Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/433-c0b1e9af

-件のトラックバック

-件のコメント

[C2085]

ゴスペルのコンサートに行ける時間があって良かった!!
仕事だけに明け暮れてるのかと思ってました。

まさに魂のコンサートですね。
本場、米国でのゴスペル、聴いてみたいですよん。

[C2086] うわぁ!!

うわぁ!素晴らしいね~♪私が上京して、初めて聴いたライブがスティプルシンガーズだよ。まだメイビスも若かった。
その頃はGOSPELも何にも知らなかったけど、いつもお買い物に行ってたビルの最上階がライブハウスで気が付いたら、一人で中に入ってたの。
そして、知らない黒人のおじさんと一緒に踊ってたのよ。人見知りなのに。。
それは見えない糸に…意図に手繰り寄せられた感じ。

あ~今のメイビスの歌を生で聴いてみたいよ!!

たくじろくん、超うらやましい!!!

[C2087] 本場のゴスペル

いいですねぇ…迫力でしょうね。

すべてが仕事漬けじゃなくて、そういう機会を持てるってことは、多少なり気分転換ができてますね。
よかったよかった…。

  • 2010-04-27
  • dove-2
  • URL
  • 編集

[C2088] Re:ほっくんパパさん

たまたま仕事に区切りがついた時で、タイミングが
よかったことで行けました。
普段の行いは悪くはしてないつもりですので、
たまにはこういうこともあって欲しいものです。
ふふふ、パパさん。日本でも本場を凌ぐゴスペルが
聴けるじゃないですか(^-^)
  • 2010-04-27
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C2089] Re:HALさん

僕はメイビスがどこの誰かも知らずに歌を聴くことに
なりましたが、感動してしまいました。
瞬間力のある歌手なのだと思います。
リチャード・スモールウッドは、「このおじさん誰?有名なの?」
とカミさんに聞いてしまいました(^^;)
メイビスは、愛嬌のあるおばちゃんでもありました。
ギターソロの時に、舞台の後方の椅子に腰かけて
ハイヒールを脱いでくつろいでました(^^;)
  • 2010-04-27
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C2090] Re:dove-2さん

こういう機会を持てたことに感謝していますが、
もう少し、仕事から解放されたいところです(^^;)

・・・でも、やはり素直に感謝しています。
  • 2010-04-27
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

感動のメイビス・ステイプルス♪ #425

mavis.jpg

カミさんに誘われてコンサートを聴きに行きました。
「メイビス・ステイプルス(Mavis Staples)」という黒人の女性シンガーのコンサートです。
もちろん僕は知らないので、カミさんに聞くと「古いゴスペルを歌っている70歳ぐらいの女性」とのこと。

ワシントンDCに「ケネディー・センター」という国立芸術劇場があります。
ここでゴスペル週間として1週間にわたりゴスペルのコンサートがたくさん開催されました。
すごいビッグネームの人たちも出ていたようです。

この企画のすごいのは、メイン・コンサートの前に玄関ホールで無料コンサートを開催しており、
この無料コンサートにもビッグネームの人が出ており、「Total Praise」のRichard Smallwoodの時は1000人ぐらいの人が玄関ホールに集まりました。

ゴスペル週間の企画コンサートの観客のほとんどが黒人で、僕はステージと観衆の反応の両方を楽しみました。

メイビスのコンサートは、その企画の一つのコンサートかと思っていたら、何だか雰囲気が少し違います。

ケネディー・センターの中のテラス・シアターという500人規模の小さめのホールは、ほぼ満員ですが、観客はほとんどが白人で、しかもほとんどが年寄り・・・。
会場を間違ってしまったのかと思いましたが、チケットは入場の際にバーコードのチェックもされているし、座席も指定なので間違いはないはずです。

時間になりメイビスが登場すると、おじちゃん、おばちゃんも立ち上がって拍手喝さいで迎えてます。
メイビスはゴスペルの歌手というよりも、ジャズ・シンガーとして有名なようです。

なるほど、このおじちゃん・おあちゃんたちはジャズ・ファンなわけね、と勝手に納得してステージを観ていると、黒人の人種差別の話題やキング牧師の話などの話をして、観客も相槌を打っています。

実は、メイビスはキング牧師と親交があり、米国黒人の公民権運動に関するメッセージも数多く発しているようです。
この会場に集まった白人の人たちは、公民権運動に参加したリベラルな白人さんでもあるのかもしれません。

コンサート終了後、アンコールに応えて歌ったのが「We shall not be moved(私たち動きません)」。

歌の中で、語りが入ります。

南部でレストランに入りました。
いくら待ってもウェイトレスがきません。
しばらく待って、やっときたウェイトレスは
「あなた達のカラー(色)に食べさせるものはないわ」と言い、「出て行け」と言います。
わたし達が席を立たないでいると、警察を呼びました。
警察がわたし達を追い出そうとした時、わたし達が口にしたのは


と言って、サビの ♪ We shall not be moved ♪ と叫ぶように歌う声が、僕の脳味噌を打ち抜きました。

この歌は「We Shall Overcome」などと並んで米国黒人の公民権運動の時に歌われていたようです。
この歌が、YouTubeに載っているので、よろしかったら聴いてください。
  ↓
Mavis Staples“We shall not be moved”


メイビスはHALさんとダブルところがあり、HALさんもン十年後に、こんな感じで歌う日が来るのではと思いました。



*************************************

追記:

ケネディ・センターのゴスペル週間の最終日の4/25(日)のトリを飾ったのは“The Clark Sisters”という4人姉妹でした。
午後6時開演の無料コンサートは、開演1時間前に会場を玄関ホールからケネディ・センターで3番目に大きいコンサートホールに移されました。
会場がコンサートホールに移されても無料は無料。懐の大きなケネディ・センターです。
初めて聴く“The Clark Sisters”は、命を懸けて歌っているかのような熱唱ぶりでした。
実際、4人うちの1人は熱唱した直後にフェードアウトしてしまいました(^^;)
たぶん、酸欠で立っていられなくなったのだと思います。
無料コンサートとは思えないほどの力の入れようでした。



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/433-c0b1e9af

0件のトラックバック

6件のコメント

[C2085]

ゴスペルのコンサートに行ける時間があって良かった!!
仕事だけに明け暮れてるのかと思ってました。

まさに魂のコンサートですね。
本場、米国でのゴスペル、聴いてみたいですよん。

[C2086] うわぁ!!

うわぁ!素晴らしいね~♪私が上京して、初めて聴いたライブがスティプルシンガーズだよ。まだメイビスも若かった。
その頃はGOSPELも何にも知らなかったけど、いつもお買い物に行ってたビルの最上階がライブハウスで気が付いたら、一人で中に入ってたの。
そして、知らない黒人のおじさんと一緒に踊ってたのよ。人見知りなのに。。
それは見えない糸に…意図に手繰り寄せられた感じ。

あ~今のメイビスの歌を生で聴いてみたいよ!!

たくじろくん、超うらやましい!!!

[C2087] 本場のゴスペル

いいですねぇ…迫力でしょうね。

すべてが仕事漬けじゃなくて、そういう機会を持てるってことは、多少なり気分転換ができてますね。
よかったよかった…。

  • 2010-04-27
  • dove-2
  • URL
  • 編集

[C2088] Re:ほっくんパパさん

たまたま仕事に区切りがついた時で、タイミングが
よかったことで行けました。
普段の行いは悪くはしてないつもりですので、
たまにはこういうこともあって欲しいものです。
ふふふ、パパさん。日本でも本場を凌ぐゴスペルが
聴けるじゃないですか(^-^)
  • 2010-04-27
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C2089] Re:HALさん

僕はメイビスがどこの誰かも知らずに歌を聴くことに
なりましたが、感動してしまいました。
瞬間力のある歌手なのだと思います。
リチャード・スモールウッドは、「このおじさん誰?有名なの?」
とカミさんに聞いてしまいました(^^;)
メイビスは、愛嬌のあるおばちゃんでもありました。
ギターソロの時に、舞台の後方の椅子に腰かけて
ハイヒールを脱いでくつろいでました(^^;)
  • 2010-04-27
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C2090] Re:dove-2さん

こういう機会を持てたことに感謝していますが、
もう少し、仕事から解放されたいところです(^^;)

・・・でも、やはり素直に感謝しています。
  • 2010-04-27
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。