Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/508-2b747e08

-件のトラックバック

-件のコメント

[C2356] 妖怪…。

おいらも妖怪大好き人間です。
「小豆洗おか…人獲って喰おか…ショキショキショキ…。」
その言葉聞いただけでもわくわくしてきますよ。
妖怪の存在は自然への畏敬の表れです。
動植物を探して川を覗きながら歩いていると、川からの視線を感じることがあるんです。
勿論、川の中には誰も居ないので…自然の気…なのだろうと思います。
自然とともに暮らして居た頃には、もっと大きな気を感じられたのでしょうね。
  • 2013-04-15
  • dove-2
  • URL
  • 編集

[C2357] Re:dove-2さん

あら~っ、doveさんも妖怪大好き人間なのですか(^^)

>妖怪の存在は自然への畏敬の表れです。
「自然への畏敬」って良い言葉ですね。

妖怪には無頓着ですが、僕も「自然の気」を感じる感性は持っていたいと思います。
  • 2013-04-21
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

楽器とスピリチュアルな世界 #507

ryowatanabe.jpg

 浦和の公民館プラザイーストで行われたパーカッショニストの渡辺亮さんと津軽三味線の木村俊介さんのコンサートを観てきました。

 渡辺亮さんは妖怪博士と言われるほど大の妖怪好きです。妖怪好きは、パーカッションとは関係ない趣味の話だと思っていましたが、実はすごく関係があるのかもしれないと思ったので、感想をまとめてみます。

 物を叩いたり揺らしたりする非常にシンプルな音で奏でる楽器をパーカッションというようです。
 自然界の音は、妖怪が何かをしている時の音とされ、例えば、せせらぎは、「小豆洗い」という妖怪が川のほとりで小豆を洗う音で、それをモチーフにした曲も披露されました。

azukiarai.jpg
絵:渡辺亮「小豆洗い」

 渡辺亮さんは、パーカッションの世界では一線級の奏者です。
僕は、楽器をまったく弾けないので、分からない知らない世界ですが、渡辺亮さんは、自然界のスピリチュアルなものと交信しながら楽器を奏でているのかもしれないと感じました。
 だとしたら、自然界の奏でる音と共鳴するためには、技術的にも精神的にも高い世界で音を出す必要があるのでしょうから、渡辺亮さんが高い技術を持ったミュージシャンであることが理解できます。


 上の写真は、渡辺亮さんが、この日のライブで使った楽器です。
創作楽器もあり、奥の筒を束ねたような楽器は水道管で作られています。筒の上部をビーチサンダルで叩くと微妙なビブラートのかかった神秘的な音がします。

 手前の横になった黒い大きな壺も楽器として使われていました。
 この人の手にかかったら、音の出る物は何でも楽器になりそうです。

 渡辺亮さんは、ブラジルの民族楽器ビリンバウの奏者としても有名で、木村俊介さんの津軽三味線との計4弦奏も神秘的な世界を創り出していました。

 木村俊介さんの演奏は初めて聴きましたが、この人も日本の自然界の音を取り入れた新しい音楽を創作しているらしく、二人は共鳴するものがあるのでしょう。





スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/508-2b747e08

0件のトラックバック

2件のコメント

[C2356] 妖怪…。

おいらも妖怪大好き人間です。
「小豆洗おか…人獲って喰おか…ショキショキショキ…。」
その言葉聞いただけでもわくわくしてきますよ。
妖怪の存在は自然への畏敬の表れです。
動植物を探して川を覗きながら歩いていると、川からの視線を感じることがあるんです。
勿論、川の中には誰も居ないので…自然の気…なのだろうと思います。
自然とともに暮らして居た頃には、もっと大きな気を感じられたのでしょうね。
  • 2013-04-15
  • dove-2
  • URL
  • 編集

[C2357] Re:dove-2さん

あら~っ、doveさんも妖怪大好き人間なのですか(^^)

>妖怪の存在は自然への畏敬の表れです。
「自然への畏敬」って良い言葉ですね。

妖怪には無頓着ですが、僕も「自然の気」を感じる感性は持っていたいと思います。
  • 2013-04-21
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。