Entries

スポンサーサイト

こんなところで将棋 #337

GWだというのに今日も仕事です。休日のない日々が続いています。JR新橋駅を降りたところ、駅前のSL広場でこんな風景に出くわしました。ニュー新橋ビルの商店街が毎週土曜日に開催している「大盤将棋大会」で、昭和47年から続いているんだそうです。写真のように将棋盤の大きさは1m四方ほどあり、駒の大きさも10cm近くあります。そんな将棋盤が全部で8つありました。誰でも参加できて参加費は無料。4回勝つと景品がもらえます。僕は...

舞楽も大変だ #330

日曜に増上寺の『御忌大会』を覗いてみました。御忌(ぎょき)とは、浄土宗の宗祖法然の忌日法要のことを言うんだそうです。そんなことで、この期間は増上寺境内ではいろんな催し物をやっています。大殿前に設置された舞台では舞楽を演っています。この日は快晴で、日差しが強く、暖かいというより暑いくらいです。写真では分かりづらいですが、演者は重そうな着物をまとい、赤い仮面を付けています。演目は「還城楽」といい、蛇が...

かなり満開 #325

桜は、ほぼ満開です。二日酔いの時は、ラーメンが食べたくなります。芝・大門の屋台で昼ラーメンしました。...

バターは足りないの? #320

タイムリーな記事ではありませんが、2週間ぐらい前だったか、カミさんからスーパーでバターが売っていないと聞きました。バターの最需要期は、クリスマスケーキを作る年末です。その時、業務用のバターが不足しているというニュースは聞いていましたが、何で今頃、一般用バターが不足してるのでしょう?半信半疑で昼休みに職場の近くの「ポロロッカ食品館」へ行くと、バター売場には200gのよつ葉バターが山積みにされていました。...

自由に生きた人? #317

ETV特集の「小田実 遺す言葉」を観ました。小田実(おだ・まこと)さんは、2007年7月30日に胃がんで亡くなりました。享年75歳でした。余命数ヶ月を告げられて入院してから亡くなるまでの間をテレビカメラが追います。テレビは小田氏を追悼する追悼デモ行進の画面から始まりました。みんなでゴスペル“We shall over come”を歌っています。小田氏は、アメリカ黒人の公民権運動の時に歌われたこの歌に自分たちの思いを重ねていたよう...

2月の29日 #312

今日は2月の29日です。気付けば、うるう年なんですね。2月29日が誕生日の人は、2月の29日に誕生日を祝えるのは4年に1回になります。後の3年はいつ祝うのでしょう?法的には、誕生日の前日の24時に、つまり2月28日の24時=3月1日の0時に1つ齢をとることになるので、うるう年以外の年は、3月1日が誕生日になります。でも、なんかしっくり来ませんよね。2月生まれなのに3月に誕生日をするなんて・・・。そういうわけか、2月28日に誕生...

ぶらり散歩 #308

ちょっと散歩に出掛けてみました。都電荒川線に乗って、終点の下町風情残る「三ノ輪橋」で降りて、そこから浅草まで歩いてみることにしました。距離にして1km強のこの道中に、いろんな顔があります。JR南千住駅の方に行くと小塚原刑場跡があります。そこから「明日のジョー」の舞台の泪橋の方に向かいました。今は、川も橋もなく、漫画の面影は微塵もありません。ただの交差点の名称になっています。泪橋の交差点の界隈は、いわゆ...

天才と言われる人の動作 #307

~運動生理学的視点からみたスポーツの天才と楽器奏者の天才の共通事項~スポーツの天才と呼ばれる人の動作はなめらかで芸術的な「美しさ」があります。スポーツには、いかに効率よく身体を動かすかが求められます。効率的な動作をするには、なめらかに関節を動かし、筋肉の力の入れ具合についても、必要以上に強くなく、かつ必要とされる力より弱くもなく、無駄のない動きが求められます。速く走ったり、高く跳んだり、勝ち負けの...

企業戦士の昼休み #300

暦の上では春になりましたが、今日の東京は雪が舞い、かなり冷え込みました。昼飯に六本木まで行きました。職場から徒歩で10分ちょいで行けます。食後、さらに六本木の交差点から200mほど先の、旧防衛庁跡地に造られた東京ミッドタウンまで足を延ばしてみました。初・東京ミッドタウンです。ビル地階のフード・エリアには1000円未満で食べられる店も結構ありました。でも、僕がここに昼食しに来ることはないと思います。建物の中に...

お気に入りの景色 #299

昨日の雪が嘘のように今朝の東京は快晴です。僕のブログには、この構図の写真が度々登場してますね。ここは丁度、僕の通勤路なんです。信号を渡り、増上寺の山門をくぐり抜けるとこの景色になります。毎朝、この境内を通り抜けて、東京タワーの横を通過しています。青い空の中に、東京タワーの赤色が映えます。携帯の写真じゃ、うまく伝えられませんが目が覚めるほどキレイでした。このアングルは、夜も素敵なんですよ。真っ黒の本...

Appendix

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう
1969年生まれ。アメリカ駐在→東京在住。少年時代をラゴスで過ごす。東京の高校に行くが、都会生活に馴染めず大学は北海道へ。しかし就職で東京に戻ってきてしまう。元へたれプロボクサー、現在しがないサラリーマン。趣味は太極拳とジョギング。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。