Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/52-b01449b0

-件のトラックバック

-件のコメント

[C103] いやぁ

惜しいですねぇ。
「露天風呂を守る会」を結成して札幌市民の市民運動にまで発展させよう、な~んてことを僕だったら考えたかも。

[C106] Re:いやぁ

ぜひゲンさんが居てほしかったですね。
ホントに良い露天風呂だったんですよ。残念です。
  • 2007-01-18
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

今はない、あの風呂。 #51

大学構内にある学生寮の玄関脇に、先輩が露天風呂を造りました。
バイト先の土方のおじさんから基礎工事の仕方を教えてもらい、コンクリートでしっかり基礎固めをし、浴槽には札幌市内を流れる豊平川の河川敷から使えそうな大きな石をもち帰り使いました。
北海道新聞の「譲ってください欄」に「風呂焚き用の薪ボイラー」を載せたところ2名の方から提供があり、その薪ボイラーを2基取り付けた手造りの露天風呂ができあがりました。

浴槽の大きさは2畳弱ぐらいで4~5人が一度にゆったり入れたかと思います。
季節は5月中旬。札幌のベストシーズンの一つです。
水は寮からホースで注ぎ、2基のボイラーに薪をくべて、良い湯が沸きました。
星空を見ながら気兼ねなく大声で歌を歌い仲間と入った露天風呂は格別でした。

この露天風呂が北海道新聞で紹介されたこともあり、すぐに大学当局にも知られ、取壊し現状復帰命令が出て、さもなくば主謀者を退学処分にするとの通知がありました。

いきなり退学処分通知が出るわけはなく、それまでにもいろいろと悪行(?)を積み重ねてきた結果で、今回はやむなく大学当局の命令に従い、元に戻すことになりました。
風呂が稼働したのは2週間ぐらい。思い出の露天風呂です。

その先輩も今では立派な医者です。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/52-b01449b0

0件のトラックバック

2件のコメント

[C103] いやぁ

惜しいですねぇ。
「露天風呂を守る会」を結成して札幌市民の市民運動にまで発展させよう、な~んてことを僕だったら考えたかも。

[C106] Re:いやぁ

ぜひゲンさんが居てほしかったですね。
ホントに良い露天風呂だったんですよ。残念です。
  • 2007-01-18
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。