Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/94-d8fe53f9

-件のトラックバック

-件のコメント

[C243] 大会に向けて

試合に向けて、頑張るその姿勢がスポーツではないでしょうか?
最後に輝く、その勇姿を楽しみにしています。
  • 2007-03-13
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C244] Re:ほっくんパパさん

なかなかパパさんのように頑張る姿勢だけではスポーツと思ってくれない人の方が多い気がします。
でもこれを最後にしますので、いい形で終わらせたいものです。
  • 2007-03-14
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

殴るスポーツ #93

格闘技系のスポーツ、中でも打撃系のボクシングや空手などはスポーツとはいえ、ちょっと異種かもしれません。

人の顔を殴るということや殴られるということをスポーツ的にやるのは難しいし、観戦するのも難しいですよね。

相手の攻撃をかわすという動作の追及や、いかに目標点にすばやく拳を当てるのかということだけならスポーツっぽくなりますよね。

でも、相手の攻撃をかわせなければ痛い目にあいます。
痛いのは誰でも嫌ですよね。嫌がって腰が引けては自分の攻撃ができません。

だから痛がるということをやめます。
殴られても、何事もなかったかのように自分のポジションを維持します。

人の顔を殴るのも嫌ですよね。
初めてボクシングの練習で相手の顔面にパンチを入れてしまった時には
思わず「すみません!」と言ってしまったことを覚えています。

「殴られる痛み」と「殴る痛み」を捨てます。
そうすれば、上に書いたように「かわす動作」と「目標点に拳を早く当てる動作」の追及となり、かなりスポーツっぽくなります。

殴られたら、自分にパンチを当てた相手をすごいと僕は思います。
感心しながら、どのように相手が当てたのかと考え、次はよけようと思うし、その方法を吸収してみたくなるし、自分もパンチを当てようとします。

でも、人の体は弱く、急所に当たれば倒れてしまうし、ダメージも蓄積されます。
「殴る」という行為からくる「残虐性」を除けばボクシングは面白いスポーツだと思うんですが、・・・それはありえません。

ボクシングは今回で最後にします。
最後を楽しく締めくくりたいと思います。もちろん勝ちますよ(^^)v

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rufeng.blog83.fc2.com/tb.php/94-d8fe53f9

0件のトラックバック

2件のコメント

[C243] 大会に向けて

試合に向けて、頑張るその姿勢がスポーツではないでしょうか?
最後に輝く、その勇姿を楽しみにしています。
  • 2007-03-13
  • ほっくんパパ
  • URL
  • 編集

[C244] Re:ほっくんパパさん

なかなかパパさんのように頑張る姿勢だけではスポーツと思ってくれない人の方が多い気がします。
でもこれを最後にしますので、いい形で終わらせたいものです。
  • 2007-03-14
  • たくじろう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。