Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/79-a974d717

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

回想:ホノルルマラソン2003③ #78

春頃だったと思います。ホノルルマラソンに参加することをカミさんに伝え、一緒にハワイに行こうと誘いました。
僕が走っている間に、カミさんはワイキキで買い物でもして遊んでいれば良いだろうと思って誘いましたが、なんとカミさんも「出場する」と言います。
小学生の頃は駆けっこはダントツで一番だったそうですが、中学生以降は、運動らしい運動をしたとは聞いていません。
でも、タレントの女の子も完走してたし、いろんな楽しみ方があるのがホノルルマラソンなので、了承し一緒に申込みました。

2003年のホノルルマラソンは12月14日。毎年12月の第2日曜日に開催されます。
前日の晩、炭水化物を詰め込もうとパスタ料理屋に行くと長蛇の行列です。
カーボローディングなんて僕レベルのランナーにとってはただの儀式的なところもあるので、それよりマイペースで食事した方が良いのでガラガラにすいているファーストフードに行きました。マラソンを走る前日の晩飯がなんでよりによってハンバーガーなのかはともかく、結構美味しかったのとのんびり僕らのペースで楽しく食事ができたのは良かったと思っています。

ホノルルマラソンのスタートは朝の5時です。
4時間ぐらい前には起床して、朝食を食べておくのが望ましいので夜中の1時起床です。
そのために前日の夜は、7時半頃にはベッドに入りました。

ハワイと言えども一応冬です。明け方には肌寒くなる時もあるそうで、例年、脱ぎ捨て用のトレーナー等を着てくる人が多いようですが、この日の早朝は暖かく、走る格好のままホテルを出て会場に向かいました。

スタート地点に近いホテルなので歩いて行けます。まだ真っ暗で、道もよくわかりませんが、ゾロゾロとゼッケンを付けた大勢の人の流れについて行きました。すると、スタート地点から並ぶ列の最後尾に辿り着きました。
自分の目標タイムの順に並べるようになっていましたが、カミさんと一緒だったので最後尾の辺りに居ました。

参加人数は約2万5千人。スタートラインは遙か前方で、どの辺りなのかもわかりません。たぶんスポットライトやテレビカメラ用のライトで明るく照らし出されている辺りがそうなのだろうと思いますが、遙か彼方です。

スタートの号砲とともに花火が打上げられました。朝の5時はまだ真っ暗です。夜空に花火がキレイに映えます。
周囲の人たちは、まだ誰も走りません。というか前がつかえて動けません。
みんな花火を見上げながら、じわじわと牛歩のごとく前に進んで行きます。
花火を観ながらジリジリと前に進み、僕らがスタートラインに立った時は号砲が鳴ってから30分ぐらいが経過してました。

シューズに取り付けたチップでスタートラインの通過時間とゴールラインの通過時間が計測されるので、その30分はカウントされないので、タイムには関係ありません。
僕は本気で走るつもりだったので、カミさんに「じゃあ、行くよ!」と言って走り出そうとすると「アタシを一人置いてホントに行くの?」みたいな顔をしています。
後ろ髪を引かれながらもしょうがないので走り始めました。

もうスタートしているというのに前方のほとんどのランナーはまだのんびりと談笑しながら歩いています。
"Excuse me"、"Excuse me"、"Excuse me"と繰り返し、彼ら彼女らの隙間をぬって走り始めました。(つづく)

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/79-a974d717

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。