Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/80-9c3e4762

-件のトラックバック

-件のコメント

[C177] 走ってみようかな?

何か、走ってみたい気分になってきましたよ。記録に挑戦しなくたっていいんだもんね。誰かと楽しく走ってみたくなってきたな。
でも、その前に少し寝ておくか。

おやすみなさい。
  • 2007-02-18
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C178] Re:ほっくんパパさん

このブログを見てパパさんのように走ってみたい気になってもらえたら本望です。(走るかは別にしても)
マラソンにはいろんな楽しみ方があるようです。
今日は東京マラソンでした。僕は抽選から外れてしまいましたが来年はぜひ走りたいものです。来年こそは走れるかな?
  • 2007-02-18
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C179] 抽選には当たったけれど

走らなかった僕...申し込まなきゃぁたくじろうさんが当たっていたかも、と思うと悔やまれます。
来年こそは...申し込みません。
その前に今年11月末のつくばマラソンに出たいと思っています。膝次第ですが。
マラソンはデリケートです。前回のつくば、1キロ5分15秒くらいで走っていれば完走できたんでしょうが、4分58秒(サブ3・5狙い)で行ったら失速してしまいました。
次回こそはサブ3・5と思っているンですけど、どうでしょうねぇ。

[C180] Re:ゲンさん

抽選に当たっても体調が悪ければ走らないことにするのがマラソンの大原則ですので、走らないこともありえることを前提に申し込むのは問題なしですよ。
マラソンはデリケートだと僕も思います。勝手な想像で恐縮ですがお腹の調子が良ければゲンさんは4'50"~5'00"のイーブンペースで走れてサブ3・5は達成できたんじゃないかなぁ・・・。トイレタイムのリカバリーで急にペースアップしたのがひびいてしまったのかなと僕は思いました。
  • 2007-02-19
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C185] 2006年は

お腹の調子が良くても結果は同じだったと思っております。キロ5分を切るペースで走り切れるかどうかが怪しいまま、とりあえず行けるところまで行くという冒険主義でしたから。
2003年のときは、多分、お腹をこわさなければサブ3・5を達成できただろうなぁ、なんて思っております。それだけの練習を積んで、行けるという確信を持っていたので。
で、2007年...自営業者になったことで練習時間を増やすことができるでしょう。圧倒的な練習量で力をつけようと思っています。が、膝が持ちこたえるかどうかが問題。さて、どうなることやら。
たくじろうさんは試合に向けた練習を始めたのかな?

[C188] Re:2006年は

膝は爆弾ですね。ゲンさんは気持ちがアスリートだから、トレーニングを頑張ろうとする気持ちより抑えようとする気持ちの方がゲンさんには必要かもしれません。
僕の試合に向けた調整はまだ入口ですが順調だと思ってます。まだまだこれからですけどね。
  • 2007-02-21
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

回想:ホノルルマラソン2003④ #79

スタート地点のアラモアナ公園から8km程走るとワイキキの目抜き通りに入ります。ブランドショップや高級ホテルが並んでいます。
フルマラソンにエントリーしながらも、ここでレースを終了してホテルに帰る人も多いそうです。

ここにシェラトン・モアナ・サーフライダーという老舗の高級ホテルがあります。
僕は寄りませんでしたが、カミさんは始めからここのホテルのトイレに寄る予定だったそうです。
そういう若い女性は結構いたようで、ボーイさんも分かっていて、ゼッケンを付けた女性をホテルの豪華なトイレに丁寧に案内していたそうです。

まだこの地点ではヒザは問題なく軽快に走っていました。
早朝だというのに沿道にはたくさんの人が声援を飛ばしてくれてます。
外人さんは、早朝から、しかも他人を応援するだけなのに何故あんなにハイテンションになれるのか不思議です。コース後半で応援している人はトップランナーが通過する朝の7時頃から素人ランナーが通過する午後3時頃でもまだバリバリのテンションで応援してくれます。街を上げての大イベントということもあるのでしょうがスゴイものです。
給水所等のボランティア・スタッフの人数も半端ではありません。

15km過ぎ頃から右ヒザの外側が痛み始めました。
段々痛みはひどくなり、やがてマヒしてきて右足が言うことを効かなくなり自分の意思で右足を動かせなくなりました。
右足を前に進める為に、ハーフパンツの裾をつかんで、右腕で右足を前に引っ張って運びました。
ここから先は左足と右腕で走ったようなものです。

僕が復路の30kmあたり、反対車線の往路は23kmあたりの地点でカミさんと出会いました。てっきり、とっくにリタイアしていると思っていたので驚くと同時に、頑張ってるカミさん見てとても嬉しかったことを覚えてます。
でもかなりしんどそうです。「もうそろそろ辞めても良い?」と聞くので「もちろん。」と答えました。でも、まだ頑張るんだろうなと思いながら・・・。

その後、カミさんは一緒に走ってくれるおばさんとおじさんと出会い、励まされながら3人でゴールすることができました。

スタートは涼しい早朝の5時でしたが、昼の1時~2時にもなると、かなり陽射しは強く暑く、アスファルトの照り返しも厳しくなります。予定では午前10時前にはゴールしてるつもりだったので陽射しのことは考えてもいませんでした。

始めの15kmあたりまでは追い抜いて行くだけでしたが、その後は抜かれる一方です。
後方の方でいろんなランナーに出会いました。10数人でお揃いのTシャツを着た巨漢軍団。途中のエネルギー補充はゼリー飲料等の可愛いものではなくハンバーガーでした。ランチタイムにトートバッグから弁当を出して食べるおじさん、携帯で話しながら走ってるお兄さんや10才ぐらいのぐずってる男の子を励ましながら一緒に走っているお母さんなんてのもいました。ホノルルマラソンには7才の子どもから参加でします。

40km付近からダイヤモンド・ヘッドの山を登ります。
平地なら右足を水平方向に動かすだけですが、上り坂の場合は、足を持ち上げないと前に進めません。
右腕で右足を持ち上げて坂道を上っていると、白髪のじいさんに追い抜かれました。

横に並んだ時に「あなたの事は、後ろからずっと見ていた。あなたには神様がついているから大丈夫だ。」というようなことを英語で言われました。「あなたにも神様がついていますよ。」と答えると、ふふっと笑って先に進んで行きました。

山を越えるとゴールのカピオラニ公園が見えてきます。
そして何とかゴールです。辛い8時間が終わりました。
初めてのマラソンでしたが走ったわけでもなく、別の競技をした感じです。
でも何かやり終えた爽快感はありました。(おわり)


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/80-9c3e4762

0件のトラックバック

6件のコメント

[C177] 走ってみようかな?

何か、走ってみたい気分になってきましたよ。記録に挑戦しなくたっていいんだもんね。誰かと楽しく走ってみたくなってきたな。
でも、その前に少し寝ておくか。

おやすみなさい。
  • 2007-02-18
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C178] Re:ほっくんパパさん

このブログを見てパパさんのように走ってみたい気になってもらえたら本望です。(走るかは別にしても)
マラソンにはいろんな楽しみ方があるようです。
今日は東京マラソンでした。僕は抽選から外れてしまいましたが来年はぜひ走りたいものです。来年こそは走れるかな?
  • 2007-02-18
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C179] 抽選には当たったけれど

走らなかった僕...申し込まなきゃぁたくじろうさんが当たっていたかも、と思うと悔やまれます。
来年こそは...申し込みません。
その前に今年11月末のつくばマラソンに出たいと思っています。膝次第ですが。
マラソンはデリケートです。前回のつくば、1キロ5分15秒くらいで走っていれば完走できたんでしょうが、4分58秒(サブ3・5狙い)で行ったら失速してしまいました。
次回こそはサブ3・5と思っているンですけど、どうでしょうねぇ。

[C180] Re:ゲンさん

抽選に当たっても体調が悪ければ走らないことにするのがマラソンの大原則ですので、走らないこともありえることを前提に申し込むのは問題なしですよ。
マラソンはデリケートだと僕も思います。勝手な想像で恐縮ですがお腹の調子が良ければゲンさんは4'50"~5'00"のイーブンペースで走れてサブ3・5は達成できたんじゃないかなぁ・・・。トイレタイムのリカバリーで急にペースアップしたのがひびいてしまったのかなと僕は思いました。
  • 2007-02-19
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

[C185] 2006年は

お腹の調子が良くても結果は同じだったと思っております。キロ5分を切るペースで走り切れるかどうかが怪しいまま、とりあえず行けるところまで行くという冒険主義でしたから。
2003年のときは、多分、お腹をこわさなければサブ3・5を達成できただろうなぁ、なんて思っております。それだけの練習を積んで、行けるという確信を持っていたので。
で、2007年...自営業者になったことで練習時間を増やすことができるでしょう。圧倒的な練習量で力をつけようと思っています。が、膝が持ちこたえるかどうかが問題。さて、どうなることやら。
たくじろうさんは試合に向けた練習を始めたのかな?

[C188] Re:2006年は

膝は爆弾ですね。ゲンさんは気持ちがアスリートだから、トレーニングを頑張ろうとする気持ちより抑えようとする気持ちの方がゲンさんには必要かもしれません。
僕の試合に向けた調整はまだ入口ですが順調だと思ってます。まだまだこれからですけどね。
  • 2007-02-21
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。