Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/444-34256699

-件のトラックバック

-件のコメント

[C2142] たくじろうさんは…。

出会いに恵まれているようですね。
善い人たちと巡り会えるのはたくじろうさん自身が善い人だからかも…。
帰国の日まで善き人たちと仲良く楽しく過ごせますように…。
  • 2010-11-23
  • dove-2
  • URL
  • 編集

[C2143] なんとなんと!

たくじろう君
久しぶりです!読みながら、ワクワクしました~♪
素敵!素敵!!私も一緒に歌いたいと思いましたよ。読むかぎり、とっても好きなタイプの教会ですわ~♪

[C2144]

終盤にさしかかってるの?!
教会でのんびりしてないで、早く帰ってらっさい。

良い感じの教会ですね。
その街に住む人の、憩いの場になってるのでしょうね。


  • 2010-11-24
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C2145] Re:dove-2さん

ありがとうございます。
たまたまなのですが、この偶然には感謝しています。
帰国が、この人たちとの別れになると思うと忍びない感じもします。
  • 2010-11-24
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C2146] Re:HALさん

ぜひ、HALさん、この教会に歌いに来てください。
この間の練習で、僕が音を取れないでいると、ピアノの横に来るように言われ、
マイクを持たされて歌わされました。
すると、後ろの方で、おばさんたちに
「出来の悪い生徒が先生に呼ばれて指導受けてるみたいね。」と
からかわれてしまいました(^^;)

ディレクターが「歌詞のメッセージを伝えるように歌って」とか
「その言葉にエネルギーを入れるのよ!」などと指導するのを聞くと
やはり母国語でゴスペルなんだと感じます。
中高生の女の子のソロのところでは「そこはプリティに歌って!」と
指導していたのは笑ってしまいました。
  • 2010-11-24
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C2147] Re:ほっくんパパさん

この教会の牧師さんは、若い美人さんなんですよ。
天真爛漫で笑顔を絶やさない不思議な人です。
先日の日曜礼拝で「私のクワイアーにたくじろうさんが
奉仕してくれています。」と説法の中で紹介されてしまい、
後で「奉仕ではなく、楽しませてもらっているだけですよ」
と、訂正に行きました。

帰国は、なんだか複雑な感じです。帰国することが分かって
いるのに参加したのか?って感じです。
  • 2010-11-24
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C2148] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C2149] Re:2148さん

コメントありがとうございます。
感激です。
はい、ギリギリまでがんばります。
  • 2010-11-29
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

教会の世話になる。 #436

Church 1

またしても、前回ブログを書いてから1ヶ月以上がたってしまいました。
トンネルは抜けたと思ったものの、次から次へと仕事が舞い込み思うようになかなか行きません。

新たな町に引越して、早くも1ヶ月以上が経ちました。
前に住んでいたところは、ワシントンDCの郊外でしたが、今度はDCの中で、ホワイト・ハウスから
6km程度の距離のところになるので、だいぶ中心に近いところに住むことになりました。


アメリカに来て驚いたことの一つに、教会が乱立と言ってもよいくらいにたくさんあることです。
「きっと名のある教会に違いない」と思える立派な建物ですが、別に名のあるわけではない教会がたくさんあります。

毎日、20分程度の通勤路(車です)にも10以上の教会を目にします。
そんな中、わりと地味な近所の教会(上の写真)に、気になる布ポスターがなびいていました。

Church 2

「♪ ロッキング ゴスペル クワイアー 日曜の午前11時」
「ロッキング ゴスペル」って、何だか分かりませんが、この教会ではゴスペルを歌っているようです。

DCの人口の黒人率は50%を超え、政治的意味合いもあって黒人がたくさん住んでいます。
前に住んでいた北西部の郊外では黒人が少なく、教会で、いわゆるゴスペルが歌われることは
僕の知っている限りでは、ありませんでした。

家の近所の教会でゴスペルが聞けるのはラッキーと思い、さっそく日曜の11時に足を運んでみることにしました。


日曜の11時、つまり日曜礼拝です。
その式次第の中で、ゴスペル・クワイアー(聖歌隊)がゴスペルを歌います。

ここは、メソジスト派の教会で、一見さんでも暖かく迎えてくれます。
アジア系は僕ひとりですが、教会関係者がいろいろと気にかけてくれます。

善意で声を掛けてくれますが、質問をされても答えに窮するので、逆にこちらから問いかけてみました。
「ゴスペル・クワイアーに入りたいんだけど、どうでしょうか?」

すると、教会の音楽部門のディレクターの女性を紹介してくれました。
聞かれたら困ったのですが、僕のゴスペルの経験も聞かずに「今度の日曜の10時に教会に来るように」と。

日曜の10時に教会に行くと、少し練習させられて、いきなり11時からの日曜礼拝でゴスペル・クワイアーの中に
混じって歌うことになりました。

このディレクターは、本職は、スミソニアン博物館のアメリカ歴史館でアフリカン・アメリカン・カルチャーの音楽部門のディレクターをしており、同時に黒人の自由と闘争の歌をうたう団体でも活動しているようです。

「ロッキング ゴスペル」とは、ロックンロールの「ロック」と語源は同じで、
「魂を揺さぶるゴスペル」ということなんだそうです。

そんなディレクターの熱い思いはあるものの、教会のクワイアーはボランティアによる有志の参加者
により成り立っており、NYの有名な教会のゴスペル・クワイアーのようにCDを出し、
海外ツアーまでやってしまうような本格的なクワイアーではなく、歌いたい人がただ集まっているというものでした。
ただし、個人の歌唱力はスゴイです。・・・そうでない人も居ますが(^^;)

中学生の少年は、マイケル・ジャクソンの少年の時のような綺麗な声を聞かせてくれるし、
中学生や高校生の少女たちの歌唱力もスゴイです。
おばちゃんの歌唱力にはうならされます。

ただし、どこの中高生も同じで、礼拝の最中だというのに牧師の話も聞かずにケイタイを見たり、
式次第のしおりにマンガの落書きをしたりしています(^^;)
数学の教科書を開いていたのは、少し感心しましたが・・・。

Church W

この教会では、ゴスペル以外でもお世話になっています。
アメリカは移民の国なので、英語の喋れない人がたくさんいます。

そんなわけで、この教会ではESL(英会話クラス)を開講しています。
このESLにも参加させてもらいました。

ほとんど望まずに参加したESLでしたが、先生の質の高さと、集まった生徒の人が良いのは偶然ですが、素晴らしい人たちに囲まれています。

また、この教会の方針にも感心させられています。
僕はクリスチャンではありませんが、それを聞かれたことは一度もないし、誘いを受けたことも一度もありません。

日曜礼拝のときにも、「ここに集まるのは誰でも良いのです。クリスチャンじゃなくても良い。
ブディストだってかまわないのです。」・・・思わず手を挙げそうになりました(^^;)

アメリカには、白人、黒人、ヒスパニック、アジア系等々いろんな人種の人たちが混在しています。
そして、同性愛者などゲイ・レズ・両性愛者・性転換者(GLBT)といった人たちもいます。
人種に関係なく、GLBTであろうと、どんな宗教を信じていようと関係なく、この教会は、よりよい世界を希求するために時間を費やすこととしています。

その手法としては、やはり教会なのでキリスト教を背景にされるのでしょうが、非常に居心地の良い教会です。

そんな居心地の良い教会と素敵な人たちに囲まれ、アメリカ生活の終盤を迎えています。





スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/444-34256699

0件のトラックバック

8件のコメント

[C2142] たくじろうさんは…。

出会いに恵まれているようですね。
善い人たちと巡り会えるのはたくじろうさん自身が善い人だからかも…。
帰国の日まで善き人たちと仲良く楽しく過ごせますように…。
  • 2010-11-23
  • dove-2
  • URL
  • 編集

[C2143] なんとなんと!

たくじろう君
久しぶりです!読みながら、ワクワクしました~♪
素敵!素敵!!私も一緒に歌いたいと思いましたよ。読むかぎり、とっても好きなタイプの教会ですわ~♪

[C2144]

終盤にさしかかってるの?!
教会でのんびりしてないで、早く帰ってらっさい。

良い感じの教会ですね。
その街に住む人の、憩いの場になってるのでしょうね。


  • 2010-11-24
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C2145] Re:dove-2さん

ありがとうございます。
たまたまなのですが、この偶然には感謝しています。
帰国が、この人たちとの別れになると思うと忍びない感じもします。
  • 2010-11-24
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C2146] Re:HALさん

ぜひ、HALさん、この教会に歌いに来てください。
この間の練習で、僕が音を取れないでいると、ピアノの横に来るように言われ、
マイクを持たされて歌わされました。
すると、後ろの方で、おばさんたちに
「出来の悪い生徒が先生に呼ばれて指導受けてるみたいね。」と
からかわれてしまいました(^^;)

ディレクターが「歌詞のメッセージを伝えるように歌って」とか
「その言葉にエネルギーを入れるのよ!」などと指導するのを聞くと
やはり母国語でゴスペルなんだと感じます。
中高生の女の子のソロのところでは「そこはプリティに歌って!」と
指導していたのは笑ってしまいました。
  • 2010-11-24
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C2147] Re:ほっくんパパさん

この教会の牧師さんは、若い美人さんなんですよ。
天真爛漫で笑顔を絶やさない不思議な人です。
先日の日曜礼拝で「私のクワイアーにたくじろうさんが
奉仕してくれています。」と説法の中で紹介されてしまい、
後で「奉仕ではなく、楽しませてもらっているだけですよ」
と、訂正に行きました。

帰国は、なんだか複雑な感じです。帰国することが分かって
いるのに参加したのか?って感じです。
  • 2010-11-24
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C2148] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C2149] Re:2148さん

コメントありがとうございます。
感激です。
はい、ギリギリまでがんばります。
  • 2010-11-29
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。