Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/76-3459d7a5

-件のトラックバック

[T10] ホテルを集める

ラッフルズ・ホテルはイギリス植民地時代の1887年12月にアルメニア人のサーキース兄弟によって、わずか10室のバンガローとして創業した。創業当時の名はビーチハウスであった。1899年には現在の原型となるコロニアル様式の建物が完成し、ヨーロッパ諸国から「スエズ以東でも

-件のコメント

[C166] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C167] ペナン、一緒にまいりましょうぜ

ペナン・リベンジツアー、楽しみですね。
今度はクラゲを切り刻んで、刺身にしてやりましょうぜぃ。

エージェントのくせに、ここ数年パスポートを使ってないんだな。次に押されるハンコは、マレーシアのものか...?
  • 2007-02-13
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C168] せつないざんす…。

“正確には泊まっていません”
そうだぁねぇ、そうなるやねぇ…。
全室スウィートの超豪華ホテル、うらやますぃ~…けど、正確には泊まってないんですよねぇ(しつこい)。

奥さんがしっかりさんでよかったけど、2人ともせっかくのウットリ時間が消えちゃったわけですから、いつかまたペナン豪華ツアーリターンズ!!がんばってください。

…あ、でもコレも後々まで語り合える思い出になるかな?(^^ゞ
  • 2007-02-13
  • うろおぼえ
  • URL
  • 編集

[C169]

Re:ほっくんパパさん
ありがとうございます。一緒にリベンジツアー行きましょう。・・・その時は、ぜひパパさんとこのエージェントの企画で。よろしくお願いいたします。(^^)

Re:うろおぼえさん
「後々まで語り合える」・・・というか「後々まで文句言われる」、・・・もとい、「一生、反省すべき出来事」として脳裏に焼き付けておきます。しっかりと。
  • 2007-02-14
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ペナンのホテル #75

リゾート地というと白い砂浜を思い浮かべますが、ペナンの海はそんなにキレイではありません。ペナン島の街の随所にはかつての大英帝国の繁栄を忍ばせる英国コロニアル建築等が見られ、街の中の方が見所はあるかもしれません。

ペナンは「リタイア天国」とも言われ、日本からも定年後のセカンドライフを楽しんでいる人が多いようです。

宿泊したホテルは「E&O」と言って、創業は1886年で、かつて「スエズ運河以東で最上のホテル」と称された伝説的なホテルで、白亜の荘厳な建築はシンガポールのラッフルズホテルと共に、コロニアルホテルの最高峰と言われています。そして部屋は全室スイートです。

さぞ高価な料金と思われるでしょうが、マレーシアのホテルは総じて品質の割りに値段が安いので驚きます。

年代物・アンティーク物に付加価値をそれほど付けないのか、快適さ・便利さ・ゴージャスさを追求した最近の外資系の高級ホテルより老舗のホテルは古い分値段も安かったように記憶しています。
さらにベストシーズンでもなかったので、値段も抑えられ僕らでも泊まれてしまいました。

・・・正確には僕はこのホテルには泊まっていません。
先述のとおり、クラゲに刺され入院していましたので・・・。

でも、病院を一度退院してから再入院するまでの数時間はこのホテルで過ごしました。
昔の造りらしく幅広い廊下は大理石で出来ています。だから救急車が来たときも、救急員は僕の部屋から車輪付きの簡易ベッドでラクに搬送してくれました。

せっかくの旅行中に入院した僕も災難でしたが、残されたカミさんもとんだ災難です。
病院の手配、ビーチサイドのホテルからE&Oホテルへの移動、僕の入院している病院への日々の通院、帰国日が1日伸びてしまったので飛行機の手配等とすべてひとりでやってくれました。

でも、女性だからうまくいったのかな思うこともありました。
というのは、格安航空券だったので本来、飛行機の変更は利きません。
航空会社の女性職員は当然変更できないことを告げますが、カミさんも理由を言って不可抗力を訴えます。正確には女性同士だったからなのかもしれませんが、女性職員は「わかったわ」と言って発券した東京事務所と交渉して変更をしてくれました。

国境なき楽団の次のツアー訪問先の候補としてペナン島という話もありました。
ぜひ再訪(実質、初訪?)してみたいものです。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/76-3459d7a5

1件のトラックバック

[T10] ホテルを集める

ラッフルズ・ホテルはイギリス植民地時代の1887年12月にアルメニア人のサーキース兄弟によって、わずか10室のバンガローとして創業した。創業当時の名はビーチハウスであった。1899年には現在の原型となるコロニアル様式の建物が完成し、ヨーロッパ諸国から「スエズ以東でも

4件のコメント

[C166] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C167] ペナン、一緒にまいりましょうぜ

ペナン・リベンジツアー、楽しみですね。
今度はクラゲを切り刻んで、刺身にしてやりましょうぜぃ。

エージェントのくせに、ここ数年パスポートを使ってないんだな。次に押されるハンコは、マレーシアのものか...?
  • 2007-02-13
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C168] せつないざんす…。

“正確には泊まっていません”
そうだぁねぇ、そうなるやねぇ…。
全室スウィートの超豪華ホテル、うらやますぃ~…けど、正確には泊まってないんですよねぇ(しつこい)。

奥さんがしっかりさんでよかったけど、2人ともせっかくのウットリ時間が消えちゃったわけですから、いつかまたペナン豪華ツアーリターンズ!!がんばってください。

…あ、でもコレも後々まで語り合える思い出になるかな?(^^ゞ
  • 2007-02-13
  • うろおぼえ
  • URL
  • 編集

[C169]

Re:ほっくんパパさん
ありがとうございます。一緒にリベンジツアー行きましょう。・・・その時は、ぜひパパさんとこのエージェントの企画で。よろしくお願いいたします。(^^)

Re:うろおぼえさん
「後々まで語り合える」・・・というか「後々まで文句言われる」、・・・もとい、「一生、反省すべき出来事」として脳裏に焼き付けておきます。しっかりと。
  • 2007-02-14
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。