Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/452-a4e7e6ce

-件のトラックバック

-件のコメント

[C2174] 差別のない世界を

この世の中から差別がなくなり、ほっくんパパも少しはセレブになれます様に!!

食事を届けるボランティア、ナイスな企画ですね。
日本だったら、メニューはカレーライスといったところでしょうか?!
たくじろうさんが剥いたじゃがいもは・・・
よけておこっ!!

[C2175] Re:ほっくんパパさん

パパさんも僕も少しだけセレブになりたいですね。
祈念、祈念(^^)

食事のメニューは、チキン・ローストに野菜のソテー、焼きじゃがいも、それにカップケーキ。
じゃがいもは4つ切りにした皮付きイモに塩とコショウとタイムを振りかけて後はオーブンに突っ込んだだけですが、めちゃくちゃ美味かったです。
僕が触っても、ちゃんとオーブンで加熱殺菌してるので問題ないですよ~(^^;)

こっちは土が肥えているようで野菜がとにかく味が濃くて美味いです。
  • 2011-01-31
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

MLKの日=奉仕活動の日 #444

MLK Day 2011

1月の第3月曜日は、1月15日がキング牧師の誕生日であることにちなんで「キング牧師の日」として祝日になっています。
キング牧師が亡くなってから43年が経ちますが、今年は「キング牧師の日」が連邦祝祭日として制定されてから25年目を迎えるそうです。

キング牧師の死後も「キング牧師の日」が制定されるまで、依然として黒人への差別が残り、紆余曲折があったことが想像されます。

しかし今は、黒人の血をひくオバマ大統領の誕生や、少なくとも首都ワシントンDCエリアで黒人差別を感じるものはこれまでのところありません。

黒人差別発言は、在米日本人の口から聞くぐらいです(^^;)

この日は、他の祝日と同様に休日であるものの、奉仕活動(サービス)する日として、多くのボランティア活動が企画されています。

これは、キング牧師の
「人生の中で常に問われ続けるのは、あなたは他人のために何をしているのかということである。」
という発言から、せめてこの日は他人のために何かをしてみようとして多くのボランティア活動が企画されています。

でも・・・、何かしてみようと思っても、どこで何ができるのでしょうか?

そんな人たちのためのサイトがあって、自分の住所の郵便番号を入力すると、数えきれないぐらいの企画がヒットします。
場所と時間とボランティアの内容が記載されています。
便利なものです。アメリカは、ボランティア先進国ですね。

僕は、世話になっている教会でホームレスのシェルターに届ける食事や、低所得者用の老人ホームに届ける食事を作るという企画をやっていたので参加してみました。

この企画は、この教会で毎年行われていたわけではなく、今年初めて企画されたようです。
企画したのは、教会の若い美人牧師です。

教会の大きな台所を活用しようとして牧師が提案したようです。
この牧師、若くて明るく可愛いだけではなく、なかなかの企画者です。

料理を作ると言っても、ちゃんとシェフが二人いて、ボランティアの人たちはシェフの指導の下、じゃがいもを切ったり、野菜を切ったりと力仕事の部分を手伝います。

包丁を使うときは指を切らないようにと鉄の繊維の入った手袋を衛生ゴム手袋の下に着けます。

ボランティアの料理といえども、ちゃんとタイム(ハーブ)を使ったりもします。
大量のタイムの葉を、茎から外す作業なんてのもやりました。

僕らの班の食事は、近くの低所得者用の老人ホームに届けられ、そこでの食事会にも参加させてもらいました。

料理は、簡単に適当に作られていそうでも、立派な「ご馳走」になっていて美味かったです。

食事の後には、教会の信者の人が企画に参加したというキング牧師のドキュメント・ビデオを観ました。
その後、キング牧師が暗殺された時の思い出を参加者がそれぞれ語る時間がありました。

ちなみに、低所得者の老人ホームということで、みなさん黒人の年配の方ばかりでした。

ワシントンでその時、映画(ボニー&クライド)を観ていたという爺さんは、映画の最中にキング牧師暗殺の報が入ると、すぐに暴動が起こり、館内にも火が付けられ煙が蔓延し、映画さながら慌てて逃げ出したなどという体験談をされました。

それにしても、黒人の方にとってこの半世紀は、時代が激しく動いていますね。
人種差別が公然と行われ、黒人というだけで虐殺もあったりした時代が彼ら彼女らの若い頃にあったわけですから。

時代は良い方向にこれからも進んでいくものと強く信じます。

人類の幸せは、そんなものに捕われないものであるはずですから。




スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/452-a4e7e6ce

0件のトラックバック

2件のコメント

[C2174] 差別のない世界を

この世の中から差別がなくなり、ほっくんパパも少しはセレブになれます様に!!

食事を届けるボランティア、ナイスな企画ですね。
日本だったら、メニューはカレーライスといったところでしょうか?!
たくじろうさんが剥いたじゃがいもは・・・
よけておこっ!!

[C2175] Re:ほっくんパパさん

パパさんも僕も少しだけセレブになりたいですね。
祈念、祈念(^^)

食事のメニューは、チキン・ローストに野菜のソテー、焼きじゃがいも、それにカップケーキ。
じゃがいもは4つ切りにした皮付きイモに塩とコショウとタイムを振りかけて後はオーブンに突っ込んだだけですが、めちゃくちゃ美味かったです。
僕が触っても、ちゃんとオーブンで加熱殺菌してるので問題ないですよ~(^^;)

こっちは土が肥えているようで野菜がとにかく味が濃くて美味いです。
  • 2011-01-31
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。