Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/53-93cdac96

-件のトラックバック

-件のコメント

[C101] そんな風呂場で

ライブやったら、楽しいでしょうね。HALさんに提案してみてはいかがでしょう。

流石に最近はしませんが、そういった寮に勝手に忍び込むんでお泊りするの得意でしたよ。
今は、しません。大人だからね。
  • 2007-01-18
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C104] 僕の学生時代

駒場寮は革マル派だか中核派の拠点として占拠されてしまっていて、彼ら以外は立ち入れませんでした。思えばすさまじい時代でした。

[C107] Re:

Re:ほっくんパパさん
変わったところでのライブというと、北とぴあのプラネタリウムでのHALさんのソロライブは最高でした。またやってほしいものです。
Re:ゲンさん
当時は学生運動の拠点でしたもんね。
いまでも残党というか居ますよね。驚いちゃいます。メーデーの時など若い可愛い女の子が革マル派のビラ配ったりしてて路線変更したのかな?とか思ってしまいました。
  • 2007-01-18
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C108] 北トピアのプラネタライブ

そこで、初めてHALさんとPANDAさんの歌を聴いたんですよ。素敵だった~。
  • 2007-01-18
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C109] プラネタライブ

2006年の3月の前に2004年の11月にもやっているんですよ。贅沢なライブでした。ぜひ、またやってもらいたいものです。HALさんのBBSかブログにアピールしに行こうかな?主催の子ども劇場にアピった方が良いのかな?
  • 2007-01-19
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1535] 寮風呂♪

 はじめまして

 以前寮生活をしていましたので、駒場の寮風呂は8年間愛用しておりました。べつに革○さんでも○核さんでもなく、(といいますか、それらの方々は立ち寄ることができなかったはずです。)たいへん楽しい日々を送りました^^
 寮食堂の一部は北ホール、別名 駒場小劇場と呼ばれ、ぴあにふつうに掲載される芝居小屋でして、野田秀樹さんの「夢の遊眠社」をはじめ、如月小春さんなどの常打ち小屋でした。
 原っぱにテント張って「風の旅団」の公演やったときだけはいろいろな意味で大変でしたが。。

 風呂ライブは見ませんでしたが、十分な広さはありましたねえ。

 今は高3になった娘が3歳くらいの頃、南ホールに加藤登紀子さんを聞きにつれて行きましたが、今は亡き、仮面ライダー死神博士の天野英世さんがそのときにこにこと娘の頭をなでてくれたのを忘れられません♪

[C1536] Re:TOTOさん

TOTOさん、ようこそです(^^)
寮風呂の実際の愛用者のコメントは嬉しい限りです。
僕は、湯船に浸かることがなかったのが心残りです。
「風の旅団」公演で騒ぎがあったのは、20年ぐらい前になりますね。
上のゲンさんが駒場に居たのは40年ぐらい前で、加藤登紀子さんの数年後の人なので、状況はTOTOさんの時とは違っていたのでしょう。

駒場小劇場なんて呼ばれるものもあったんですか?
文化的で羨ましいです。
  • 2008-05-11
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

今はない、あの風呂②。 #52

これから紹介する風呂の湯船に僕は浸かったことはありません。
数回、風呂場を利用したことがありましたが、いつも夏休みの昼間だったので湯船に湯はなく、洗い場でシャワーを利用しただけでした。
ただ、素晴らしい造りをした風呂なので、ここにあげさせてもらいます。

今はなき、東大駒場寮の寮風呂です。

まず驚くのは、この風呂は学生寮の建物とは別に、風呂だけの建物として存在しています。

駒場寮の定員がいかほどか知りませんが、300人程度は居たとしてもそれらの学生が入浴する風呂ですので、そこらの銭湯を遙かに凌ぐ大きさです。
取壊される直前に、“上々颱風”が「東大駒場寮風呂ライブ」なんてのをやったぐらいですから小さくないことは想像してもらえるでしょう。

寮風呂の建物の中に入ると、檜造りかどうかは分かりませんが、だだっ広い板張りの床と天井の高い脱衣所があります。
その重厚感と古臭さから歴史を感じ、思わず「さすが旧東京帝国大学・・・。」と感嘆してしまいます。

浴室は両壁にカランがずらりと並び、浴室の中央に円形の大きな湯船があります。
湯船の直径は4~5mぐらいあったかと思います。

この湯船が、僕がここでとりあげた理由です。
風呂はコミュニケーションの道具としての機能があります。
学生寮においてはその位置づけはなおさらです。
湯船に浸かったり、縁に腰掛けて友人と話しながら風呂で過ごす時間はチョベリグ(死語)です。
そういうことのし易い「広い湯船」と「円形の湯船」を浴室の真ん中に備えた駒場寮の風呂は正に理想的な風呂でした。

なぜ東大生でもない僕が駒場寮の風呂に行ったかと言うと、東大駒場寮に限らず、大学の学生寮には外部の人間を一時宿泊させる「仮宿制度」というのをとっているところが結構あります。1泊300円ぐらいで泊まらせてもらえるので、貧乏学生の宿泊先としてはバッチグー(死語)です。(社会人の宿泊もOKです)
夏の就職活動の時期に、地方の大学から出てきて駒場寮に泊まって東京で会社訪問をしている学生さんと一緒になったこともありました。

うちの学生寮の場合は、来訪者は僕ら10数名で雑居してる部屋で一緒に寝泊まりしてもらいますが、駒場寮の場合は仮宿部屋という来訪者専用の宿泊部屋が用意されていました。

注:駒場寮の風呂は、十数年以上も昔に数回利用しただけの拙い記憶ですので、勘違いしている所もあるかもしれません。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/53-93cdac96

0件のトラックバック

7件のコメント

[C101] そんな風呂場で

ライブやったら、楽しいでしょうね。HALさんに提案してみてはいかがでしょう。

流石に最近はしませんが、そういった寮に勝手に忍び込むんでお泊りするの得意でしたよ。
今は、しません。大人だからね。
  • 2007-01-18
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C104] 僕の学生時代

駒場寮は革マル派だか中核派の拠点として占拠されてしまっていて、彼ら以外は立ち入れませんでした。思えばすさまじい時代でした。

[C107] Re:

Re:ほっくんパパさん
変わったところでのライブというと、北とぴあのプラネタリウムでのHALさんのソロライブは最高でした。またやってほしいものです。
Re:ゲンさん
当時は学生運動の拠点でしたもんね。
いまでも残党というか居ますよね。驚いちゃいます。メーデーの時など若い可愛い女の子が革マル派のビラ配ったりしてて路線変更したのかな?とか思ってしまいました。
  • 2007-01-18
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C108] 北トピアのプラネタライブ

そこで、初めてHALさんとPANDAさんの歌を聴いたんですよ。素敵だった~。
  • 2007-01-18
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C109] プラネタライブ

2006年の3月の前に2004年の11月にもやっているんですよ。贅沢なライブでした。ぜひ、またやってもらいたいものです。HALさんのBBSかブログにアピールしに行こうかな?主催の子ども劇場にアピった方が良いのかな?
  • 2007-01-19
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C1535] 寮風呂♪

 はじめまして

 以前寮生活をしていましたので、駒場の寮風呂は8年間愛用しておりました。べつに革○さんでも○核さんでもなく、(といいますか、それらの方々は立ち寄ることができなかったはずです。)たいへん楽しい日々を送りました^^
 寮食堂の一部は北ホール、別名 駒場小劇場と呼ばれ、ぴあにふつうに掲載される芝居小屋でして、野田秀樹さんの「夢の遊眠社」をはじめ、如月小春さんなどの常打ち小屋でした。
 原っぱにテント張って「風の旅団」の公演やったときだけはいろいろな意味で大変でしたが。。

 風呂ライブは見ませんでしたが、十分な広さはありましたねえ。

 今は高3になった娘が3歳くらいの頃、南ホールに加藤登紀子さんを聞きにつれて行きましたが、今は亡き、仮面ライダー死神博士の天野英世さんがそのときにこにこと娘の頭をなでてくれたのを忘れられません♪

[C1536] Re:TOTOさん

TOTOさん、ようこそです(^^)
寮風呂の実際の愛用者のコメントは嬉しい限りです。
僕は、湯船に浸かることがなかったのが心残りです。
「風の旅団」公演で騒ぎがあったのは、20年ぐらい前になりますね。
上のゲンさんが駒場に居たのは40年ぐらい前で、加藤登紀子さんの数年後の人なので、状況はTOTOさんの時とは違っていたのでしょう。

駒場小劇場なんて呼ばれるものもあったんですか?
文化的で羨ましいです。
  • 2008-05-11
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。