、僕が札幌に居た時に血と汗を流したボクシング・ジムに僕が辞めた後にやってきて、その後、日本チャンピオンになった青年です。

彼が日本チャンピオンになった試合では、セコンドを手伝わせてもらいました。
僕が、元チャンピオンの技術云々を評価できる立場にはありませんが、彼のボクシング技術は決して上手くはありませんでした(^^;)

しかし、彼のボクシングには人を惹きつけるものがありました。
チャンピオンになるためのボクシング技術を身につけるには人並み外れた努力を要するものですが、彼にはその技術は残念ながら不十分だったかと思います。
しかし、それを上回る体力と魂を身につけており、それにはもちろん人並み外れた努力と生き方が要求されます。

金メダルを取ったり、その道のトップに登りつめながらも人としてどうかと思えてしまう人が多いなか、彼は見習わせてもらいたくさせられる人間です。

彼は4年前、24歳の時に試合後に網膜はく離が判明して引退し、現在は後進の指導に当たっています。
ジムのHPを見ると、何と「トレーナー」からいつの間にか「会長」になっていました。
僕が世話になった前会長もその家族も、彼には喜んで道を譲ったのでしょう。

こちらに来て初めて見たので、1年ぶり以上に彼のブログを見ることになりましたが、改めて立派な青年だと感心させられましたので、彼のブログを引用させてもらいます。


自分にどれくらいのことができるか。
自分がどれくらい価値のある人間になれるか。
ガキの頃からいつもそんなことばかり考えていた。
でも、今は違う。

どれだけ自分の価値に気づき、広げていけるか。
広げていくことに、どれくらい命を賭けていけるか。
どれくらい真剣になれるか。

これはほんと難しい…。(苦笑)

真剣になるのと馬鹿になるのは微妙に違う。
死ぬ気になるのと、死を覚悟するのは違う。
真剣になればなるほど、きっと生きたくなる。
真剣になればなるほど、価値は広がり、いい仲間に出逢い、いい音楽に出逢える。

自分のやっていることが、どれくらい価値のあることか?

最終的にそれは自分しかわからないと思うし、自分が決めればいいと思う。
人から賞賛されれば、それは素晴らしいことだと思うし、見向きもされなければ、自分で自分を褒め称えればいい。
虚しいことじゃない。

自分の価値を一番知っているのは自分だから。



彼がいい選手を育てられるかどうかわかりませんが、いい人間は育てられるだろうと思います。



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/422-1b7c08e9

0件のトラックバック

2件のコメント

[C2040] 人間の成長

たくじろうさんの後輩であれば、僕と同じ年代でしょうか?! オイオイ!!
若くても、しっかりした考えを持たれて方っているんですね。

「自分にどれくらいのことができるか。
自分がどれくらい価値のある人間になれるか。
ガキの頃からいつもそんなことばかり考えていた。
でも、今は違う。」


今も、そんな事を考えてる自分が恥ずかしくなりました。
でも、そんな自分も大好きです。 (^^V

[C2041] Re:ほっくんパパさん

これからという時に怪我で引退し、彼が引退した後、自分に負けた
選手が2人も世界タイトルに挑戦しています。
さぞ辛い思いでいるだろうと思ったら、心配する
僕が愚かであったと思うほど、彼は前向きに真剣に生きていました。

僕も、パパさんと同じです。
「僕に何ができるだろう」と思っています。
僕もまだ彼の心境には達していないんだろうと思いました。
彼は、指導者でもあるので「何を自分は人に与えることができるのだろう」
という心境にあるのかなと思いました。
立派な青年です。
  • 2009-12-04
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。