Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/440-7ac0482e

-件のトラックバック

-件のコメント

[C2122]

ステキなB&Bですねぇ
中の内装や調度類も見たかったです~

途上国のアジアや中南米からの移住が
世界中あちこちへと拡がっていますね
まさにグローバルな世界・・・。。
日本もかって、政府による移住計画をやってたですが、逆に今は、移民を受け入れらざるえなくなりそうですね

  • 2010-07-27
  • 夢子
  • URL
  • 編集

[C2123] Re:夢子さん

はい、ステキなB&Bですよね(^^)
リンク先のバーチャル・ツアーを見るとこっちに泊まりたかったと後悔します。

アメリカには多くの移民がいます。不法移民もたくさんいます。
彼らはたぶん本国には戻ろうとしません。少なくとも短期的には…。
その理由の一つに、住み易さがあるのだろうと思います。

一方、日本が移民を受け入れたらどうなるのでしょうか?
住みにくくて、帰国したがる移民が多く出るのではないかと思います。
でも、移民を受け入れることは日本にとって好ましいことだと僕は思います。
もう少し多様性のある国になってくれるのではないかと期待できるので…。
  • 2010-07-30
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ハリファックスを訪れて② #432

WaverleyInn.jpg

写真は“ウェイバリー・イン(Waverly Inn)”というB&Bです。
1882年にハリファックスに立ち寄った作家オスカー・ワイルドも泊まったとか。
内装は、ビクトリア様式のアンティークなB&Bです。
こういう外壁と色調の建物、函館にもありますよね。

僕の宿泊先は・・・、出張でしたので、便宜的に高級ホテルに泊まらざるを得ませんでした(^ヘ^)
このB&Bから徒歩5分ぐらいのホテルでしたので、知っていたらこちらに泊まりたかったところです。
朝食付きだし・・・、価格もよりリーズナブルだし・・・。



ChurchHarifax.jpg

これは“セントメアリー大聖堂(Saint Mary's Cathedral)”。
カナダの2つ目のカトリック教会ですが、1つ目はこの教会の前身の教会になるので、
実質、カナダで最初のカトリック教会と言えます。

ハリファックスは、タイタニックの沈没した場所から最も近い港になるそうで、
たくさんの遺体が運び込まれ、それらを埋葬した墓地もあります。
タイタニック号の残骸の一部や遺留品が展示してある“アトランティック海洋博物館”もあります。


下の写真は“ピアー21(Pier 21)”という博物館です。
PIER21.jpg

ハリファックスは、1928年~1971年までヨーロッパからの渡航船のカナダの玄関口で
“Pier 21”はその間、入国管理施設として約150万人の移民を入国させています。
現在は、その歴史などを紹介する博物館としてリニューアルされています。

閉館後の博物館がレセプション会場であったので、見学させてもらいました。

アメリカもそうですが、カナダも移民の国で、広大な国土を開拓して人を住ませるために、
建国以来、大量の移民を受け入れています。

無一文でカナダに辿り着いても、豊富な労働需要があるので、すぐに賃金を得ることができ、
生活が成り立ち、やがて土地を所有することもできるとなれば、貧困に喘いでいた多くの
ヨーロッパ人が新しい大陸での新しい人生を夢見て押し寄せたのは想像に難くありません。

移民を受け入れる政策は現在も続いており、毎年20万人以上の移民を受け入れており、
その中には、日本人も数百人含まれているそうです。

移民の民族構成は大きく変化しています。
かつてはイギリス・フランスを中心にヨーロッパから受け入れており、東欧や南欧の人たち
でさえも好ましくない民族とされていました。
現在は、民族による制限を撤廃していることから中国を筆頭にアジア系の移民がたくさん
流入しています。
・・・ホントにたくさんのアジア系が居ます(^^;)

おかげで、たいていの先進国は少子高齢化で人口が減少傾向にある中、カナダは移民受け入れ
による人口増加に加えて、移民した民族の出生率の高さから、毎年約30万人(人口の約1%)
の人口が増え続けています。(アメリカも同じように人口が増えています。)

移民は、仕事を得るために大都市に集まるので、トロントやバンクーバーでは都市人口の約4割
をアジア系が占めているそうです。
アメリカもそうですが、やがて白人の国ではなくなってしまうのではないかという勢いです。

国民のアイデンティティーはどうなるのかとも思ってしまいますが、
これもユートピアを求める一つの形なのかもしれません。



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/440-7ac0482e

0件のトラックバック

2件のコメント

[C2122]

ステキなB&Bですねぇ
中の内装や調度類も見たかったです~

途上国のアジアや中南米からの移住が
世界中あちこちへと拡がっていますね
まさにグローバルな世界・・・。。
日本もかって、政府による移住計画をやってたですが、逆に今は、移民を受け入れらざるえなくなりそうですね

  • 2010-07-27
  • 夢子
  • URL
  • 編集

[C2123] Re:夢子さん

はい、ステキなB&Bですよね(^^)
リンク先のバーチャル・ツアーを見るとこっちに泊まりたかったと後悔します。

アメリカには多くの移民がいます。不法移民もたくさんいます。
彼らはたぶん本国には戻ろうとしません。少なくとも短期的には…。
その理由の一つに、住み易さがあるのだろうと思います。

一方、日本が移民を受け入れたらどうなるのでしょうか?
住みにくくて、帰国したがる移民が多く出るのではないかと思います。
でも、移民を受け入れることは日本にとって好ましいことだと僕は思います。
もう少し多様性のある国になってくれるのではないかと期待できるので…。
  • 2010-07-30
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。